Create issue ticket

考えれる2県の原因 真皮のヒアリン沈着

  • 黒色表皮腫

    既存の組織が変化して無構造な物質に変化したときヒアリン化とよぶ。ポルフィリン症、皮膚粘膜ヒアリノーシスなどでは真皮内のとくに血管周囲にヒアリン沈着する。類義語:コロイド。 【 ひあ 】ヒアリン化(硝子化):膠原線維が融合し、均質に好酸性に染まる所見はヒアリン化(硝子化)という。例:ケロイド、放射線皮膚炎、硬化性萎縮性苔癬。[jds.umin.jp]

  • 骨髄性プロトポルフィリン症

    組織検査では、真皮、血管周囲に多層化した基底膜構造のPAS陽性のヒアリン沈着をみます。 区別すべき疾患には 多形日光疹 、日光 じんま疹 、種痘様水疱症があります。日光の照射後数分で熱感、疼痛が生じるという非常に急激な反応は、ほかの疾患にはない特徴です。[qlife.jp]

さらなる症状