Create issue ticket

考えれる149県の原因 真性多血症

  • ビタミンB12欠乏

    慢性骨髄性白血病、真性多血では、V.B12の測定は必須である。とくに慢性骨髄性白血病では正常の10倍、ないしは数10倍の高値となり、そして寛解とともに減少していくので、治療の指標としても有用である。[uwb01.bml.co.jp] 剤摂取時 慢性骨髄性白血病、真性多血 肝癌、急性肝炎 〔参考〕 ・最新臨床検査のABC、日本医師会 2007 ・最新臨床検査項目辞典 2008[crc-group.co.jp] 233 914pg/m l 高値 急性骨髄性白血病 、 急性前骨髄性白血病 、 肝細胞癌 、 慢性骨髄性白血病 、 真性多血 慢性骨髄性白血病 ,急性骨髄性白血病,急性前骨髄性白血病,真性多血,肝細胞癌,ビタミンB 12 剤投与 低値 Crohn病 、 悪性貧血 、 慢性膵炎 、 Imerslund-Gr【a】sbeck症候群(選択的吸収障害[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 骨髄増殖性疾患

    適格性 年齢(下限) 16歳以上 年齢(上限) 85歳以下 性別 男女両方 選択基準 1) 2016年修正WHO分類の骨髄増殖性腫瘍(MPN)のうち真性多血(PV)または本態性血小板血症(ET)と診断されている患者で、病名を告知されている患者(※付表)。[rctportal.niph.go.jp] 骨髄増殖性疾患は、「真性多血」、「本態性血小板血」、「慢性骨髄白血病」、「特発性骨髄線維」、「慢性骨髄増殖性腫瘍」といった型があり、「真性多血」は赤血球が増殖、「本態性血小板血症」は血小板が過剰に増える病気で、型によって異常となっている細胞が異なります。 症状 型によって症状は異なります。[doctor-map.info] 主な骨髄増殖性疾患には「骨髄繊維」や「新生赤血球増加真性多血)」慢性骨髄性白血病」「本能性血小板血症」などがあり、それぞれの様々な症状が出ることがあります。 病気のことから治療法まで血液医療専門の 先生からわかりやすく解説して頂きます。[cancerchannel.jp]

  • 真性多血症

    未治療の真性多血患者の予後は平均18ヶ月で、主な死因は血栓30%、白血病あるいは骨髄異形成症候群への移行20%、骨髄線維化、出血などである。 真性多血の経過が長期に及ぶと約15%の患者が消耗期と呼ばれる後天性骨髄線維症状態化する。[ja.wikipedia.org] 真性多血(赤血球増加) Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 解説 真性多血は慢性骨髄増殖性疾患のひとつであり、赤血球数の増加が顕著ですが、 白血球数、血小板数の増加を伴う症例が多く見られます。[med.osaka-cu.ac.jp] 真性多血は太古から存在していたと思われるが、医学界に初めて報告されたのは1892年Vasquezによるもので、1903年のOslerによる詳細な報告と合わせ、真性多血は別名Vasquez-Osler病と呼ばれたこともあった(2010年現在では使われることはない)。[ja.wikipedia.org]

  • 本態性血小板血症

    本態性血小板血は長期的自然経過で一部は真性多血、骨髄線維症、急性骨髄 性白血病に移行します。[med.osaka-cu.ac.jp] 本態性血小板血とは主に増加している血球で鑑別されるが、真性多血では血小板も増加していることが多く、本態性血小板血真性多血のどちらであるか鑑別が困難な症例も存在する。[ja.wikipedia.org] がんや感染症の治療にフォーカスした革新的な研究開発 背景 世界保健機関(WHO)の分類では骨髄増殖性腫瘍(MPN)には、慢性骨髄性白血病(CML)、慢性好中球性白血病(CNL)、真性多血(PV)、原発性骨髄線維症(PMF)、本態性血小板血症(Essential thrombocythemia, ET)等の疾患が含まれます。[pharmaessentiajapan.com]

  • 原発性骨髄線維症

    二次性骨髄線維の原因となる疾患急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性 骨髄性白血病、真性赤血球増加真性多血)、原発性血小板血症(本態性血小板 血症)、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、がん腫、全身性エリテマト ーデス、全身性進行性硬化症、放射線照射後、などが含まれる.[med.osaka-cu.ac.jp] なお、この遺伝子変異は真性多血の患者様では95%程度で見られます。 症状 1/3程度の方は診断された際は無症状です。症状のある場合は、それぞれの血球減少に応じた症状(息切れ、出血傾向等)、疲労感、体重減少、四肢の浮腫み、脾臓腫大に伴う腹部不快感、膨満感、食欲の減少、下痢などが主となります。[medicalnote.jp] 異常値を示す病態・疾患 適応疾患 骨髄増殖性腫瘍、真性多血、本態性血小板血症、原発性骨髄線維症 参考文献 測定法文献 van der Velden,V.H.et al:Leukemia 17:1013 1034,2003. 臨床意義文献 James C et al:NATURE 434:1144 1148,2005.[test-guide.srl.info]

  • 慢性好中球性白血病

    慢性好中球性白血病は慢性骨髄性白血病や真性多血などと同じ慢性骨髄増殖性疾患に分類される疾患である。 慢性骨髄増殖性疾患では病的な骨髄系細胞は分化成熟能を失なわずに過剰なクローン増殖するのを特徴とする。 慢性好中球性白血病では反応的な好中球増大の要因や他の疾患がないにも関わらず好中球数が増加し25000/μl以上になる。[ja.wikipedia.org] 分類 [ 編集 ] 慢性好中球性白血病は 慢性骨髄性白血病 や 真性多血 などと同じ 慢性骨髄増殖性疾患 に分類される疾患である。 慢性骨髄増殖性疾患 では病的な骨髄系細胞は分化成熟能を失なわずに過剰なクローン増殖するのを特徴とする。[ja.wikipedia.org] 骨髄芽球 2.骨髄生検で過形成 好中性顆粒球の割合と数の増加 骨髄有核細胞で骨髄芽球 好中性細胞の分化が正常 3.肝脾腫 4.他に好中球増多を来たす原因がない 感染症あるいは炎症性でない 腫瘍がないか、あっても染色体あるいは遺伝子検索で骨髄系細胞にクローン性がない 5.Ph染色体・BCR/ABL融合遺伝子陰性 6.他の骨髄増殖性疾患がない 真性多血[ja.wikipedia.org]

  • 肝脾腫

    関連項目 [ 編集 ] 成人スティル病 フェルティ症候群 血液学 肝硬変 白血病 骨髄増殖性疾患 骨髄線維 真性多血 本態性血小板血症 先天性赤血球異形成貧血 伝染性単核球症 ゴーシェ病 ニーマン・ピック病 スフィンゴミエリン症 炭疽 馬伝染性貧血 アフリカ豚コレラ サルモネラ症 豚丹毒 アナプラズマ症 ヘモバルトネラ症 鶏チフス ミンクアリューシャン[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄線維症

    二次性骨髄線維の原因となる疾患急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性 骨髄性白血病、真性赤血球増加真性多血)、原発性血小板血症(本態性血小板 血症)、骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、がん腫、全身性エリテマト ーデス、全身性進行性硬化症、放射線照射後、などが含まれる.[med.osaka-cu.ac.jp] 特発性骨髄線維症は 造血幹細胞 レベルの 遺伝子 変異が生じ、腫瘍性クローンである血球(主に 巨核球 )が増殖することが基礎にあり、同じく造血幹細胞レベルの腫瘍性クローン増殖性疾患である 真性多血 や 本態性血小板血 に本質的には近い [4] 。[ja.wikipedia.org] 最近では、この骨髄線維のほかに、血液幹細胞の増殖による疾患の慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)、真性多血(しんせいたけつしょう)、本態性血小板血症(ほんたいせいけっしょうばんけっしょう)をまとめて、骨髄増殖症候群(こつずいぞうしょくしょうこうぐん)と呼びます。[kotobank.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    大球性貧血 巨赤芽球性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 葉酸欠乏性貧血 赤血球増殖性疾患など 真性多血(PV) 移植片対宿主病 急性白血病 骨髄増殖性疾患 白血球増殖性疾患 急性骨髄性白血病 (AML) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球[ja.wikipedia.org]

  • 真性多血症から移行した骨髄線維症

    健康人の血液の光学顕微鏡写真、なお、上の写真との色の違いや拡大率の違いは撮影上の都合であり、実際の色は健康人と真性多血患者の血液で違うわけではない。健康人と真性多血患者の赤血球形状の違いを示すために例示した。[ja.wikipedia.org] 真性多血(赤血球増加) Ref をクリックしていただくとreference abstractが表示されます(Pub Med) 解説 真性多血は慢性骨髄増殖性疾患のひとつであり、赤血球数の増加が顕著ですが、 白血球数、血小板数の増加を伴う症例が多く見られます。[med.osaka-cu.ac.jp] 絶対的赤血球増加を起こす 二次性赤血球増加 については次項をみてください。 真性多血は、 慢性骨髄性白血病 との区別が重要です。[medical.itp.ne.jp]

さらなる症状