Create issue ticket

考えれる41県の原因 相対的勃起不全

  • うつ病

    〈うつ病(気分障害)〉 「うつ」ってどんな状態をいうの? うつ病の特徴 うつ状態は「ゆううつ」「おっくう」「どうどうめぐり」が重なる状態です。 《A子さんの場合》 育児疲れがなかなかすっきりしない。これまでなら、こんな「ゆううつ」な気持ちは翌日にはもとに戻っていたのに、なかなか戻らない。その上、食事の用意、掃除、洗濯が「おっくう」で仕方がない。しなければいけないと思ってなんとかできるけど、思うようにはかどらない。こんなことはいままでになかった。特に何か心配事があるわけではないように思うけど、考えることは「このままではだめだ」と「どうどうめぐり」をするばかり。[…][pref.kyoto.jp]

  • 急性アンフェタミン中毒

    医薬品を始めとする薬物についての正しい知識を持つことがその乱用防止の第一歩となります。そして何より必要なのは「ことわる勇気」なのです。どんな誘惑にあっても「ことわる勇気」のある人間であれば絶対に恐くない。薬物とはそういうものです。"YES TO LIFE, NO TO DRUGS"この言葉は「愛する自分を大切に。薬物乱用は『ダメ。ゼッタイ』」ということなのです。 麻薬・覚せい剤Q&A Q1 麻薬や覚せい剤は、魔の薬といわれていますがなぜですか。 Q2 覚せい剤はなぜ乱用されているのですか。 Q3 覚せい剤を使用すると行動面や身体面にどのような変化がありますか。 Q4[…][dapc.or.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 不安障害

    パニック障害・不安障害とは 「パニック障害」も「不安障害」も、近年よく用いられるようになった病名ですが、正確にいうと、両者は並列関係にあるものではなく、下図のように、「パニック障害」は「不安障害」の下位分類のひとつです。 図1 不安障害と下位分類 ここに示した分類は、米国精神医学会のDSM-IV-TRによっています。もうひとつの臨床でよく使われる分類基準であるWHOのICD-10では、パニック障害と恐怖症の関係がやや異なることと、一般身体疾患や物質によるものは不安障害からのぞかれている点が異なっていますが、他はほぼ共通しています。[…][mhlw.go.jp]

  • 慢性腎不全

    慢性腎不全 ( 慢性腎臓病 とも呼ばれます)は、血液をろ過して老廃物を取り除いてくれる腎臓の機能が数カ月から数年をかけて徐々に低下していく病気です。その結果血液の酸性度が高くなり、貧血が起き、神経が傷つき、骨の組織が劣化し、動脈硬化のリスクが高くなります。 その原因として 最も多いのは糖尿病 で、 次に多いのは高血圧 です。これらは腎臓の細い血管に直接損傷を与える病態です。慢性腎不全の原因としては、このほかにも尿路閉塞、腎臓の異常(多発性嚢胞腎や糸球体腎炎など)、抗体によって腎臓の微細な血管(糸球体)や細い管(尿細管)に損傷が生じる自己免疫疾患(全身性エリテマトーデスなど)が挙げられます。[…][shoyohkai.or.jp]

  • 閉塞性睡眠時無呼吸

    Primer Nature Reviews Disease Primers 2015年6月25日 Obstructive sleep apnoea syndrome[…][natureasia.com]

  • 糖尿病性自律神経障害

    糖尿病性の自律神経障害はごく早期に発症するが、自覚がないため発見が遅れがちだ。発汗や便秘・下痢、立ちくらみなどとの関連が指摘されているほか、体幹部のかゆみとの関連が新たに指摘されている。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 亜鉛欠乏症

    抄録 症例は50歳男性. 12年前, 急性膵炎と糖尿病を発症した. 大量の飲酒を続け, 血糖コントロールは不良であった.1年前より, 水様性の下痢, 口内炎, 味覚障害, 頭髪や眉毛の減少, 手指と足趾末端に亀裂, 痂皮, 落屑を伴う紅斑が出現. 血中亜鉛は39μg/m l (50-140) と低値を示し, 硫酸亜鉛の経口投与にて, 症状は著明に改善した. アルギニン負荷試験にてインスリンとグルカゴンは共に低反応であり, 膵性糖尿病と診断した. 亜鉛投与後, 全身状態の改善に伴い耐糖能も改善し, アルギニン負荷試験でのインスリン分泌も亜鉛投与前と比較して若干の改善を認めた.[doi.org]

  • パーキンソン病

    イスラエルのテバファーマスーティカルは自社開発したパーキンソン病治療薬「ラサジリン(一般名)」について、武田薬品と日本における製品化に関する契約を締結した。ドーパミンを分解するモノアミン酸化酵素Bの働きを阻害して脳内のドーパミン濃度を高め、運動症状を改善する薬剤で、欧州や米国など世界40カ国以上で販売している。 両社は昨年3月に、日本におけるテバの新薬事業で最初の薬剤として、多発性硬化症治療薬「グラチラマー酢酸塩(一般名)」に関するライセンス契約を締結しているが、今回、中枢神経系領域でも提携を結ぶことになった。 [ 記事全文 ] * 全文閲覧には、 薬事日報 電子版 への申込みが必要です。[…][yakuji.co.jp]

  • バセドウ病

    3日付のスポーツニッポン1面で「13日に婚姻届を提出する予定」と報じられた人気俳優の 水嶋ヒロ と人気シンガー・ソングライターの 絢香 が同日夜、東京・赤坂のTBSで緊急会見を開き「2月22日に入籍しました。共に人生を歩み始めたいと思い、このことをファンの皆さんに伝えたいという2人の強い希望で、今日の会見を迎えました」と既に結婚していたことを報告した。また交際約半年でのスピード婚に至った背景として、絢香がバセドウ病を患っていることが明かされた。[…][web.archive.org]

さらなる症状