Create issue ticket

考えれる19県の原因 相対的に低身長

  • 成長ホルモン分泌不全

    生まれつき成長ホルモンが分泌されない病気(遺伝性成長ホルモン分泌不全症)では、乳幼児期から小柄であり、また額が相対に大きく見える特有の顔貌をしているのが特徴で、年間の身長の伸びが少なっていき、身長は次第に顕著になっていきます。 低身長の検査と診断 ①や②の病気については、その病気を診断するための検査をします。[tokushukai.or.jp]

  • 強度近視-聴覚神経消失症候群

    身体的特徴 顔貌は顔面正中部形成、とがった顎のため相対な下顎前突を伴い、粗である。側弯症は年齢とともに重症化する。身長は持続する場合もしない場合もある。行動の爆発、攻撃性および自傷行為は持続する可能性があるが、多くは成人期で行動が比較的「落ち着く」ことが指摘されている。[grj.umin.jp]

  • マッカルウェルズ症候群

    四肢の長管骨の著明な短縮と椎体の扁平化により生じた身長など 四肢体幹が小さくなるため 頭蓋が相対に大きく見えることを意味する 4) その他の症状としては筋緊張の低下 大泉門開大 眼球突出などがある 短管骨も短縮するので短指趾症となり 三尖手 (trident hand) を示すこともある また 加齢により皮膚の黒色表皮腫が出現することが[docsplayer.net] は 呼吸不全により新生児死亡に至ることが多い 39 41 3) 巨大頭蓋は頭蓋冠の巨大化によるもので 顔面中央部は比較的低形成となり 前頭部突出や鼻根部陥凹 ( 鞍鼻 ) と中央部の平坦な顔貌を示す なお 相対的巨大頭蓋 (relative macrocephaly) とは実際には頭蓋の大きさは標準値と変わらないか軽度の拡大であるが 胸郭形成[docsplayer.net]

  • 短体幹症

    A:短体幹型(胴体が短くなるタイプ)の身長(135cm)。相対に手足が長く見える。四肢の奇形などはない B:脊椎正面像。疾患による脊椎の発達障害のために、脊椎椎体の高さが低くなっている。軽度の側弯変形、肋骨の早期石灰化も見られる C:脊椎側面像。脊椎椎体は扁平で、長方形になっている。椎間板の幅が狭くなっている。[news.mynavi.jp] A:短体幹型(胴体が短くなるタイプ)の身長(135cm)。相対に手足が長く見える。四肢の奇形等はない。 B:脊椎正面像。疾患による脊椎の発達障害のために、脊椎椎体の高さが低くなっている。軽度の側弯変形、肋骨の早期石灰化も見られる。 C:脊椎側面像。脊椎椎体は扁平で、長方形になっている。椎間板の幅が狭くなっている。[riken.jp]

  • 発育遅延

    症状 SRSの主な症状としては、子宮内発育遅延(IUGR)、身体左右非対称、身長、性発育不全、相対大頭を伴う逆三角形の顔貌を特徴とする。発育と伴に変化することも特徴の一つである。 5.[nanbyou.or.jp]

  • 先天性脊椎上骨幹端形成不全

    軟骨無形成症の診断基準 A.症状 1.近位肢節により強い四肢短縮型の著しい身長 (-3SD以下の身長、指極/身長 0.96の四肢短縮) 2.特徴な顔貌(頭蓋が相対的に大きい、前額部の突出、鼻根部の陥凹、顔面正中部の 形成、下顎が相対的に突出) :頭囲 1SD 3.三尖手(手指を広げた時に中指と環指の間が広がる指) B.検査所見 単純[nanbyou.or.jp]

  • 無耳症

    乳児早期より身長は明らかとなり、次第に著明な身長を呈するようになります。頭部は相対に大きく、前頭部突出、鼻根部陥凹、顔面中央部の形成、下顎突出が見られ、特異な顔貌となります。 四肢は体幹に比し著明に短縮し、三尖手(第2,3指および4,5指がそれぞれ接近して一群となる)が見られます。[senoopc.jp]

  • 常染色体優性脊椎肋骨異骨症

    A:短体幹型(胴体が短くなるタイプ)の身長(135cm)。相対に手足が長く見える。四肢の奇形等はない。 B:脊椎正面像。疾患による脊椎の発達障害のために、脊椎椎体の高さが低くなっている。軽度の側弯変形、肋骨の早期石灰化も見られる。 C:脊椎側面像。脊椎椎体は扁平で、長方形になっている。椎間板の幅が狭くなっている。[riken.jp]

  • 成長遅延-水頭症-肺発育不全症候群

    軟骨無形成症の診断基準 A.症状 1.近位肢節により強い四肢短縮型の著しい身長 (-3SD以下の身長、指極/身長 0.96の四肢短縮) 2.特徴な顔貌(頭蓋が相対的に大きい、前額部の突出、鼻根部の陥凹、顔面正中部の 形成、下顎が相対的に突出) :頭囲 1SD 3.三尖手(手指を広げた時に中指と環指の間が広がる指) B.検査所見 単純[nanbyou.or.jp]

  • ゼッケル症候群

    また、成人の最終身長は平均で男性130cm、女性120cmで身長が特徴です。相対に頭が大きく、前頭部の突出、鼻根部の陥没、顔面中央部の形成、下顎突出などの特有な顔貌を示します。また、指も短く手の指を伸展すると、中指と薬指または、中指と人差し指との間に隙間が出来ます(三尖手)。[i-want.co.jp]

さらなる症状