Create issue ticket

考えれる15県の原因 相対徐脈がある熱

  • インフルエンザ

    62体保第三九号 昭和六二年九月二八日 各都道府県教育委員会学校保健事務主管課長・各都道府県私立学校事務主管課長・附属学校を置く各国立大学事務局長・国立久里浜養護学校長あて 文部省体育局学校保健課長通知 当面のインフルエンザ予防接種の取扱いについて[…][mext.go.jp]

  • 髄膜炎

    髄膜炎(ずいまくえん)とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。炎症はウイルスや細菌をはじめとする微生物感染に起因し、薬品が原因となることもある。髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬物過敏症

    ホーム 医学用語解説集 索引 や 医学用語 解説集 薬物過敏症 体内に吸収された薬物が通常示す作用ではない有害な症状・所見を示す場合をいい,次の3つに分類される。 薬理作用増強反応: 常用量の薬物を用いたにもかかわらず,薬理作用が増強し,生体に有害な作用がでる場合である。例として,キシロカインによるショックや心停止などがある。 薬物アレルギー反応: 薬剤が抗原抗体反応を引きおこし,ショックや炎症,臓器障害をおこす有害反応である。薬物過敏症のほとんどを占める(アナフィラキシーショック)。 特異体質反応:[…][jaam.jp]

  • 薬疹

    70歳代の姉が4年前、糖尿病の薬を飲んでかゆみが出て、薬疹と分かり入院しました。手遅れになるところで、再度発症したら死ぬと言われ、今は風邪でも薬を飲みません。昔から丈夫ではないので、かえって重症化するのではないかと心配です。(66歳女性) 原因薬は通常1種類 確認重要 塩原 哲夫 杏林大学皮膚科名誉教授(東京都三鷹市) お姉さんは重症薬疹だった可能性があります。 重症薬疹には三つあり、「スティーブンス・ジョンソン症候群」と「中毒性表皮 壊死 ( えし )[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • サルモネラ感染症

    サルモネラ感染症とは? サルモネラ菌に汚染された水や食料を摂取することによりうつります。また、サルモネラ菌を保有している動物と接触することで感染することもあります。 症状 感染して12時間から72時間の症状のない期間があった後に、3-4日ほど下痢、腹痛、発熱などが見られます。まれにサルモネラ菌が血液中に入り、他の臓器に病気を起こし、重症化することもあります。高齢者や小児など免疫力が低いかたは特に注意が必要です。 治療方法 症状にあわせた対症療法が行われます。 予防法 料理前、食事前、トイレ後などこまめに手洗い及び消毒を行うことをおすすめします。[ryugaku-hoken.info]

  • 細菌性脳炎

    学校において予防すべき伝染病 (平成11年3月 文部省作成「学校において予防すべき伝染病の解説」より) 1 出席停止の期間の考え方 2 第一種の伝染病 エボラ出血熱 クリミア・コンゴ出血熱 ペスト マールブルグ病 ラッサ熱 急性灰白髄炎(ポリオ) コレラ 細菌性赤痢 ジフテリア 腸チフス・パラチフス 3 第二種の伝染病 インフルエンザ 百日咳 麻疹 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 風疹 水痘(みずぼうそう) 咽頭結膜熱 結核 4 第三種の伝染病 腸管出血性大腸菌感染症 流行性角結膜炎 急性出血性結膜炎 その他の伝染病 条件によっては出席停止の必要あり […] 溶連菌感染症 ウイルス性肝炎[…][nagaoka-med.or.jp]

  • 脳膿瘍

    脳膿瘍 分類および外部参照情報 DiseasesDB 6880 MedlinePlus 000783 MeSH D001922 脳膿瘍 (のうのうよう、cerebral abscess)は、 脳 の病気のひとつ。脳の中に 細菌 感染が起こり、脳組織内の 炎症 と溜まった 膿 によって脳が圧迫、占拠された状態をいう。 通常無菌状態の脳の内部にバクテリアなどが侵入して感染を起こすと、脳の組織の一部が壊死するとともに、この感染に反応して炎症が起こる。この炎症によって腫脹が起こり、腫瘍は脳に圧力を加えることとなる。 また、体液や破壊された組織細胞、 白血球[…][ja.wikipedia.org]

  • レジオネラ髄膜脳炎

    病原体の特徴 Q熱は Coxiella burnetii による人獣共通感染症である。Q熱は、1935年にオーストラリアのブリスベンで食肉解体処理場の従業員の間で流行した原因不明の熱性疾患として初めて見出され、「query 不明」の頭文字をとりQ feverとして報告された。自然界ではマダニなどの節足動物やエアロゾルを介して、多くの野生動物、鳥類、また家畜や愛玩動物が C. burnetii[…][h-crisis.niph.go.jp]

  • リンパ性脈絡髄膜炎

    アレナウイルス科(Family Arenaviridae)とはウイルスの分類における一科。一本鎖のアンビセンスRNA2分子をゲノムとするRNAウイルス。ビリオンは直径50 300nmであり、エンベロープを有する。ビリオン内に宿主由来のリボソームとRNAをもつ。宿主細胞の細胞質内で増殖し、細胞質内封入体を形成する。ビリオンを電子顕微鏡で観察すると、とりこまれリボソーム粒子が砂状に見えるのでラテン語の砂を意味する"arena"にちなんで命名された。 代表的なウイルスと関連疾患 Genus Arenavirus旧世界アレナウイルス ラッサウイルス(Lassa virus)/ラッサ熱[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状