Create issue ticket

考えれる6県の原因 直腸膨張

  • リンパ球性胃炎

    GIST Gastrointestinal stromal tumor(GIST)は消化管原発の間葉系腫瘍の中で発生頻度が最も高く、部位別発生頻度は胃が最も多く約65%、小腸が約25%、大腸(殆どは直腸)が約5%と報告されています。GISTは膨張性発育型の粘膜下腫瘍の形態を示すことが多いです。[ohashinaika.jp]

  • 直腸潰瘍

    治療 軽症例の治療は,患者を安心させるとともに,慢性便秘を緩和するための膨張性下剤の投与レジメンを確立することである。直腸脱が原因の場合は,手術を要することがある( 直腸脱および完全直腸脱 : 治療 )。[msdmanuals.com]

  • 緩下薬乱用

    刺激性下剤 排便困難型 浣腸 の乱用や肛門内異物挿入などにより直腸肛門反射が減弱する事が便秘の要因になっている。 機械的下剤、刺激性下剤 作用機序から分類 [ 編集 ] プロバイオティクス 膨張性 便を内部から膨張させることで腸管刺激を誘発し、排便を促す。[ja.wikipedia.org] これを 「直腸性便秘」 と呼び、いきんでもなかなか出ない、排便後も残便感を感じるといった症状が現れます。この場合には、 浣腸 や 坐薬 、 膨張性下剤 が適しています。 これまで説明した下剤を一覧にまとめました。これらは「緩下薬」とよばれる便秘薬ですが、その他に「整腸薬」も便秘に使われます。[ekenkoshop.jp]

  • 頸静脈膨張

    タンパク質を含む体液(腹水)が肝臓と腸の表面から漏れ出して、腹腔が膨張することもあります。食道静脈瘤や胃の上部の静脈瘤は出血しやすく、ときには大出血となります。直腸の静脈瘤もまれに出血することがあります。 【診断と治療】 触診では腹壁ごしに、腫れた脾臓が感じられます。[mh.rgr.jp]

  • 緩下剤

    刺激性下剤排便困難型浣腸の乱用や肛門内異物挿入などにより直腸肛門反射が減弱する事が便秘の要因になっている。 機械的下剤、刺激性下剤 プロバイオティクス 膨張性 便を内部から膨張させることで腸管刺激を誘発し、排便を促す。[ja.wikipedia.org]

  • 筋周皮腫

    症状は腫瘍のある場所によって多少異なりますが、元気がなくなる・吐く・下痢をする・嘔吐や下痢等の排便排尿障害・体重減少・腹部の膨張です。膀胱ガンや直腸ガンなどは、血便や血尿があるので比較的早期に発見できます。 治療方法 ガンを切除し、その後は抗ガン剤を与えるなどの化学療法をおこないます。[houndcom.com]

さらなる症状