Create issue ticket

考えれる467県の原因 直腸癌

  • 大腸炎

    大腸ポリープ、大腸、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • 直腸腺癌

    術前生検および摘出した腫瘤の病理組織検査の結果、直腸(低悪性度)と診断されました。腫瘍はとりきれており、今後の経過も良好と予測されますが、直腸は多発傾向にあることから、新たな病変の形成について経過に注意していきたいと思います。 H.B.[minamigaokaah.com] 腸管の切除は、結腸だとから10 離して切除します。直腸だと肛門側は2 3 離して切除します。リンパ節の切除をリンパ節郭清といいます。癌は病変の近くにあるリンパ節から順に遠くへ転移していきます。の大腸壁への浸潤の深さによって、リンパ節郭清の範囲が決定されます。 直腸では、肛門を残せない場合があり、永久人工肛門となることもあります。[heartlife.or.jp] 直腸の炎症性ポリープ・腺腫 10歳 ミニチュアダックス 去勢雄 数ヶ月前よりしぶり、血便が続き直腸粘膜のポリープを指摘され他院で病理検査した所悪性度の低い直腸と出た。 ダックスに発生する直腸腫瘍は免疫的な関与も指摘されているため他施設にてステロイド・ピロキシカム・免疫抑制剤等で治療していた改善が認められなかったため本院に来院した。[ikejirivet.com]

  • 直腸癌

    結腸直腸について 結腸直腸(Colorectal cancer)は、結腸または直腸に発症するの一種です。別々に結腸または直腸と呼ばれることもあります。結腸直腸は、異常な細胞が増殖した結果、最初に大腸ポリープを発生する場合があります。ポリープは後に癌となり、身体の他の部分に広がることがあります。[cosmobio.co.jp] 兵庫県立粒子線医療センタートップページ 治療できるがん 直腸術後骨盤内再発 直腸術後骨盤内再発 主な適格条件 原発性直腸切除後で、組織学的もしくは臨床的に診断された再発病変 手術非適応・拒否例 主な不適格条件 吻合部再発症例 高度の膀胱浸潤例 線種・線量分割 線種 線量分割 陽子線 60-70 GyE / 30-35 回 炭素イオン線[hibmc.shingu.hyogo.jp] 直腸術後の再発では、骨盤内の局所再発(直腸を取り除いた骨盤内の周囲にが再発すること)が大きな問題であり、直腸の治癒切除(完全にを取り去ること)後の約 9% に起こることがわかっています。これは、肝臓( 7% )や肺 (8%) への転移と並び、直腸の治療成績が悪いことの原因となっています ( 図3 )。[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 下顎骨骨腫

    良性腫瘍・嚢胞(りょうせいしゅよう・のうほう) 良性腫瘍・嚢胞 顎骨 (あごの骨) にも様々な病気が発生します。歯に関連した腫瘍または嚢胞 (袋) を歯原性腫瘍または嚢胞、歯に関連しない非歯原性のものも数多く存在します。以下に頻度の高い疾患について説明します。 1)歯牙腫[…][omfs2.dent.kyushu-u.ac.jp]

  • 直腸直腸ポリープ 肛門の違和感や出血から「痔」の薬を希望して受診されても、検査をしてみると直腸直腸ポリープが原因であることがあります。ポリープやの場合、早期の診断と治療の開始が必要です。明らかに「痔」が存在していても、症状や診察の所見では、大腸の内視鏡検査をおすすめすることがあるのはこのためです。[mitsuwadaibyoin.or.jp] 排便時などの出血 なお、排便時などの出血を痔によるものだと誤解し、直腸など致死的となる病気を放置している事例がある。 また、一口に痔と言っても種類によって対処法が違うので、痔になってしまった場合は、どの種の痔なのかも知る必要がある。したがって痔になった場合には、病院(肛門科)で検査を受けることが望ましい。[ja.wikipedia.org] 基本的には良性の病気ですが、治療が難渋して長期間症状が続いたり、他の病気(直腸など)が潜んでいる場合があります。痔は大きく分けて、「痔核(内痔核・外痔核)」、「裂肛(切れ痔)」、「痔瘻(あな痔)」の3つがあります。それぞれの病態について説明いたします。 肛門にしこりができる病気です。[shigyo.jp]

  • 尿路感染症

    原因疾患(膀胱、結石、子宮直腸の膀胱浸潤など)を検査する必要があります。 治療としては抗生剤の内服が必要ですが、抗生剤が効きにくい(耐性菌)が発生している可能性あり専門医で診察を受けましょう。[kurume-urol.com]

  • 直腸脱

    直腸直腸ポリープ 肛門の違和感や出血から「痔」の薬を希望して受診されても、検査をしてみると直腸直腸ポリープが原因であることがあります。ポリープやの場合、早期の診断と治療の開始が必要です。明らかに「痔」が存在していても、症状や診察の所見では、大腸の内視鏡検査をおすすめすることがあるのはこのためです。[mitsuwadaibyoin.or.jp] 肛門周囲膿瘍 24 その他 40 直腸脱 28 症例数合計 : 792(53) 2016年度 主な症例件数 痔核 222 結腸 63(25) 痔瘻 70 直腸 31(21) 深部痔瘻 14 大腸ポリープ 327(2) 裂肛 32 潰瘍性大腸炎、クローン病 4 肛門周囲膿瘍 18 その他 13 直腸脱 29 症例数合計 : 823(48)[fj-shonandai.jp] 患者さんにとって、最も不幸なことは早期に治療を開始すれば治る可能性のあった直腸や肛門癌を、自分で“痔”ではないかと判断してしまい、坐薬などで様子をみているうちに、症状がひどくなり、実際に病院で診断のついた時には、進行した状態になってしまうことだと思います。[jiaibyoin.or.jp]

  • 神経因性膀胱

    神経因性膀胱を起こす可能性のある病気は、脳血管障害(脳卒中)、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、小脳変性症、脊髄髄膜瘤(二分脊椎症)、脊髄係留症候群、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、直腸・子宮癌手術による膀胱への末梢神経障害など、またそれ以外にも多くの病気があり、多岐にわたります。[med.nagoya-u.ac.jp] 神経因性膀胱の種類 中枢性排尿障害 脳血管障害、認知症、パーキンソン症候群、特発性正常圧水頭症 脊髄性排尿障害 仙髄より上位の脊髄病変:外傷性脊髄損傷、多発性硬化症、頸髄症、脊髄梗塞、脊髄腫瘍、脊髄髄膜瘤のうち胸腰髄病変 脊髄性排尿障害 仙髄病変:二分脊椎症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア 末梢神経障害 糖尿病による神経障害、直腸[twmu.ac.jp] 中枢神経障害 脳血管障害、パーキンソン症候群、認知症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの変性疾患、脊髄損傷、二分脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなど 末梢神経障害 糖尿病、多発神経炎、骨盤内臓器手術後(子宮直腸術後など) 原因となる様々な疾患がありますが、障害を受けた神経の部位によって神経因性膀胱の症状の出方が変わってくるため、わかりやすく[kango-oshigoto.jp]

  • 緊張性尿失禁

    中枢神経障害 脳血管障害、パーキンソン症候群、認知症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などの変性疾患、脊髄損傷、二分脊椎症、脊椎椎間板ヘルニアなど 末梢神経障害 糖尿病、多発神経炎、骨盤内臓器手術後(子宮直腸術後など) 原因となる様々な疾患がありますが、障害を受けた神経の部位によって神経因性膀胱の症状の出方が変わってくるため、わかりやすく[kango-oshigoto.jp] ほかに、直腸や子宮癌の手術後などに膀胱周囲の神経の機能が低下してしまっている場合にもみられます。 (4)機能性尿失禁 排尿機能は正常にもかかわらず、身体運動機能の低下や認知症が原因でおこる尿失禁です。たとえば、歩行障害のためにトイレまで間に合わない、あるいは認知症のためにトイレで排尿できない、といったケースです。[urol.or.jp] 男性では前立腺肥大症や前立腺、女性では子宮脱などで尿道が開かなかったり、膀胱の収縮する力が低下することで尿が出しにくくなります。ほかに、直腸や子宮癌の手術後などに膀胱周囲の神経の機能が低下してしまっている場合にもみられます。[kameda.com]

  • 膀胱炎

    『基礎疾患』としては中高年では糖尿病、前立腺肥大症膀胱、子宮内膜炎、膣炎、前立腺、子宮直腸、神経性膀胱機能障害、尿管結石、尿道狭窄等が挙げられ、小児では先天性尿路奇形や膀胱尿管逆流症等が多いとされています。症状が消失してからも、更に数日内服を継続し、1ー2週後に再尿検査を受け、治癒を確認することが望まれます。[kanjinkai.net]

さらなる症状