Create issue ticket

考えれる12県の原因 直腸潰瘍

  • 寄生虫病

    大腸・直腸・肝臓に潰瘍を生じ、いちごゼリー状の粘液血便を一日数回-数十回する。断続的な下痢、腸内にガスがたまる、痙攣性の腹痛。通常は発症しても軽症であるが、衰弱により死亡することもある。原虫が門脈を経由し肝臓に達し腸外アメーバ症を発症する。 動物(サル、ネズミ、ブタ、ネコ、イヌなど) 一般に無症状。イヌでは稀に激しい下痢を起こす。[ja.wikipedia.org]

  • 直腸腺癌
  • 大腸炎

    大腸ポリープ、大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • 性的虐待の被害者
  • 強姦犠性者
  • 腸梗塞

    大腸ポリープ、大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • クローン病

    直腸に現れるのはまれで、常に直腸にみられる潰瘍性大腸炎とは異なります。しかし、肛門周辺の感染やその他の合併症はまれではありません。クローン病は、正常な部分(スキップエリアと呼ばれる)を間に挟んで腸管の数カ所に分かれて起こることがあります。クローン病が活動性の部分では、通常、多層構造になっている腸の厚みすべてが侵されます。[msdmanuals.com]

  • 小児クローン病

    直腸に現れるのはまれで、常に直腸にみられる潰瘍性大腸炎とは異なります。しかし、肛門周辺の感染やその他の合併症はまれではありません。クローン病は、正常な部分(スキップエリアと呼ばれる)を間に挟んで腸管の数カ所に分かれて起こることがあります。クローン病が活動性の部分では、通常、多層構造になっている腸の厚みすべてが侵されます。[msdmanuals.com]

  • 胆道感染症

    大腸ポリープ、大腸癌、大腸炎、直腸炎、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome; IBS)、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)(UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という)、家族性大腸腺腫症、腸炎、大腸憩室症、悪性黒色腫、ヒルシュスプルング病、腸重積、[ja.wikipedia.org]

  • 潰瘍性大腸炎

    抄録 巨細胞封入体を生検組織中に認めた潰瘍性大腸炎重篤例を報告した,症例は73歳の女性で,平成3年5月下痢症状を主訴に近医受診し,精査の結果初めて潰瘍性大腸炎と診断された.2カ月後,症状は再燃増悪し,直腸から下行結腸に至る高度の炎症性変化と生検組織中の巨細胞封入体が認められた.全身的にウィルス学的検索を行ったが,全身感染は証明されず,ulcerative[doi.org] 杯細胞の減少 腸陰窩の萎縮・陰窩膿瘍の形成 単核細胞浸潤 細菌性、ウイルス性の感染性腸炎でないことを診断してから、潰瘍性大腸炎を疑い検査が行われる。 今日では最も広く一般的に行われる臨床検査。病変部は主に直腸から発症し連続して全大腸に広がっていく。主な内視鏡所見は以下の通り。[ja.wikipedia.org] 肛門周囲炎・肛門膿瘍 肛門潰瘍・痔 偽ポリポーシス(ポリープ) 歯肉炎 口内炎 凍瘡(足、指、耳) 浮腫(むくみ) 口渇 主に直腸から発症し連続して全大腸に広がっていく。腸管粘膜の全層に炎症像が見られるクローン病と異なり、粘膜上皮に限局した炎症像を呈し、固有筋層に炎症が及ぶことは比較的稀である。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状