Create issue ticket

考えれる571県の原因 直腸出血

  • 便秘

    特に「最近の状況」「大腸癌の家族歴」「体重の急激な変化」「直腸出血」「50歳以上」のいずれかに該当し、器質性の疑いが考えられる場合は下部内視鏡診断が選択される。また、薬剤性便秘を起こす可能性のある薬剤を中止し、経過観察を行う事もある。治療抵抗性の便秘に対しては注腸造影による腸管形態の確認、腸管蠕動遅延性便秘の診断が行われる。[ja.wikipedia.org] 直腸刺激剤(坐薬): ビサコジル坐薬 ・・・直腸粘膜を直接刺激し、排便反射を起こさせる。急性虫垂炎、腸出血などの急性疾患、月経時、妊娠時、授乳婦、痔疾患のあるある場合は使用を避ける。 炭酸水素ナトリウム配合坐薬 ・・・肛門から挿入後、体温で温められて、直腸内で炭酸ガスを徐々に発生しその刺激で排便を起こさせる。[apha.jp]

  • 病名として、「 直腸癌・ポリープ 」、「 直腸粘膜逸脱症候群 」「 直腸脱 」、などがあげられます。 直腸癌・直腸ポリープ 肛門の違和感や出血から「痔」の薬を希望して受診されても、検査をしてみると直腸癌や直腸ポリープが原因であることがあります。ポリープや癌の場合、早期の診断と治療の開始が必要です。[mitsuwadaibyoin.or.jp] 内痔核 は、 肛門部 にある直腸静脈叢の 静脈瘤 。慢性的に経過し、排便時に出血や肛門脱などを伴う。あまり疼痛(とうつう)はない。外痔核は、逆に激しい疼痛を伴う。また肛門粘膜に断裂をきたす 裂肛 もあり、強い疼痛と少量の鮮出血を見る。さらに直腸脱、肛門脱も、広い意味での痔。[kotobank.jp] 排便時などの出血 なお、排便時などの出血を痔によるものだと誤解し、直腸癌など致死的となる病気を放置している事例がある。 また、一口に痔と言っても種類によって対処法が違うので、痔になってしまった場合は、どの種の痔なのかも知る必要がある。したがって痔になった場合には、病院(肛門科)で検査を受けることが望ましい。[ja.wikipedia.org]

  • ポリープ

    ポリープは胃から直腸までの広い範囲に発生し、出血による貧血や腸重積症の原因となります。ポリープは通常、良性ですが、一部に癌化することも知られています。原因遺伝子が19番染色体(19p13.3)に同定されています。 家族性腺腫性ポリポーシス は、大腸全体に小さな腺腫が多発します。10歳から20歳台に下痢や下血、腹痛などで発症します。[dokkyomed.ac.jp] 直腸に散在するように発生し、出血しやすいポリープですが、がん化の心配はありません。 Peutz-Jeghers型ポリープ (Peutz-Jeghers症候群) 食道以外の消化管に発生する先天性の疾患で、皮膚や粘膜の色素沈着が特徴です。100個以上のポリープが発生することが多く、この場合は“消化管ポリポーシス”という病気に分類されます。[med.or.jp]

  • 直腸癌

    当院でのロボット支援直腸がん手術の術中出血量は中央値で10mlと、従来型腹腔鏡手術より少なくなっています。 3Dカメラで立体的な体内の画像を得られ、術者は患部を拡大してみることができます。実際の術野では、細かな血管も繊細に処理して行くために、出血がほとんどありません。神経も明瞭に認識して温存することができます。[ncc.go.jp] 直腸がん 直腸がんの出血は便に血液が付着して発見されることが多く、比較的鮮血に近い状態です。がんで直腸内が狭くなると、便が細くなったり、排便した後も残便感が残ります。これは便が排泄された後もがんがあるために便意をもよおすのです。 「大腸がん(直腸がん・結腸がん)」一覧へ戻る[onaka-kenko.com] [安富正幸] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例 精選版 日本国語大辞典 の解説 ちょくちょう‐がん チョクチャウ‥ 【直腸癌】 〘名〙 直腸にできた癌。便が細くなったり、兎糞様になったりして便の様子が変わり、排便時出血を初期の主症状とする。[kotobank.jp]

  • 凝固異常
  • 大腸癌

    直腸がん 直腸がんの出血は便に血液が付着して発見されることが多く、比較的鮮血に近い状態です。がんで直腸内が狭くなると、便が細くなったり、排便した後も残便感が残ります。これは便が排泄された後もがんがあるために便意をもよおすのです。 「大腸がん(直腸がん・結腸がん)」一覧へ戻る[onaka-kenko.com] ここで大切なことは、直腸癌の場合は比較的赤い血便がみられるため、内痔核からの出血だろうと思い込んでしまうことがあります。 しかしながら、内痔核があったとしても、そのさらに上のほうからの出血であるかもしれないということです。 治療は基本的には手術となります。 早期大腸癌 早期大腸癌に対しては、低侵襲の治療を行っています。[tsukasakai.jp] S状結腸や直腸では出血や、閉塞症状、便通異常が比較的早く現れ、上行結腸では血便で気がつくことは少なく貧血症状ではじめて気がつくこともある。 ときには腸閉塞や、肺や肝臓の転移が先に見つかることもあります。 lll. 診断 注腸造影検査 黄色の矢印で示すように腸に狭窄を起こします。[ykh.gr.jp]

  • 憩室炎

    〇はじめに 救急外来を受診する下部消化管出血の原因疾患として頻度の高いのは、出血性腸炎、虚血性腸炎、大腸憩室出血出血直腸潰瘍、痔出血などです。今回は大腸憩室出血と虚血性腸炎について述べます。[coloproctology.gr.jp] K573 CRDP 48 直腸憩室 K573 G658 49 直腸憩室炎 K573 MC87 50 盲腸憩室 K573 GPU3 51 盲腸憩室炎 K573 TQ9N 52 腸憩室穿孔 K578 NBLH 53 膿瘍性腸憩室 K578 B8SF 54 腸憩室 K579 AML0 55 腸憩室炎 K579 S4BB[dis.h.u-tokyo.ac.jp] 主に直腸に多く、座薬などが原因となることもありますが原因がわからない場合もあります。ひどい場合は出血したり、腸管に穴が開く(穿孔)こともあるため、内視鏡により診断し適切に治療することが重要です。座薬を品要する方で赤い便が出るようなことがある場合ご相談ください。[syoukaki-oita.com]

  • 小児クローン病

    クリニカルレスポンスは、Mayoスコアがベースラインから30%以上かつ3ポイント以上減少し、かつ直腸出血サブスコアが0または1であるか、直腸出血サブスコアが1以上減少することと定義しました。[janssen.com] 潰瘍性大腸炎やクローン病に漢方は有効ですが まずは基礎的な知識を得てください 潰瘍性大腸炎の症状 潰瘍性大腸炎は結腸・直腸粘膜や粘膜下層に慢性非特異性炎症があり、 粘膜面は発赤し、出血しやすく、びらん、さらに潰瘍が認められます。[seihouen.ne.jp] IACAは少し直腸の粘膜が残りますが、残存粘膜からの大量出血や癌のリスクは非常に少なく、またIAAと比べて術後の漏便(後述します)が少なく排便機能が良好です。当院ではこれまでIAAを行っていましたが、最近はほぼ全症例にIACAを導入しています。下部直腸癌が見られる患者さんでは残存直腸粘膜を残さないようにIAAを行っています。[yokkaichi.jcho.go.jp]

  • 直腸瘻

    ・消化管出血 1 開腹手術 1 直腸穿孔 2 開腹手術 2 直腸脱 8 腹腔鏡手術 5 経肛門手術 3 虫垂:126 疾患 件数 術式 件数 (腫瘍性疾患) 4 虫垂癌 1 腹腔鏡下回盲部切除術 1 LAMN 2 腹腔鏡下虫垂切除術 2 粘膜過形成 1 腹腔鏡下虫垂切除術 1 (非腫瘍性疾患) 122 急性虫垂炎 122 開腹手術 7 腹腔鏡手術[kishiwada.tokushukai.or.jp] 味岡, 洋一 公開者・出版者 : 新潟医学会 刊行年月 : 2007-2 掲載誌名 : 新潟医学会雑誌 巻 : 121 号 : 2 開始ページ : 106 終了ページ : 110 ISSN : 0029-0440 抄録 : 症例は38歳の女性.17年経過した小腸大腸型Crohn病症例で,13年前から複雑痔瘻を合併していた.今回,膣からの出血[dspace.lib.niigata-u.ac.jp] 平均手術時間は347分,平均出血量は208mlであった。鏡視下操作を併用しなかった1例は術後に直腸膣瘻の再発を認めたが,さらに1年後の造影で瘻孔は自然閉鎖し,人工肛門閉鎖が可能であった。鏡視下操作を併用した2例中,直腸尿道瘻の1例は瘻孔の再発なく人工肛門閉鎖を施行し,直腸膣瘻の1例は術後3ヶ月で造影検査を施行する予定である。[micenavi.jp]

  • クローン病

    クローン病の症状には、頻繁な下痢、発熱、筋けいれん、倦怠(けんたい)感、直腸出血、原因不明の体重減少などがあるが、原因はまだ解明されておらず、根治的治療法は確立されていない。不定期に現れる可能性のある症状を緩和するために、外科手術や薬剤、サプリメントの投与などが行われている。[afpbb.com] 2 クローン病の症状はさまざまですが、しばしば腹痛や腹部圧痛、頻回な下痢、直腸出血、体重減少および発熱が生じ、患者さんの生活の質(QOL)に深刻な影響を与えます。現時点で根治させる方法はありません。 3 参考文献 潰瘍性大腸炎およびクローン病の有病者数推計に関する全国疫学調査および追跡調査計画.[janssen.com]

さらなる症状