Create issue ticket

考えれる6県の原因 皮質細胞質浮腫

  • 急性間質性腎炎

    副腎皮質ステロイド薬の抗炎症、抗体産生抑制作用で、腎間浮腫、炎症細胞浸潤の抑制には有効であると考えられている。 プレドニゾロン 0.8 1.0 mg/kg で使用されることが一般的であるが、少量投与やステロイドパルス療法や免疫抑制剤の使用を行うこともある。 ③ 腎不全状態では透析療法を行うことが望ましい。[naoru.com] 腎生検所見:入院後第3 病日に施行した腎生検の光顕像、HE 染色では、標本内に、腎髄質と13 個の糸球体を含んだ腎皮質が認められた。糸球体像では、異常を認めなかった。間には単核球細胞と少数の好酸球の浸潤および浮腫があり、一部では尿細管の構造が破壊されており尿細 管炎の所見を呈した。血管系には著変は見られなかった。[naoru.com]

  • 特発性全般てんかん

    MRIではT2、拡散強調画像で病変側大脳半球の高信号を認め、同部の皮質下白優位にADCが低下し細胞浮腫が示唆される。脳血流SPECT、MR angiographyでは、急性期に病変側大脳半球の灌流増加を認める。慢性期には病変は萎縮し、一部に層状壊死を示唆する所見が認められる。 C.鑑別診断:以下の疾患を鑑別する。[nanbyou.or.jp]

  • 間質性腎炎

    副腎皮質ステロイド薬の抗炎症、抗体産生抑制作用で、腎間浮腫、炎症細胞浸潤の抑制には有効であると考えられている。 プレドニゾロン 0.8 1.0 mg/kg で使用されることが一般的であるが、少量投与やステロイドパルス療法や免疫抑制剤の使用を行うこともある。 ③ 腎不全状態では透析療法を行うことが望ましい。[naoru.com] 腎生検所見:入院後第3 病日に施行した腎生検の光顕像、HE 染色では、標本内に、腎髄質と13 個の糸球体を含んだ腎皮質が認められた。糸球体像では、異常を認めなかった。間には単核球細胞と少数の好酸球の浸潤および浮腫があり、一部では尿細管の構造が破壊されており尿細 管炎の所見を呈した。血管系には著変は見られなかった。[naoru.com]

  • 片麻痺

    MRIではT2、拡散強調画像で病変側大脳半球の高信号を認め、同部の皮質下白優位にADCが低下し細胞浮腫が示唆される。脳血流SPECT、MR angiographyでは、急性期に病変側大脳半球の灌流増加を認める。慢性期には病変は萎縮し、一部に層状壊死を示唆する所見が認められる。 C.鑑別診断:以下の疾患を鑑別する。[nanbyou.or.jp]

  • 特発性全般てんかん

    MRIではT2、拡散強調画像で病変側大脳半球の高信号を認め、同部の皮質下白優位にADCが低下し細胞浮腫が示唆される。脳血流SPECT、MR angiographyでは、急性期に病変側大脳半球の灌流増加を認める。慢性期には病変は萎縮し、一部に層状壊死を示唆する所見が認められる。 C.鑑別診断:以下の疾患を鑑別する。[nanbyou.or.jp]

  • 尿細管間質性腎炎-ブドウ膜炎症候群

    副腎皮質ステロイド薬の抗炎症、抗体産生抑制作用で、腎間浮腫、炎症細胞浸潤の抑制には有効であると考えられている。 プレドニゾロン 0.8 1.0 mg/kg で使用されることが一般的であるが、少量投与やステロイドパルス療法や免疫抑制剤の使用を行うこともある。 ③ 腎不全状態では透析療法を行うことが望ましい。[naoru.com] 腎生検所見:入院後第3 病日に施行した腎生検の光顕像、HE 染色では、標本内に、腎髄質と13 個の糸球体を含んだ腎皮質が認められた。糸球体像では、異常を認めなかった。間には単核球細胞と少数の好酸球の浸潤および浮腫があり、一部では尿細管の構造が破壊されており尿細 管炎の所見を呈した。血管系には著変は見られなかった。[naoru.com]

さらなる症状