Create issue ticket

考えれる23県の原因 皮質、皮質下萎縮

  • 精神疾患

    /多系統萎縮症/進行性皮質膠症/脳卒中後のアパシー/三山病/HIV感染症/細菌性・真菌性感染症/神経梅毒/橋本脳症/傍腫瘍性・自己免疫性辺縁系脳炎/自己抗体介在性急性可逆性辺縁系脳炎/単純ヘルペス脳炎/硬膜下血腫/外傷性脳損傷/脳腫瘍術後/多発性硬化症/求心路遮断性疼痛 14 薬剤性精神障害と他の症状性精神障害 抗精神病薬による精神症状/[igaku-shoin.co.jp] […] dementia)/ビンスワンガー病/クロイツフェルト-ヤコブ病/アルコール性認知症/BPSDと漢方/認知症の家族ケア/認知症の非薬物療法/高齢期の気分障害/高齢期の身体表現性障害/高齢期の不安症/不安障害/高齢期の睡眠障害/高齢者のパーソナリティ障害/高齢期の統合失調症 13 器質性精神障害 パーキンソン病/ハンチントン病/進行性核上性麻痺/大脳皮質基底核変性症[igaku-shoin.co.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    (4)病理学的所見 前頭・頭頂葉に目立つ大脳皮質萎縮が認められ、黒質の色素は減少している。顕微鏡的には、皮質、皮質、脳幹の諸核(視床、淡蒼球、線条体、視床下核、黒質、中脳被蓋など)に神経細胞減少とグリオーシスが認められる。ピック細胞と同様の腫大した神経細胞が、大脳皮質および皮質下諸核に認められる。黒質細胞には神経原線維変化がみられる。[nanbyou.or.jp] 典型的には中心溝(前頭葉と頭頂葉を分ける溝)周囲の中心領域(前頭葉・頭頂葉の境界)の大脳皮質萎縮,および淡蒼球,視床核,歯状核の変性がみられます.顕微鏡所見としては,大脳皮質における風船様腫大神経細胞(ballooned neuron;いわゆるPick細胞)と神経細胞とアストロサイト(神経細胞をつなぐ膠質細胞)内の異常リン酸化タウの蓄積を[kkh.ne.jp]

  • ラフォラ病

    ハンチントン病では尾状核の萎縮が、進行性核上性麻痺では淡蒼球とルイ体(視床核)の萎縮が大脳皮質基底核変性症では淡蒼球と視床の萎縮が認められる。[ja.wikipedia.org] 変性疾患 [ 編集 ] 多系統萎縮症 は小脳の割面は白質の萎縮が強いため皮質が相対的に大きく見える。これは橋核(苔状線維系)のみならずオリーブ核(登上線維系)から小脳に入る神経線維の変性がプルキンエ細胞から歯状核に向かう神経線維の変性を凌駕しているからと考えられている。[ja.wikipedia.org] 皮質性小脳萎縮症は病理学的にはオリーブ核-小脳虫部という登上線維系に限局する病変を示す。 多系統萎縮症 や マチャド・ジョセフ病 では主たる病変が小脳へ入力する苔状線維系の変性であること、病変がそれ以外にも複数の部位で認められる点が皮質性小脳萎縮症とは異なる。[ja.wikipedia.org]

  • 多発梗塞性認知症

    脳血管の 動脈硬化 、 後頭葉 ・ 側頭葉 白質の高度萎縮、 側脳室 後角・下角の開大など皮質に血管病変が存在し、 大脳皮質 はほぼ正常であった症例の肉眼所見を提示し、動脈硬化に起因する病態として”encephalitis subcorticalis chronica progressive” の名称を提唱した。[bsd.neuroinf.jp]

  • 脳血管性認知症

    脳血管の 動脈硬化 、 後頭葉 ・ 側頭葉 白質の高度萎縮、 側脳室 後角・下角の開大など皮質に血管病変が存在し、 大脳皮質 はほぼ正常であった症例の肉眼所見を提示し、動脈硬化に起因する病態として”encephalitis subcorticalis chronica progressive” の名称を提唱した。[bsd.neuroinf.jp]

  • 大脳基底核出血

    (4)病理学的所見 前頭・頭頂葉に目立つ大脳皮質萎縮が認められ、黒質の色素は減少している。顕微鏡的には、皮質、皮質、脳幹の諸核(視床、淡蒼球、線条体、視床下核、黒質、中脳被蓋など)に神経細胞減少とグリオーシスが認められる。ピック細胞と同様の腫大した神経細胞が、大脳皮質および皮質下諸核に認められる。黒質細胞には神経原線維変化がみられる。[nanbyou.or.jp]

  • 大円形細胞性星細胞腫

    ハンチントン病では尾状核の萎縮が、進行性核上性麻痺では淡蒼球とルイ体(視床核)の萎縮が大脳皮質基底核変性症では淡蒼球と視床の萎縮が認められる。[ja.wikipedia.org] 変性疾患 [ 編集 ] 多系統萎縮症 は小脳の割面は白質の萎縮が強いため皮質が相対的に大きく見える。これは橋核(苔状線維系)のみならずオリーブ核(登上線維系)から小脳に入る神経線維の変性がプルキンエ細胞から歯状核に向かう神経線維の変性を凌駕しているからと考えられている。[ja.wikipedia.org] 皮質性小脳萎縮症は病理学的にはオリーブ核-小脳虫部という登上線維系に限局する病変を示す。 多系統萎縮症 や マチャド・ジョセフ病 では主たる病変が小脳へ入力する苔状線維系の変性であること、病変がそれ以外にも複数の部位で認められる点が皮質性小脳萎縮症とは異なる。[ja.wikipedia.org]

  • アレキサンダー病

    を伴うびまん性の脳白質の腫脹を示す.年齢が上がると脳室拡大とびまん性の皮質萎縮がみられる.[grj.umin.jp] MLCは生後1年以内の頭部の急激な増大を示す巨脳症(頭囲は4-6SD以上)と緩徐進行性の失調と痙性対麻痺に続く粗大運動発達の軽度遅延を特徴とする疾患である.痙攣はよくみられるが軽度である.認知機能は正常下限から正常である.ジストニア,構音障害,およびアテトーゼは20 30歳代でみられる.頭部MRIでは特に前頭側頭部にみられる皮質嚢胞の出現[grj.umin.jp]

  • 多発性パラミオクローヌス

    皮質ミオクローヌス:パーキンソン病、多発性全身性萎縮症、皮質基底部変性。サイクロパシー性ミオクローヌスは、この群に起因するはずである(特発性、脳卒中、腫瘍、多発性硬化症、外傷性脳損傷、神経変性疾患を伴う)。[ja.iliveok.com]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    (4) 病理学的所見 前頭・頭頂葉に目立つ大脳皮質萎縮が認められ、黒質の色素は減少している。顕微鏡的には皮質、皮質、脳幹の諸核(視床、淡蒼球、線条体、視床下核、黒質、中脳被蓋など)に神経細胞減少とグリオーシスが認められる。ピック細胞と同様の腫大した神経細胞が大脳皮質及び皮質下諸核に認められる。黒質細胞には神経原線維変化がみられる。[mhlw.go.jp] 典型的には中心溝(前頭葉と頭頂葉を分ける溝)周囲の中心領域(前頭葉・頭頂葉の境界)の大脳皮質萎縮,および淡蒼球,視床核,歯状核の変性がみられます.顕微鏡所見としては,大脳皮質における風船様腫大神経細胞(ballooned neuron;いわゆるPick細胞)と神経細胞とアストロサイト(神経細胞をつなぐ膠質細胞)内の異常リン酸化タウの蓄積を[kkh.ne.jp]

さらなる症状