Create issue ticket

考えれる234県の原因 皮質奇形

  • ニューロパチー

    妊娠初期には、副腎皮質ステロイド薬で胎児奇形のリスクがあり、使用を控えます。また、免疫抑制剤も胎児奇形のリスクのため、妊娠中は使用できません。これらの薬剤を使用中に妊娠を希望される場合には、あらかじめほかの治療に変更しておく必要があります。[utanohosp.jp]

  • 末梢神経障害

    妊娠初期には、副腎皮質ステロイド薬で胎児奇形のリスクがあり、使用を控えます。また、免疫抑制剤も胎児奇形のリスクのため、妊娠中は使用できません。これらの薬剤を使用中に妊娠を希望される場合には、あらかじめほかの治療に変更しておく必要があります。[utanohosp.jp]

  • 多発性神経炎

    妊娠初期には、副腎皮質ステロイド薬で胎児奇形のリスクがあり、使用を控えます。また、免疫抑制剤も胎児奇形のリスクのため、妊娠中は使用できません。これらの薬剤を使用中に妊娠を希望される場合には、あらかじめほかの治療に変更しておく必要があります。[utanohosp.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    皮質下出血 通常の高血圧性脳出血では大脳皮質下の出血をきたすことは比較的稀です。皮質下出血の原因として、脳動静脈奇形、アミロイドアンギオパチー、出血傾向によるものなどがあります。血管撮影を施行して脳動静脈奇形、脳動脈瘤などが認められた場合、しばしば脳外科的治療が必要となります。 検査 急性発症の片麻痺(半身麻痺)が典型的です。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 側頭葉てんかん

    限局性有病変てんかんの主な種類 内側側頭葉てんかん 脳腫瘍 (特にganglioglioma, dysembryoplastic neuroepithelial tumor: DNT, diffuse astrocytoma) 海綿状血管奇形 大脳皮質形成異常…小児てんかん外科で高頻度 無病変てんかん 有病変てんかんと比較して手術治療成績が[asahikawa-med.ac.jp] 難治性てんかんの原因疾患、発症時期 難治性てんかんの重要な原因疾患として、海馬硬化症、乳幼児期の脳炎、皮質形成異常等の脳奇形や結節性硬化症、スタッジ-ウエーバー症候群等が挙げられます。[neurosurgery.jp] 頭皮脳波でF7/F8に棘波 前側頭部に最大振幅をもつ片側あるいは両側独立の棘波(T1/T2電極優位)、側頭部間歇性律動性δ波(TIRDA**) MRIで2/3に海馬硬化(嗅内皮質、海馬傍回、扁桃体にも硬化が認められることから、内側側頭葉硬化ともいわれる) 他に、腫瘍性病変(ガングリオグリオーマ、グリオーマ、DNT***など)、血管病変(脳動静脈奇形[kksmile.com]

  • 自律神経性ニューロパチー

    妊娠初期には、副腎皮質ステロイド薬で胎児奇形のリスクがあり、使用を控えます。また、免疫抑制剤も胎児奇形のリスクのため、妊娠中は使用できません。これらの薬剤を使用中に妊娠を希望される場合には、あらかじめほかの治療に変更しておく必要があります。[utanohosp.jp]

  • 脱髄疾患

    妊娠初期には、副腎皮質ステロイド薬で胎児奇形のリスクがあり、使用を控えます。また、免疫抑制剤も胎児奇形のリスクのため、妊娠中は使用できません。これらの薬剤を使用中に妊娠を希望される場合には、あらかじめほかの治療に変更しておく必要があります。[utanohosp.jp]

  • 後大脳動脈閉塞

    皮質下出血 通常の高血圧性脳出血では大脳皮質下の出血をきたすことは比較的稀です。皮質下出血の原因として、脳動静脈奇形、アミロイドアンギオパチー、出血傾向によるものなどがあります。血管撮影を施行して脳動静脈奇形、脳動脈瘤などが認められた場合、しばしば脳外科的治療が必要となります。 検査 急性発症の片麻痺(半身麻痺)が典型的です。[lab.toho-u.ac.jp]

  • てんかん

    とくに治療が見込める疾患としては海馬硬化症、脳腫瘍、大脳皮質形成障害、脳血管奇形などが原因である場合である。一般的に、てんかん外科には数日間連続して脳波記録を行ったり、頭蓋内脳波を設置して記録できる脳波モニタリングユニットが必要であり、特定の施設で行われている。日本てんかん学会がホームページに施行施設を公表している。[ja.wikipedia.org]

  • 低酸素症

    神経細胞の移動障害によって、滑脳症(かつのうしょう:脳溝がほとんどできず大脳表面が平滑な奇形)(図8)、多小脳回(たしょうのうかい:正常な脳回とは異なる小さな脳回が多数生じた奇形)、ヘテロトピア(神経細胞の集団が皮質以外にできる奇形)などが生じます。近年、頭部CT・MRIなどの画像検査により高頻度に診断されるようになりました。 図8.[igakuken.or.jp]

さらなる症状

類似した症状