Create issue ticket

考えれる61県の原因 皮膚鼻疽

  • 鼻疽

    を発症した馬などの唾液、血液などの体液や組織のなかには菌が含まれています。傷ついた皮膚、粘膜などが菌に接触すると、人にも鼻疽菌が感染して発症します。 また、環境中に存在する鼻疽菌が空気中に舞い込むこともあり、それを吸入することでも感染が成立する可能性があります。[medicalnote.jp] また、皮下リンパ管の念珠状結節・膿瘍・潰瘍などがみられることもあり、これを皮膚と呼びます。慢性型では、微熱と膿様鼻汁を繰り返しながら、徐々にやせてきます。ロバ、ラバおよび清浄地の馬に感染が起こると、数日以内に死亡します。慢性型は疾病常在地の馬でしばしばみられます。 有効なワクチンはありません。[nichiju.lin.gr.jp] ヒトには、流行地でのアウトドア活動によって傷ついた皮膚などから感染します。また、汚染した水、食肉などからも感染します。 東南アジア、オーストラリア北部などにみられます。 も類も、バイオテロに用いられる可能性が指摘されています。[katei-igaku.jp]

  • 鼻疽菌による鼻疽

    を発症した馬などの唾液、血液などの体液や組織のなかには菌が含まれています。傷ついた皮膚、粘膜などが菌に接触すると、人にも鼻疽菌が感染して発症します。 また、環境中に存在する鼻疽菌が空気中に舞い込むこともあり、それを吸入することでも感染が成立する可能性があります。[medicalnote.jp] また、皮下リンパ管の念珠状結節・膿瘍・潰瘍などがみられることもあり、これを皮膚と呼びます。慢性型では、微熱と膿様鼻汁を繰り返しながら、徐々にやせてきます。ロバ、ラバおよび清浄地の馬に感染が起こると、数日以内に死亡します。慢性型は疾病常在地の馬でしばしばみられます。 有効なワクチンはありません。[nichiju.lin.gr.jp] ヒトには、流行地でのアウトドア活動によって傷ついた皮膚などから感染します。また、汚染した水、食肉などからも感染します。 東南アジア、オーストラリア北部などにみられます。 も類も、バイオテロに用いられる可能性が指摘されています。[katei-igaku.jp]

  • 人獣共通感染症

    - 馬モルビリウイルス肺炎 - 馬痘 - 野兎病 - 馬伝染性子宮炎 - 馬パラチフス - 仮性皮 - 小反芻獣疫 - 伝染性膿疱性皮膚炎 - ナイロビ羊病 - 羊痘 - マエディ・ビスナ - 伝染性無乳症 - 流行性羊流産 - トキソプラズマ病 - 疥癬 - 山羊痘 - 山羊関節炎・脳脊髄炎 - 山羊伝染性胸膜肺炎 - オーエスキー病[ja.wikipedia.org] 牛白血病 - アイノウイルス感染症 - イバラキ病 - 牛丘疹性口炎 - 牛流行熱 - 類鼻疽 - 破傷風 - 気腫疽 - レプトスピラ症 - サルモネラ症 - 牛カンピロバクター症 - トリパノソーマ病 - トリコモナス病 - ネオスポラ症 - 牛バエ幼虫症 - ニパウイルス感染症 - 馬インフルエンザ - 馬ウイルス性動脈炎 - 馬肺炎[ja.wikipedia.org]

  • アレルギー性胃炎

    引きこもり 皮膚がん 皮膚掻痒症 飛蚊症 肥満 日焼け ヒルシュスプルング病 貧血 中隔彎曲症 鼻涙管閉塞症 ピック病 ピロリ菌感染症 ファロー四徴症 フェニールケトン尿症 不安障害 風疹 腹部大動脈瘤 腹膜炎 不整脈 不妊症 不眠症 紛瘤 ブドウ膜炎 プール熱 ヘルニア ヘルパンギーナ ヘルペス 変形性膝関節症 偏頭痛 扁桃炎 扁桃周囲膿瘍[t-pec.jp] 粘液水腫 脳血管障害 脳血栓 脳梗塞 脳挫傷 脳出血 脳腫瘍 脳性麻痺 脳動脈瘤 ノロウイルス感染症 白血病 肺炎 肺がん 肺気腫 敗血症 肺繊維症 肺塞栓症 白癬 白内障 破傷風 はしか 橋本病 原田病 半月板損傷 ハンチントン病 バージャー病 梅毒 麦粒腫 バセドウ病 ばね指 バルトリン腺炎 パーキンソン病 パニック障害 百日咳 ヒョウ[t-pec.jp]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    A230 メリテンジス菌によるブルセラ症 A231 ウシ流産菌によるブルセラ症 A232 ブタ流産菌によるブルセラ症 A233 イヌ流産菌によるブルセラ症 A238 その他のブルセラ症 A239 ブルセラ症,詳細不明 A240 鼻疽 A241 急性および劇症類鼻疽 A242 亜急性および慢性類鼻疽 A243 その他の類鼻疽 A244 類[e-stat.go.jp] ,詳細不明 A250 鼡咬症スピリルム症〈らせん菌症〉 A251 モニリフォルム レンサ桿菌症 A259 鼡咬症,詳細不明 A260 皮膚類丹毒 A267 類丹毒性敗血症 A268 その他の型の類丹毒 A269 類丹毒,詳細不明 A270 黄疸出血性レプトスピラ症〈ワイル病〉 A278 その他の型のレプトスピラ症 A279 レプトスピラ症,[e-stat.go.jp]

  • 新生児期原発性副甲状腺機能亢進症

    A230 メリテンジス菌によるブルセラ症 A231 ウシ流産菌によるブルセラ症 A232 ブタ流産菌によるブルセラ症 A233 イヌ流産菌によるブルセラ症 A238 その他のブルセラ症 A239 ブルセラ症,詳細不明 A240 鼻疽 A241 急性および劇症類鼻疽 A242 亜急性および慢性類鼻疽 A243 その他の類鼻疽 A244 類[e-stat.go.jp] ,詳細不明 A250 鼡咬症スピリルム症〈らせん菌症〉 A251 モニリフォルム レンサ桿菌症 A259 鼡咬症,詳細不明 A260 皮膚類丹毒 A267 類丹毒性敗血症 A268 その他の型の類丹毒 A269 類丹毒,詳細不明 A270 黄疸出血性レプトスピラ症〈ワイル病〉 A278 その他の型のレプトスピラ症 A279 レプトスピラ症,[e-stat.go.jp]

  • 歯肉線維腫症-進行性難聴症候群

    A230 メリテンジス菌によるブルセラ症 A231 ウシ流産菌によるブルセラ症 A232 ブタ流産菌によるブルセラ症 A233 イヌ流産菌によるブルセラ症 A238 その他のブルセラ症 A239 ブルセラ症,詳細不明 A240 鼻疽 A241 急性および劇症類鼻疽 A242 亜急性および慢性類鼻疽 A243 その他の類鼻疽 A244 類[e-stat.go.jp] ,詳細不明 A250 鼡咬症スピリルム症〈らせん菌症〉 A251 モニリフォルム レンサ桿菌症 A259 鼡咬症,詳細不明 A260 皮膚類丹毒 A267 類丹毒性敗血症 A268 その他の型の類丹毒 A269 類丹毒,詳細不明 A270 黄疸出血性レプトスピラ症〈ワイル病〉 A278 その他の型のレプトスピラ症 A279 レプトスピラ症,[e-stat.go.jp]

  • ハシトキシコーシス

    エリテマトーデス 亜急性毛様体炎 亜急性類 亜急性裂肛 亜急性漿液ムチン性中耳炎 亜急性膵炎 亜脱臼 亜脱臼性神経管狭窄症 亜脱臼性椎間孔狭窄症 亜硫酸酸化酵素欠損症 愛情欠如精神病質 悪液質 悪液質アフタ 悪寒 悪寒戦慄 悪感発熱 悪心 悪性M蛋白血症 悪性インスリノーマ 悪性エナメル上皮腫 悪性グロームス腫瘍 悪性リンパ腫 悪性下垂体腺腫[askdoctors.dousetsu.com] 亜急性器質精神症候群 亜急性気管支炎 亜急性虚血性大腸炎 亜急性結膜炎 亜急性血性中耳炎 亜急性甲状腺炎 亜急性硬化性全脳炎 亜急性骨髄炎 亜急性細菌性心内膜炎 亜急性細菌性心膜炎 亜急性錯乱状態 亜急性出血性白質脳炎 亜急性小脳変性症 亜急性心内膜炎 亜急性前部ぶどう膜炎 亜急性虫垂炎 亜急性虹彩炎 亜急性虹彩毛様体炎 亜急性脳症候群 亜急性皮膚[askdoctors.dousetsu.com]

  • グラデニーゴ症候群

    エリテマトーデス 亜急性毛様体炎 亜急性類 亜急性裂肛 亜急性漿液ムチン性中耳炎 亜急性膵炎 亜脱臼 亜脱臼性神経管狭窄症 亜脱臼性椎間孔狭窄症 亜硫酸酸化酵素欠損症 愛情欠如精神病質 悪液質 悪液質アフタ 悪寒 悪寒戦慄 悪感発熱 悪心 悪性M蛋白血症 悪性インスリノーマ 悪性エナメル上皮腫 悪性グロームス腫瘍 悪性リンパ腫 悪性下垂体腺腫[askdoctors.dousetsu.com] 亜急性器質精神症候群 亜急性気管支炎 亜急性虚血性大腸炎 亜急性結膜炎 亜急性血性中耳炎 亜急性甲状腺炎 亜急性硬化性全脳炎 亜急性骨髄炎 亜急性細菌性心内膜炎 亜急性細菌性心膜炎 亜急性錯乱状態 亜急性出血性白質脳炎 亜急性小脳変性症 亜急性心内膜炎 亜急性前部ぶどう膜炎 亜急性虫垂炎 亜急性虹彩炎 亜急性虹彩毛様体炎 亜急性脳症候群 亜急性皮膚[askdoctors.dousetsu.com]

  • 脾臓膿瘍

    今回我々は、ベトナムからの帰国後、皮膚、肺、脾、腎、骨髄の多臓器に病変を認めた類の1例を経験したので報告する。 症例 :69歳、男性 主訴 :発熱 既往歴 :50歳 糖尿病(経口糖尿病薬内服中)、急性心筋梗塞 現病歴 :約20年前より仕事のためベトナムへの渡航を繰り返していた。[idsc.nih.go.jp]

さらなる症状