Create issue ticket

考えれる3県の原因 皮膚腫瘍発生への傾向なし

  • 日光角化症

    日光角化症は表皮内癌(皮膚の一部を形作っている表皮の中に、腫瘍細胞がとどまっている状態)です。長年紫外線に当たったために変化した皮膚発生します。顔、前腕などの露出部に認められる傾向があります。 臨床診断は肉眼的所見で可能であっても、組織診断を行う必要があります。 治療に関しては以下のものがあります。[jimbocho-hifu.com]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    症例はこちら Mastocytoma 肥満細胞腫 犬や猫に発生する腫瘍です。フェレットに発生する場合もあります。年をとるとともに発生頻度が高くなる傾向があります。 多くは皮膚発生しますが、口の中、消化管、呼吸器、生殖器など内臓に発生する場合もあります。この腫瘍は、すべて悪性として処置します。[suzaki-ah.com]

  • ラフォラ病

    それに伴い、高齢で発生しやすい腫瘍発生も増加傾向にあります。 腫瘍は全身のあらゆる部位に発生し、触知可能な皮膚にできることもあれば、触知困難な胸の中や骨の内部などにも発生します。 発生する部位によって症状は異なり、無症状から下痢や嘔吐、食欲不振などといった非特異的なものまで様々です。[otakibashi.com]

さらなる症状