Create issue ticket

考えれる735県の原因 皮膚肥厚

  • 尋常性魚鱗癬

    (Ⅰ) Q801 ハント症候群 皮膚(Ⅱ) B022 汎発性帯状疱疹 皮膚(Ⅱ) B027 汎発性脱毛症 皮膚(Ⅱ) L631 肥厚性扁平苔癬 皮膚(Ⅰ) L430 皮膚描記性蕁麻疹 皮膚(Ⅱ) L503 びまん性乾癬 皮膚(Ⅰ) L400 びまん性神経皮膚炎 皮膚(Ⅱ) L208 ブラジル天疱瘡 皮膚(Ⅰ) L103 ベニエ痒疹 皮膚(Ⅱ[climaga.co.jp] (43) 悪性黒色表皮腫 (10) 皮脂欠乏性皮膚炎 (11) 良性黒色表皮腫 (9) 遺伝性先天性爪肥厚症 (10) (X染色体劣性遺伝性の)魚鱗癬 (15) weiterführende Links Search www.google.jp for '尋常性魚鱗癬'[dermis.net] 主症状及び主要検査所見 A.臨床的に、出生時から新生児期に、全身又は広い範囲の皮膚が厚い角質物質で覆われている。 B.皮膚病理検査にて表皮角層の肥厚を認める。 C.鑑別診断 以下の疾患を鑑別する。[nanbyou.or.jp]

  • ムコ多糖症

    臨床症状としては、肝脾腫、心肥大、骨の変形、難聴、角膜混濁、知的障害、皮膚肥厚などが知られている。ムコ多糖症は欠損酵素の違いから、さらにI型からVII型(V型は欠番)の6疾患に分類されている。今回、ラロニダーゼが適応を取得した「ムコ多糖症I型」は、国内の患者数は20人程度と推定されている。[medical.nikkeibp.co.jp] 肥厚、心不全、精神発達遅滞、難聴などを起こしてきます。[senoopc.jp] 症状 特有なガーゴイル顔貌(大頭(頭のサイズが大きいこと)、前額突出、低い鼻梁、広がった鼻翼、眼間開離(眼の間が広い)、内眼角贅皮(眼の内側に眼瞼部皮膚が被さるようになっていること)、幅広く厚い口唇)、がっしりとした太く短い躯幹・四肢、厚く張った皮膚、躯幹・四肢近位側に集まる小結節、多毛、異所性蒙古斑、関節の可動域制限、肝脾腫、心雑音、心弁膜[senoopc.jp]

  • ムコ多糖症II型

    フィンランド人で高頻度 治療: 支持療法,骨髄または造血幹細胞移植を考慮 Winchester症候群(277950) メタロプロテアーゼ2 MMP2(16q13)* 発症: 乳児期早期 尿中代謝物: なし 臨床的特徴: 低身長,顔貌粗造,角膜混濁,歯肉増殖,関節拘縮,骨粗鬆症,脊柱後側弯症,脊椎圧迫,手根骨足根骨融解症,足小関節強直,びまん性皮膚肥厚[msdmanuals.com] 肥厚、心不全、精神発達遅滞、難聴などを起こしてきます。[senoopc.jp] 角膜混濁、肝臓・脾臓の腫大、皮膚の硬化、手足の骨・背骨の変形、心臓の大動脈弁・僧帽弁の肥厚と狭窄が見られます。骨レントゲン像もHurler病とよく似ています。また、Morquio病と同様に頸髄の圧迫による麻痺も出てきます。 β-Glucuronidase欠損により起こります。[mps-japan.org]

  • 先端巨大症

    鑑別診断 先端巨大症と鑑別すべき疾患として軟部組織の肥厚や一部骨の肥厚を呈する肥大性皮膚骨膜症(pachydermoperiostosis)がある.[kotobank.jp] :粗造で肥厚し,顔面や頸部の皮膚には懸垂線維腫(skin tag)が目立ち,色素沈着が軽度から中等度に生ずる.発汗が著明となり,しばしば異臭を伴う.四肢末端は肥大し,手足容積は増大する(図12-2-9C,D).指は厚ぼったくなり,太く丸みをおび,ソーセージ様になる(図12-2-9C).足底部の軟部組織(heel pad)が肥厚する.四肢には[kotobank.jp] これら骨・軟骨や心肥大などの退行変性は非可逆的となる. a)顔貌:下顎,眉弓部や頬骨の突出,鼻・口唇の肥大,歯列間隙の拡大,巨大舌などを呈し,そのために特異的な顔貌変化(図12-2-9A,B)や咬合不全をきたす.声帯の肥大,副鼻腔の拡大,巨大舌が複合し,特徴的な反響性の低い声を生ずる(deepening of the voice). b)皮膚[kotobank.jp]

  • 魚鱗癬

    主症状及び主要検査所見 A.臨床的に、出生時から新生児期に、全身又は広い範囲の皮膚が厚い角質物質で覆われている。 B.皮膚病理検査にて表皮角層の肥厚を認める。 C.鑑別診断 以下の疾患を鑑別する。[nanbyou.or.jp] 後天性魚鱗癬、皮膚リンパ腫、尋常性魚鱗癬等の出生時・新生児期に症状を認めない遺伝性魚鱗癬、魚鱗癬以外の疾患に続発する紅皮症 D.遺伝学的検査所見 病因として、 ABCA12 、 TGM1 、 ALOX12B 、 ALOXE3 、 CYP4F22 、 NIPAL4 、 PNPLA1 、 CERS3 、 KRT1 、 KRT10 、 KRT2[nanbyou.or.jp]

  • 魚鱗癬と男性性腺機能不全症

    主症状及び主要検査所見 A.臨床的に、出生時から新生児期に、全身又は広い範囲の皮膚が厚い角質物質で覆われている。 B.皮膚病理検査にて表皮角層の肥厚を認める。 C.鑑別診断 以下の疾患を鑑別する。[nanbyou.or.jp] 数日で角質肥厚は軽快し、その後に掻痒を伴う全身の魚鱗癬、毛孔性角化、アトピー性皮膚炎、喘息、好酸球増多を生じます。 14)Ichthyosis、hypotrichosis、sclerosing cholangitis症候群 稀な常染色体劣性遺伝で、claudin 1 (CLDN1) をコードする遺伝子変異が原因です。[shinagawaseasideclinic.com] 後天性魚鱗癬、皮膚リンパ腫、尋常性魚鱗癬等の出生時・新生児期に症状を認めない遺伝性魚鱗癬、魚鱗癬以外の疾患に続発する紅皮症 D.遺伝学的検査所見 病因として、 ABCA12 、 TGM1 、 ALOX12B 、 ALOXE3 、 CYP4F22 、 NIPAL4 、 PNPLA1 、 CERS3 、 KRT1 、 KRT10 、 KRT2[nanbyou.or.jp]

  • 外陰炎

    悪化すると、肛門や足のつけ根まで炎症が広がり、皮膚が赤くなります。 慢性化すると、外陰部の皮膚肥厚し茶褐色から白色に変色したり、かゆみが止まらなくなったりします。 原因 ブドウ球菌などの化膿菌、ウイルス、 カンジダ のような真菌(カビ)が原因菌となります。[pluswellness.com]

  • 皮膚炎

    皮膚も炎症が起こると,やはり赤くなり( 紅斑 ),はれ( 浮腫 ),熱っぽくなるが,一般に 化学物質 で起こる皮膚炎は, 化学熱傷 を除けば,痛みよりもむしろかゆみのでる場合が多い。症状も小水疱, 糜爛 (びらん),落屑(らくせつ),皮膚肥厚,皹裂(きれつ), 色素 沈着, 痒疹 ,大水疱, 潰瘍 などさまざまである。[kotobank.jp] 落屑までいけば大抵は治癒になるのだが、リモデリングされてしまうことがある、これが苔癬化 であり、表皮が肥厚し、粗い皮膚構造が特徴的である。似た言葉に苔癬 という言葉があるが、これは一定範囲内の丘疹の集簇であり苔癬化とはまったく異なる概念である。扁平苔癬などが有名である。 まとめとして語句を整理する。[ja.wikipedia.org] 皮膚の鱗屑(うろこ状のくず)、かゆみ、一時的な肥厚は数日から数週間続きます。 かゆみと水疱は、皮膚に塗るか内服するいくつかの薬によって緩和できます( かゆみ : かゆみの治療 )。[msdmanuals.com]

  • 原発性肥大性骨関節症

    症状 重症度の段階 重症度 状態 認定基準 皮膚肥厚 5 0 皮膚肥厚がない 1 1 前額に皮膚肥厚がある 2 前額に皮膚肥厚があり、しわが深い 3 前額に皮膚肥厚があり、かつ頭部脳回転状皮膚がある 4 重症度3を満たし、頭部脳回転状皮膚病変部に脱毛斑がある または、中程度以上の眼瞼下垂がある* 関節症状 4 0 関節水腫なし、可動域制限なし[nanbyou.or.jp] 肥厚皮膚骨膜症の症状 (肥厚皮膚骨膜症ホームページ から引用) ばち指:頭の皮膚が厚くなり、脳のようなシワが出来た状態。 骨膜性骨肥厚:おもに長管骨(腕や脚の部分の細長い骨)の外側の硬い部分(骨皮質)が厚くなってしまった状態。 皮膚肥厚皮膚が厚くなりしわが深くなります。主におでこ、頭皮(脳回転状頭皮)に現れます。[ncchd.go.jp] 毛包虫症 幼犬に多発する寄生虫による皮膚炎で、頭部から発生し次第に全身に広がります。脱毛・皮膚肥厚・乾燥。重症では全身膿皮症になり、治療が難しくなります。 色調突然変異性 脱毛 1歳以下で発症、被毛の貧弱性と、ゆっくり進行する脱毛が特徴です。 心臓・循環器の病気 拡張性心筋症 心臓の内部が拡張して、心臓が大きくなります。[pet-hospital.org]

  • 皮膚感染症

    典型的な症状は、皮膚から少し盛り上がった[浸潤・肥厚(しんじゅん・ひこう)]赤い発疹[紅斑(こうはん)]の上に、銀白色のフケのようなもの[鱗屑(りんせつ)]がくっついてポロポロとはがれ落ちます。[maruho.co.jp] ウイルス性イボ(ゆうぜい) パピローマ(乳頭腫)ウイルスが皮膚へ感染・増殖することで、皮膚が限局性に肥厚して角化性病変を形成する。150種類以上のDNA型に分類され、それぞれの型に特徴的な発生部位や症状がある。また一部のDNA型のパピローマウイルスは発がん性を有する。治療は液体窒素、レーザーによる焼灼、ヨクイニン内服など。[med.jrc.or.jp]

さらなる症状