Create issue ticket

考えれる89県の原因 皮膚白血球破砕性血管炎

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 薬物過敏症

    ホーム 医学用語解説集 索引 や 医学用語 解説集 薬物過敏症 体内に吸収された薬物が通常示す作用ではない有害な症状・所見を示す場合をいい,次の3つに分類される。 薬理作用増強反応: 常用量の薬物を用いたにもかかわらず,薬理作用が増強し,生体に有害な作用がでる場合である。例として,キシロカインによるショックや心停止などがある。 薬物アレルギー反応: 薬剤が抗原抗体反応を引きおこし,ショックや炎症,臓器障害をおこす有害反応である。薬物過敏症のほとんどを占める(アナフィラキシーショック)。 特異体質反応:[…][jaam.jp]

  • 全身性エリテマトーデス

    66 軽度皮膚血管 爪周囲や指端の血管炎、紫斑、潰瘍、皮下梗塞、白血球破砕/過敏血管炎など 67 血栓塞栓症(脳卒中を除く)、初発 腎症 項目 定義 68 収縮期血圧 69 拡張期血圧 70 悪性高血圧 71 尿蛋白定性 72 1日尿蛋白 73 1g/日の尿蛋白の新たな出現 74 ネフローゼ症候群 尿蛋白 3.5g/day、低アルブミン[med.osaka-u.ac.jp] 細胞組織学的所見 Lupusによるもの 血管炎 項目 定義 60 皮膚血管炎、潰瘍を含む 広汎な壊疽及び/または潰瘍形成 61 血管炎による重度の急性腹症 小腸または大腸、胆嚢などにおける画像診断及び/又は生検による診断 62 再発性血栓塞栓症(脳卒中を除く) 63 レイノー現象 64 網状皮斑(Livedo reticularis) 65 浅部静脈[med.osaka-u.ac.jp]

  • シュニッツラー症候群

    、コーガン症候群、寒冷凝集素症、補体成分2欠乏症、接触皮膚、頭蓋動脈、CREST症候群、コーエン病、クッシング症候群、皮膚白血球破砕血管、ドゴー病、ダーカム病、疱疹状皮膚炎、皮膚筋炎、I型糖尿病、II型糖尿病、広汎性全身性強皮症、ドレスラー症候群、薬物誘発性狼瘡、円板状紅斑性狼瘡、湿疹、気腫、子宮内膜症、腱付着部炎関連性関節炎、好酸球性筋膜炎[ipforce.jp] 自己免疫性ブドウ膜炎、バロー病/バロー同心性硬化症、ベーチェット病、ベルガー病、ビッカースタッフ型脳幹脳炎、ブラウ症候群、水疱性類天疱瘡、心血管不安定性プラーク、キャッスルマン病、セリアック病、シャーガス病、慢性炎症性脱髄性多発性ニューロパチー、慢性再発性多巣性骨髄炎、慢性閉塞性肺疾患、慢性静脈うっ血性潰瘍、チャーグ・ストラウス症候群、瘢痕類天疱瘡[ipforce.jp]

  • 血管炎

    しかし、他の血管でも免疫系の異常があることや、同様の皮膚症状が起こることがわかってきたため、この病名は使わず、「皮膚白血球破砕血管」という病気に含めるか、その他に原因となる病気があれば、その名前を使うように血管の国際会議で提案されました。[rheuma-net.or.jp] 本書は,ANCA関連血管やさまざまな血管障害の最新知見や鑑別診断のポイントを紹介しつつ,それでも分類不能な皮膚白血球破砕血管や歴史的な疾患名になりつつあるRuiter型血管炎(vasculitis allergica)や,hypersensitivity vasculitis(Zeek)にも言及しており,皮膚科医としては感慨深い。[igaku-shoin.co.jp] 原発性血管炎症候群 21.1 高安動脈炎 21.2 側頭動脈炎 21.3 結節性多発動脈炎 21.4 Cogan症候群 21.5 アレルギー性肉芽腫血管 21.6 Wegener肉芽腫症 21.7 顕微鏡的多発血管 21.8 Henoch-Schonlein紫斑病 21.9 原発クリオグロプリン血症 21.10 皮膚白血球破砕血管[asakura.co.jp]

  • ウィルス感染後症候群
  • 皮膚白血球破砕性血管炎

    内科学 第10版 の解説 皮膚白血球破砕血管(血管症候群) (13)皮膚白血球破砕血管(cutaneous leukocytoclastic angiitis) 概念 皮膚に限局した小型血管で,全身血管炎や糸球体腎炎を伴わないものである.単一の疾患単位でなく,「白血球破砕性血管炎」という特徴的な病理所見を呈する一連の病態の総称[kotobank.jp] その他、CRP陽性のほか、白血球数増加、赤沈亢進などが検査で示されます。 原因 細菌感染、薬剤、外来抗原、全身疾患、悪性腫瘍などが皮膚白血球破砕血管(ひふはっけっきゅうはさいせいけっかんえん)の原因としてあげられます。[lalso.com] 概要 血管の分類には歴史的に変遷があり、かつては独立疾患として扱われていた皮膚アレルギー性血管は、現在では皮膚白血球破砕血管に包括される疾患概念です。そのため、皮膚白血球破砕血管について概説します。 皮膚白血球破砕血管は、単一臓器の血管炎と定義されます。[medicalnote.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    学術コーナー (医局(医療安全)勉強会 2014.06) 消化器内科 寺田 光宏[…][kouseiren-ta.or.jp]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    しかし、他の血管でも免疫系の異常があることや、同様の皮膚症状が起こることがわかってきたため、この病名は使わず、「皮膚白血球破砕血管」という病気に含めるか、その他に原因となる病気があれば、その名前を使うように血管の国際会議で提案されました。[rheuma-net.or.jp] 皮膚白血球破砕血管」とは、皮膚の組織検査で細い血管に急性の炎症を示す白血球破砕像がみられ、全身的な症状がない皮膚症状のみの血管炎のことです。治療は、薬剤など明らかに原因となるものがあれば中止し、治療薬としてステロイド薬が通常よく効果を示します。 原因はわかっているのですか?[rheuma-net.or.jp] 皮膚白血球破砕血管(過敏性血管炎) では、その一部が、薬剤によって引き起こされることが知られています。痛み止め、 抗生物質などさまざまな薬剤で過敏性血管炎が起きます。しかしこれは、薬そのものの作用によるものではなく、薬を飲んだ人の体質によりますので、その頻度は低いと考えてよいでしょう。[rheuma-net.or.jp]

さらなる症状