Create issue ticket

考えれる1県の原因 皮膚病変内の二次腫瘍発生

  • 線状脂腺母斑症候群

    概要 疾患のポイント: 脂腺母斑とは、脂腺の増加を特徴とする過誤腫性の限局性病変で、多くは生下時から存在する。 脂腺母斑は、生下時から頭部の黄色調を呈する脱毛斑として認められることが多い。脂腺母斑は、新生児期や幼少時期には、わずかに隆起した黄白色の局面を呈する。 図表 脂腺母斑は、思春期頃から肥厚・隆起し、表面が疣贅状となる。 図表 脂腺母斑は、30歳以降になると多彩な良性ないし悪性の二次腫瘍が発生する( 図表 )。続発する腫瘍としては良性付属器腫瘍(毛芽腫、脂腺腫や乳頭状汗管嚢胞腺腫など)や、悪性腫瘍では 基底細胞癌 が多い。[…][clinicalsup.jp]

さらなる症状