Create issue ticket

考えれる1,640県の原因 皮膚潰瘍

  • 皮膚カンジダ症

    皮膚の悪性腫瘍 基底細胞がん 日光角化症・ボーエン病 悪性黒色腫(メラノーマ) パジェット病 皮膚の悪性リンパ腫 皮膚潰瘍 静脈性皮膚潰瘍 動脈性皮膚潰瘍 アレルギー性皮膚潰瘍 熱傷・外傷性 褥瘡 炎症性皮膚疾患 尋常性乾癬 掌蹠膿疱症 血管炎 結節性紅斑 水疱症 皮膚の膠原病・血行障害 全身性強皮症・限局性強皮症 膠原病の皮疹 凍瘡 皮膚[med.jrc.or.jp] 粘膜カンジダ症には、口内にできた乳白色斑 (はん) をふき取ると浅いびらんがみられる鵞口瘡 (がこうそう) 、口のわきに亀裂 (きれつ) ができて口を開くと痛む口角炎、妊婦や糖尿病患者の外陰部や腟に湿疹 (しっしん) 様皮疹、びらん、まれに潰瘍 (かいよう) をつくる外陰腟炎などがある。[kotobank.jp] 毎週火曜日午後に創傷ケア外来において、動脈性皮膚潰瘍の診療を行っています。 血管内治療センター 循環器内科 創傷ケア外来 アレルギー性皮膚潰瘍 皮膚潰瘍の原因の一つに、血管炎などアレルギー性の作用機序がある。病変部の血管が免疫反応の炎症で破壊され血行が途絶し皮膚潰瘍が生じる。[med.jrc.or.jp]

  • 皮膚癌

    また、やけどなどの瘢痕(はんこん)や慢性の皮膚潰瘍などが原因となることもあります。治療には転移がなければ手術による切除が行われます。転移があったり手術が困難な場合には、放射線療法や化学療法などが用いられます。 以上述べてきたように、皮膚がんの予防には日光(紫外線)を必要以上に浴びることを避けることが大事です。[toho-u.ac.jp] センチネルリンパ節生検(悪性黒色腫) 良性皮膚腫瘍の手術:脂漏性角化症、色素性母斑、粉瘤、脂肪腫等 悪性腫瘍の手術:基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫(メラノーマ)、乳房外パジェット病、日光角化症、ボーエン病、メルケル細胞癌など レーザー治療:太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、老人性色素斑・脂漏性多化症(自費) 熱傷(広範囲の急性期以外)、褥瘡、皮膚潰瘍[dokkyomed.ac.jp] その他、熱傷瘢痕や慢性の皮膚潰瘍からの発生もある。60%が日光露出部に生じていることから、紫外線が主な誘因と考えられる。高齢者の顔面、手背に好発する。 前述の前駆病変に、隆起性病変が出現し次第に拡大して腫瘤や難治性潰瘍として発症する。治療は外科的切除が一般的である。[com-info.org]

  • 基底細胞癌

    また、やけどなどの瘢痕(はんこん)や慢性の皮膚潰瘍などが原因となることもあります。治療には転移がなければ手術による切除が行われます。転移があったり手術が困難な場合には、放射線療法や化学療法などが用いられます。 以上述べてきたように、皮膚がんの予防には日光(紫外線)を必要以上に浴びることを避けることが大事です。[toho-u.ac.jp] 5)検診 皮膚がんの住民検診はありません。皮膚は体表にあるので、本人あるいは家族が、結節、潰瘍、出血など、何らかの皮膚の異常に気づいた場合は医療機関を受診することが大切です。[ogaki-mh.jp] 有棘細胞がんや基底細胞がんでは、進行にともない皮膚がじゅくじゅくしたり潰瘍をつくったりすることがあるため、知覚神経が刺激され痛みを感じることがあります。がんが進行し、リンパ節や他の臓器に転移を起こすと、転移した場所の内臓痛 *1 が起こったり、神経障害性疼痛 *2 が起こったりします。[shionogi.co.jp]

  • 血管炎

    また、関節痛、筋痛、皮疹(紫斑、皮下出血、皮膚潰瘍など)、 末梢神経 症状(手足のしびれや筋力低下)などもみられます。全身症状にともない腎臓や肺の障害が短期間に進行する場合が多いのですが、ときに尿検査での血尿の持続や肺線維症などが慢性に経過し、他の症状を伴わない場合もあります。[nanbyou.or.jp] 症状の現れ方 cPN・MPAともに高熱(38 以上)、体重の減少、関節痛、紫斑(しはん)、皮膚潰瘍、貧血、胸痛、腹痛、血痰(けったん)、 高血圧 、 脳出血 ・ 脳梗塞 (のうこうそく)、腎機能の低下、血尿・蛋白陽性・潜血(せんけつ)反応陽性などが認められます。 重い症状として、MPAでは腎機能の低下、腸出血、肺出血があります。[health.goo.ne.jp] (5)皮膚の障害によるもの あざ(紫斑)、皮下出血、皮膚にできる潰瘍など。 (6)神経の障害によるもの 手足のしびれや感覚がない、力が入らないなどの症状(多発性単神経炎)。 診断 本症は生命に関わりうる重症な疾患ですので、強力な治療が必要となります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 糖尿病性足潰瘍

    追加情報ページへのリンク 糖尿病性皮膚潰瘍(糖尿病足病変)に関する 詳細情報 糖尿病性皮膚潰瘍(糖尿病足病変)に関する評価・治療例(詳細) (1件) 初診時、フォローアップ時 糖尿病性皮膚潰瘍(糖尿病足病変)に関する 画像 (40件) 薬剤監修について: オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次[clinicalsup.jp] 入院治療 ※手術(植皮・皮弁術など) 他の部位から皮膚組織を採取して潰瘍部に生着させることで、治癒を促進させる手術治療です。皮膚の採取部には別の傷ができ、また難治性潰瘍の場合は生着率があまりよくないため適応は限られます。 ※外科的デブリードマン 壊死組織を取り除くことをデブリードマンといいます。[nms.ac.jp]  足のきず(糖尿病性足潰瘍、静脈性下腿潰瘍) 難治性潰瘍は治療をしてもなかなか治癒しない皮膚潰瘍のことで、慢性潰瘍ともいわれます。その原因には、外傷、褥瘡、糖尿病性潰瘍、放射線潰瘍、うっ滞性潰瘍、膠原病、リウマチに合併する潰瘍などがあります。[med.fukuoka-u.ac.jp]

  • 静脈うっ血潰瘍

    医療大全 下腿潰瘍、糖尿病性皮膚潰瘍、コレステリン塞栓症 かたいしゅよう、とうにょうびょうせいひふかいよう、コレステリンそくせんしょう Lower leg ulcer, Diabetic skin ulcer, Cholesterol embolism 【初診に適した診療科】 皮膚科、皮膚泌尿器科、心臓血管外科 【どんな病気か】 下腿潰瘍とは[yomidr.yomiuri.co.jp] 対象疾患 難治性皮膚潰瘍(治りにくい創) 正常ならば皮膚にできた創(きず)が治るものが、感染、血管障害、知覚障害などの創が治るのを阻害する因子があるために、治り難い潰瘍状態になったものが「難治性皮膚潰瘍」です。その原因には、 外傷、糖尿病、放射線照射、動脈硬化症や静脈うっ滞といった末梢血管病変、膠原病(リウマチなど)など があります。[med.nihon-u.ac.jp] 入院治療 ※手術(植皮・皮弁術など) 他の部位から皮膚組織を採取して潰瘍部に生着させることで、治癒を促進させる手術治療です。皮膚の採取部には別の傷ができ、また難治性潰瘍の場合は生着率があまりよくないため適応は限られます。 ※外科的デブリードマン 壊死組織を取り除くことをデブリードマンといいます。[nms.ac.jp]

  • 全身性強皮症

    (2)全身治療 膠原病、血管炎にともなう皮膚潰瘍診療ガイドライン(2011日本皮膚科学会ガイドライン)では、SScにおける皮膚潰瘍にはまず、①保存的治療(内服、注射、外用)が行われ、改善がなければ②薬物治療の変更・追加、外科的治療を考慮します。[www1.actelion.co.jp] もし、皮膚潰瘍が出来てしまったときは、自分で対処せず主治医に相談して下さい。感染が契機となり皮膚潰瘍は悪化しますので、適切な処置が必要です。また、手指の拘縮には、痛みが残らない程度にストレッチをすることが推奨されます。[kompas.hosp.keio.ac.jp] CQ10 手術療法は皮膚潰瘍・壊疽に有用か? CQ11 交感神経切除術は血管病変に有用か? CQ12 交感神経ブロックは血管病変に有用か? CQ13 スタチンは血管病変に有用か? CQ14 皮膚潰瘍・壊疽に有用な外用剤・創傷被覆材は? 8.皮膚石灰沈着 CQ1 皮膚石灰沈着は治療した方がよいか?[minds.jcqhc.or.jp]

  • 褥瘡

    II度 傷害が真皮に及び、真皮までの皮膚欠損( 皮膚潰瘍)が生じている状態。水疱が形成されることもあり、壊死組織の付着や細菌感染が生じやすい。 III度 皮下組織に達する欠損が生じている状態。 IV度 筋肉や骨まで損傷された状態。骨が壊死して腐骨(ふこつ)となったり、骨髄炎や敗血症を併発することもある。 U 深さ判定が不能な場合。[ja.wikipedia.org] 皮膚に欠損ができた状態を皮膚潰瘍と呼び、通常は3週間程度で治癒します。それ以上かかっても治癒しないものを難治性潰瘍と呼び、代表的なものに褥瘡や糖尿病・血流障害に伴う下肢潰瘍があります。[twmu.ac.jp] II度 傷害が真皮に及び、真皮までの皮膚欠損( 皮膚潰瘍 )が生じている状態。 水疱 が形成されることもあり、壊死組織の付着や細菌感染が生じやすい。 III度 皮下組織に達する欠損が生じている状態。 IV度 筋肉 や 骨 まで損傷された状態。骨が壊死して腐骨(ふこつ)となったり、骨髄炎や敗血症を併発することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 静脈瘤

    重症になると、湿疹や静脈瘤より出血したり、皮膚が硬く茶色に変色したり、皮膚潰瘍を生じることがあります。この皮膚潰瘍は非常に強い痛みを伴い、軟膏治療を施してもなかなか改善しないことから、難治性皮膚潰瘍と呼ばれています。色素沈着や皮膚潰瘍のある方は手術を強くお勧めしております。[kitano-hp.or.jp] さらに進むと、湿疹が出来てかゆくなったり(うっ滞性皮膚炎)、色素沈着や潰瘍を伴うこともあります。ただし、これらの症状があったとしても生命に関わるような重篤な合併症を起こすことはありません。 うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚潰瘍 静脈瘤の診断 静脈瘤そのものは、問診・視診で診断できます。[shonankamakura.or.jp] 進行すると色素沈着や皮膚潰瘍が起こることもあり、重症にならないようにすることが重要です。 当院では、以前から標準的に行われているストリッピング手術に加え、より身体に負担の少ない手術を目指し、2012年6月より血管内レーザー治療を開始しました。[hokujun.or.jp]

  • 梅毒

    感染した場所にしこりや潰瘍等がある、皮膚に赤い発疹がみられる等の症状がある時には、医療機関を受診しましょう。 早期発見、早期治療が大切です 治療が遅れたり、治療をせずに放置すると脳や心臓に重大な障害を起こすことがあります。 妊娠中に感染すると、胎盤を通じて胎児に感染します。流産、死産、先天性梅毒の原因になることがあります。[city.itabashi.tokyo.jp] 結節性梅毒は皮膚または皮下に結節ができるが、続いて潰瘍化して瘢痕 (はんこん) を残しながら進行する。ゴム腫 (しゅ) (ゴム腫性梅毒)では皮膚にゴムのような硬さをもつしこりが発生し、深い潰瘍となり、筋肉や骨のような深部組織に及ぶようになる。 [岡本昭二] 感染後10年以降に発生する。[kotobank.jp] 現在でも熱帯地方を中心に、皮膚に白斑が生じる程度の「ピンタ」、潰瘍を生じる「ヨーズ」など軽症のものがあるが、これらは梅毒トレポネーマにより起こることから、旧石器時代(1万2000年以前)にピンタかヨーズが発生し、人類の間に広がり、15世紀末にヨーロッパでトレポネーマに変異が起きて梅毒が生じたとする。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状