Create issue ticket

考えれる17県の原因 皮膚毛細管拡張

  • レーノー現象

    現象が先行 毛細管顕微鏡所見 毛細血管の脱落 毛細血管の蛇行,拡張 爪上皮内出血点 進行期には消失 多数 腱摩擦音 腱摩擦音( )(日本人では少ない) 腱摩擦音(-) 関節拘縮 高度 軽度 石灰沈着 まれ 多い 主要臓器病変 肺,腎,心,食道 肺高血圧症,食道 主要抗核抗体 抗トポイソメラーゼI抗体 抗RNAポリメラーゼ抗体 抗セントロメア[ryumachi.umin.jp] 強皮症病型分類 (LeRoyとMedsgerによる、一部改変) Diffuse cutaneous SScLimited cutaneous SSc 皮膚硬化 肘関節より近位皮膚硬化 肘関節より遠位皮膚硬化 進行 急速(皮膚硬化出現2年以内) 緩徐(皮膚硬化出現5年以上) Raynaud現象と皮膚硬化 皮膚硬化が先行するかほぼ同時 Raynaud[ryumachi.umin.jp]

  • レイノー病

    進行:緩徐 Raynaud 現象と皮膚硬化:Raynaud 現象が十数年 数十年先行 毛細管顕微鏡所見:毛細血管の蛇行、拡張 爪上皮内出血点:多数 腱摩擦音:腱摩擦音(-) 関節拘縮:軽度 石灰沈着:多い 主要臓器病変:肺高血圧症(日本人でまれで約1%以下)、食道(逆流性食道炎) 主要抗核抗体:抗セントロメア抗体 治療 1.皮膚 (1)皮膚硬化[jpma-nanbyou.com] 但し日本人ではまれで約2%以下) 関節拘縮:高度 石灰沈着:まれ 主要臓器病変:肺、腎(強皮症腎クリーゼ、日本人ではまれで約2%以下)、心、消化管 主要抗核抗体:抗トポイソメラーゼ1抗体、抗RNAポリメラーゼ抗体 「限局皮膚硬化型(limited型)」(limited cutaneous SSc:lSSc) 皮膚硬化:肘関節より体の末端の皮膚硬化[jpma-nanbyou.com]

  • 爪炎

    ・先天性心疾患や肺癌では時計ガラス爪が、 ・肝硬変では白い爪が、 ・アジソン病、ヘモクロマトーシス、あるいは薬疹では黒い爪が、 ・慢性の低アルブミン血症では爪半月に平行に走る1 2本の白帯が ・皮膚筋炎やSLEでは爪郭の毛細管拡張による爪囲紅斑が特徴的。[narumi-clinic.jp]

  • 全身性強皮症

    現象が先行 毛細管顕微鏡所見 毛細血管の脱落 毛細血管の蛇行,拡張 爪上皮内出血点 進行期には消失 多数 腱摩擦音 腱摩擦音( )(日本人では少ない) 腱摩擦音(-) 関節拘縮 高度 軽度 石灰沈着 まれ 多い 主要臓器病変 肺,腎,心,食道 肺高血圧症,食道 主要抗核抗体 抗トポイソメラーゼI抗体 抗RNAポリメラーゼ抗体 抗セントロメア[ryumachi.umin.jp] 進行:緩徐 Raynaud 現象と皮膚硬化:Raynaud 現象が十数年 数十年先行 毛細管顕微鏡所見:毛細血管の蛇行、拡張 爪上皮内出血点:多数 腱摩擦音:腱摩擦音(-) 関節拘縮:軽度 石灰沈着:多い 主要臓器病変:肺高血圧症(日本人でまれで約1%以下)、食道(逆流性食道炎) 主要抗核抗体:抗セントロメア抗体 治療 1.皮膚 (1)皮膚硬化[jpma-nanbyou.com] 強皮症病型分類 (LeRoyとMedsgerによる、一部改変) Diffuse cutaneous SScLimited cutaneous SSc 皮膚硬化 肘関節より近位皮膚硬化 肘関節より遠位皮膚硬化 進行 急速(皮膚硬化出現2年以内) 緩徐(皮膚硬化出現5年以上) Raynaud現象と皮膚硬化 皮膚硬化が先行するかほぼ同時 Raynaud[ryumachi.umin.jp]

  • 強指症

    現象が先行 毛細管顕微鏡所見 毛細血管の脱落 毛細血管の蛇行,拡張 爪上皮内出血点 進行期には消失 多数 腱摩擦音 腱摩擦音( )(日本人では少ない) 腱摩擦音(-) 関節拘縮 高度 軽度 石灰沈着 まれ 多い 主要臓器病変 肺,腎,心,食道 肺高血圧症,食道 主要抗核抗体 抗トポイソメラーゼI抗体 抗RNAポリメラーゼ抗体 抗セントロメア[ryumachi.umin.jp] 進行:緩徐 Raynaud 現象と皮膚硬化:Raynaud 現象が十数年 数十年先行 毛細管顕微鏡所見:毛細血管の蛇行、拡張 爪上皮内出血点:多数 腱摩擦音:腱摩擦音(-) 関節拘縮:軽度 石灰沈着:多い 主要臓器病変:肺高血圧症(日本人でまれで約1%以下)、食道(逆流性食道炎) 主要抗核抗体:抗セントロメア抗体 治療 1.皮膚 (1)皮膚硬化[jpma-nanbyou.com] 強皮症病型分類 (LeRoyとMedsgerによる、一部改変) Diffuse cutaneous SScLimited cutaneous SSc 皮膚硬化 肘関節より近位皮膚硬化 肘関節より遠位皮膚硬化 進行 急速(皮膚硬化出現2年以内) 緩徐(皮膚硬化出現5年以上) Raynaud現象と皮膚硬化 皮膚硬化が先行するかほぼ同時 Raynaud[ryumachi.umin.jp]

  • 遺伝性出血性毛細血管拡張症

    の局所的な毛細管拡張と同部位からの出血を特徴とする.[kotobank.jp] 内科学 第10版 の解説 遺伝性出血性末梢血管拡張症(Osler病)(血小板/凝固系の疾患) 定義・概念 遺伝性出血性毛細血管拡張症(hereditary hemorrhagic telangiectasia:HHT,Osler-Rendu-Weber病)ともよばれる,常染色体優性遺伝形式をとる先天性疾患である.男女両性に発症し,粘膜,皮膚[kotobank.jp]

  • 限局性石灰症

    現象が先行 毛細管顕微鏡所見 毛細血管の脱落 毛細血管の蛇行,拡張 爪上皮内出血点 進行期には消失 多数 腱摩擦音 腱摩擦音( )(日本人では少ない) 腱摩擦音(-) 関節拘縮 高度 軽度 石灰沈着 まれ 多い 主要臓器病変 肺,腎,心,食道 肺高血圧症,食道 主要抗核抗体 抗トポイソメラーゼI抗体 抗RNAポリメラーゼ抗体 抗セントロメア[ryumachi.umin.jp] 強皮症病型分類 (LeRoyとMedsgerによる、一部改変) Diffuse cutaneous SScLimited cutaneous SSc 皮膚硬化 肘関節より近位皮膚硬化 肘関節より遠位皮膚硬化 進行 急速(皮膚硬化出現2年以内) 緩徐(皮膚硬化出現5年以上) Raynaud現象と皮膚硬化 皮膚硬化が先行するかほぼ同時 Raynaud[ryumachi.umin.jp]

  • ケロイド

    しかし、投与量によっては、皮膚萎縮、低色素沈着、過度の色素沈着、毛細管拡張症などの全身的な副作用が生じることがあり、長期間の投与ができない。また、広範囲の病変に対して適応することもできない(非特許文献12、非特許文献16)。さらに女性では、少ない投与量でも月経不順等の副作用が生じることもある。[biosciencedbc.jp]

  • 硬化性苔癬

    現象が先行 毛細管顕微鏡所見 毛細血管の脱落 毛細血管の蛇行,拡張 爪上皮内出血点 進行期には消失 多数 腱摩擦音 腱摩擦音( )(日本人では少ない) 腱摩擦音(-) 関節拘縮 高度 軽度 石灰沈着 まれ 多い 主要臓器病変 肺,腎,心,食道 肺高血圧症,食道 主要抗核抗体 抗トポイソメラーゼI抗体 抗RNAポリメラーゼ抗体 抗セントロメア[ryumachi.umin.jp] 強皮症病型分類 (LeRoyとMedsgerによる、一部改変) Diffuse cutaneous SScLimited cutaneous SSc 皮膚硬化 肘関節より近位皮膚硬化 肘関節より遠位皮膚硬化 進行 急速(皮膚硬化出現2年以内) 緩徐(皮膚硬化出現5年以上) Raynaud現象と皮膚硬化 皮膚硬化が先行するかほぼ同時 Raynaud[ryumachi.umin.jp]

  • 肺強皮症

    進行:緩徐 Raynaud 現象と皮膚硬化:Raynaud 現象が十数年 数十年先行 毛細管顕微鏡所見:毛細血管の蛇行、拡張 爪上皮内出血点:多数 腱摩擦音:腱摩擦音(-) 関節拘縮:軽度 石灰沈着:多い 主要臓器病変:肺高血圧症(日本人でまれで約1%以下)、食道(逆流性食道炎) 主要抗核抗体:抗セントロメア抗体 治療 1.皮膚 (1)皮膚硬化[jpma-nanbyou.com] 但し日本人ではまれで約2%以下) 関節拘縮:高度 石灰沈着:まれ 主要臓器病変:肺、腎(強皮症腎クリーゼ、日本人ではまれで約2%以下)、心、消化管 主要抗核抗体:抗トポイソメラーゼ1抗体、抗RNAポリメラーゼ抗体 「限局皮膚硬化型(limited型)」(limited cutaneous SSc:lSSc) 皮膚硬化:肘関節より体の末端の皮膚硬化[jpma-nanbyou.com]

さらなる症状