Create issue ticket

考えれる657県の原因 皮膚形成異常

  • 皮膚感染症

    癜風 皮膚の常在菌の1種である癜風菌(マラセチア)が、夏季の発汗の増加や油性の日焼け止め・ボディークリームの外用により、皮膚異常に増殖し落屑性の褐色斑を形成する場合がある。皮膚直接鏡検法により癜風菌を証明できる。年ごとに再発する場合がある。 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 高齢者に見られる代表的な皮膚の良性腫瘍。[med.jrc.or.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    癜風 皮膚の常在菌の1種である癜風菌(マラセチア)が、夏季の発汗の増加や油性の日焼け止め・ボディークリームの外用により、皮膚異常に増殖し落屑性の褐色斑を形成する場合がある。皮膚直接鏡検法により癜風菌を証明できる。年ごとに再発する場合がある。 皮膚の良性腫瘍 脂漏性角化症 高齢者に見られる代表的な皮膚の良性腫瘍。[med.jrc.or.jp] しかし、加齢や全身疾患で免疫能が低下したり、広域抗生物質の投与により細菌フローラが抑制されるとカンジダの異常増殖がおこりカンジダ症が発病する。 真菌はどのように生きのびているか? 皮膚の最外層を形成する角質細胞は、ケラチンを内包すると共に周辺帯を形成しており、細菌類の生体への侵入や物理化学的な刺激に対するバリアーとして機能している。[gifuyaku.or.jp]

  • 尋常性魚鱗癬

    尋常性魚鱗癬の場合、皮膚の角質層の形成、肌の保湿など、皮膚のバリア機能に影響する「フィラグリン」と呼ばれるたんぱく質を作る遺伝子に異常が見られます。そのため、両親のうちのどちらかに、この遺伝子が見られると、子どもは約50%の確率で、尋常性魚鱗癬の病気にかかります。遺伝に男女の差はありません。兄弟によっては症状にばらつきが出ます。[hospita.jp] 魚鱗癬 (ぎょりんせん、 英語 :Ichthyosis)は、 皮膚病 の一つ。 魚 の 鱗 のように 皮膚 の表面が硬くなり、剥がれ落ちる 病気 。 遺伝子 異常による皮膚表面 角質 の形成障害が原因と考えられており、特に ケラチン 1や10の遺伝子異常に起因することが示唆されている [1] [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • トキソプラズマ感染症

    妊婦が感染すると、非妊娠時より重症化しやすく肺炎を合併する可能性があり、胎盤を経由して胎児にも感染すると、その時期により胎児に皮膚の萎縮、眼の異常、手足の低形成などさまざまな影響が出る可能性があります。 伝染性紅斑(リンゴ病) 伝染性紅斑は、ヒトパルポウイルスB19型の感染が原因です。[city.osaka.lg.jp]

  • 黒色表皮腫

    、Sjogren症候群、オーバーラップ症候群、MCTD、成人Still病、壊疽性膿皮症 代謝性異常症 :アミロイドーシス、汎発性粘液水腫、黄色腫、痛風、 皮膚形成異常 :Goltz症候群、皮膚萎縮症、Werner症候群、弾性線維性仮性黄色腫 肉芽腫症 :環状肉芽腫、サルコイドーシス、若年性黄色肉芽腫、血管拡張性肉芽腫 色素異常症 :肝斑、白皮症[kyumed.jp] の色素性母斑がなくて軟膜メラノーシス leptomeningeal melanosisだけの例もあります 発症原因は,胎生期の神経外胚葉形成異常によると推定されています 髄膜メラノーシスは,MRIのガドリニウム増強像で脳表軟膜の高信号領域として描出されるので,発症以前に診断することが可能になりました MRIをみると悪性脳腫瘍の髄膜播種 meningeal[plaza.umin.ac.jp] 膿疱症 :天疱瘡、類天疱瘡、先天性表皮水疱症、膿疱性乾癬、好酸球性膿疱性毛包炎、掌蹠膿疱症、 炎症性角化症・角化症 :乾癬、類乾癬、扁平苔癬、Gibert薔薇色粃糠疹、魚鱗癬、掌蹠角化症、黒色表皮腫、汗孔角化症、毛孔性苔癬 膠原病および類症 :全身性エリテマトーデス、円板状エリテマトーデス、深在性エリテマトーデス、全身性強皮症、限局性強皮症、皮膚筋炎[kyumed.jp]

  • 多発性神経炎

    症状は,障害神経の支配領域の運動障害(運動麻痺,運動失調,筋萎縮),感覚障害(表在・深部感覚低下,異常感覚),自律神経障害(皮膚粗造,発汗障害,潰瘍形成など)が単独あるいは種々の程度に組み合わされて認められる。… ※「多発神経炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。[kotobank.jp]

  • 脂肪浮腫

    形成外科で扱う疾患 皮膚など体表面の外傷、熱傷、顔面骨骨折 生まれつきの形態異常 (唇裂、口蓋裂、多指症、合趾症、副耳、耳の変形、臍ヘルニアなど) 皮膚、皮下の良性腫瘍(粉瘤、母斑(ほくろ)、血管腫、リンパ管腫、脂肪腫など) 悪性腫瘍およびそれに関連する再建 瘢痕(きずあとに関すること)、ケロイド 難治性潰瘍(治りにくい傷)、褥瘡(とこずれ[nasu.jrc.or.jp] 形成外科で扱う主な疾患は、以下のようなものがありますが、不明な点は形成外科外来までお問い合わせください。[nasu.jrc.or.jp]

  • 間擦疹

    なりやすい病気 循環器: 大動脈弁狭窄、肺動脈弁狭窄、心室中隔欠損 消化器: 幽門狭窄(幽門洞肥厚症候群) 眼疾患: 睫毛重生、異所性睫毛、眼瞼内反症、眼瞼外反症、乾性角結膜炎(ドライアイ)、大眼瞼裂、チェリーアイ 呼吸器: 短頭腫気道症候群(鼻腔狭窄・軟口蓋過長症など)、気管定型性 皮膚疾患: 毛包形成異常、季節性側腹部脱毛症、毛包虫症、[abbeyvc.com] 皮膚の一番表面にある角質層を作る際に重要なフィラグリンというタンパク質の異常が原因の一つにあり、皮膚バリアー機能が正常に発達しない(角層形成不全・保湿機能低下)ため、一部にアトピー性皮膚炎を合併することがあります。[tanashi-skin.com] 間擦疹、足底皮膚炎、マラセチア性皮膚炎 骨格筋神経疾患: 前十字靭帯断裂、股関節異形成、汎骨炎、膝蓋骨脱臼 内分泌: 甲状腺機能低下症 腫瘍: 尾皮膚組織球腫、皮膚リンパ腫、リンパ腫、肥満細胞腫 その他: 異所性尿管、尿道脱、尿石症(シスチン・尿酸)、潜在精巣、膣過形成、膣脱 ボストンテリア [Boston terrier] 見た目はフレンチブルドッグ[abbeyvc.com]

  • コクサッキー ウイルス感染症

    妊婦が感染すると、非妊娠時より重症化しやすく肺炎を合併する可能性があり、胎盤を経由して胎児にも感染すると、その時期により胎児に皮膚の萎縮、眼の異常、手足の低形成などさまざまな影響が出る可能性があります。 伝染性紅斑(リンゴ病) 伝染性紅斑は、ヒトパルポウイルスB19型の感染が原因です。[city.osaka.lg.jp]

  • 連圏状ひ糠疹

    【膠原病】 強皮症 皮膚筋炎 エリテマトーデス シェーグレン症候群 混合性結合組織病 【代謝異常症・皮膚形成異常・萎縮症】 皮膚アミロイドーシス アミロイド苔癬 粘液水腫 浮腫性硬化症 糖尿病性壊疽 黄色腫 ポルフィリン症 ペラグラ 腸性肢端皮膚炎(亜鉛欠乏症) エーラス・ダンロス症候群 弾力線維性仮性黄色腫 蛇行性穿孔性弾力線維症 ウェルナー[umeda.cure.to] 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) 老人性紫斑 ステロイド紫斑 アナフィラクトイド紫斑 特発性色素性紫斑 【血管炎・血行障害】 皮膚結節性多発性動脈炎 アレルギー性肉芽腫性血管炎 皮膚アレルギー性血管炎 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(PLEVA) 持久性隆起性紅斑 バザン硬結性紅斑 網状皮斑(リベド) 皮膚紅痛症 レイノー症候群 褥瘡(じょくそう) 皮膚潰瘍[umeda.cure.to]

さらなる症状