Create issue ticket

考えれる43県の原因 皮膚壊死

  • 血管炎

    この場合は腹痛(intestinal angina)やLivedo疹、多発性単神経炎、皮膚壊死、失明、脈なし、筋肉痛、卵巣痛、睾丸痛、頭痛が起こることが知られている。 この場合は紫斑(紅斑と異なり圧迫しても消えない)、喀血、動脈瘤、下血、糸球体腎炎(血尿)が起こることが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄炎

    外科的治療は、感染部の異物や壊死した皮膚・腐骨組織を掻破、除去する。(デブリードマン) この時、縫合せず創を開放状態にし、患部に対し持続灌流(じぞくかんりゅう)を行うこともある。 持続灌流とは、生理食塩水を患部に流して洗浄するとともに、壊死に陥った組織を排出する目的で行うものである。[ja.wikipedia.org]

  • グルカゴン産生腫瘍

    更に低アミノ酸血症の関与が指摘されている壊死性移動性紅斑も特徴的な皮膚病変です。 治療法 基本的に腫瘍を摘出する手術が実施されます。しかし現実的には切除できないケースが多くなっています。ただし、本疾患は進行速度も遅く、化学療法や対症療法などでも延命治療が可能となっています。[lalso.com] 症状 糖尿病やアミノ酸血症、壊死性移動性紅斑である皮膚病変が主症状です。糖尿病の症状はインスリン分泌に影響されるものではなく、グルカゴン作用によって引き起こされると言われており、二次性の糖尿病となります。低アミノ酸血症はほとんどのケースで見られ、他の症状が強く出ていなくても低アミノ酸血症だけは明らかに出現していたとする症例も見られます。[lalso.com]

  • クッシング症候群
  • アスペルギルス症

    血管内に進入した場合、口蓋または歯肉の潰瘍化、血栓や出血性壊死など。 皮膚感染は手術創に発生することが殆どで、急速な組織壊死を起こす。 中枢神経系感染は脳膿瘍を呈し、全身播種性感染の部分症である。副鼻腔からの直接感染は少ない。 画像検査、組織病理検査(生検)、検体の染色および培養等による。[ja.wikipedia.org]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    この場合は腹痛(intestinal angina)やLivedo疹、多発性単神経炎、皮膚壊死、失明、脈なし、筋肉痛、卵巣痛、睾丸痛、頭痛が起こることが知られている。 この場合は紫斑(紅斑と異なり圧迫しても消えない)、喀血、動脈瘤、下血、糸球体腎炎(血尿)が起こることが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 先天性プロテインC欠乏症
  • スケドスポリウム感染症
  • ムコール症
  • 連圏状ひ糠疹

    マルファン症候群(Marfan症候群) 骨形成不全症 サルコイドーシス 環状肉芽腫 異物肉芽腫 肉芽腫性口唇炎 リポイド類壊死症 Weber-Christian病 全身性エリテマトーデス(SLE) 皮膚エリテマトーデス(DLE) 深在性エリテマトーデス 抗リン脂質抗体症候群 シェーグレン症候群(SjS) 皮膚筋炎(DM) 全身性強皮症(SSc[ja.wikipedia.org] ) 限局性強皮症 混合性結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節性多発動脈炎(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ[ja.wikipedia.org] 球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿皮症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病(旧称:らい病) 水痘 帯状疱疹 単純ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス[ja.wikipedia.org]

さらなる症状