Create issue ticket

考えれる172県の原因 皮膚リーシュマニア症

  • リーシュマニア症

    内臓リーシュマニア、粘膜リーシュマニア、播種性皮膚リーシュマニア、そして皮膚リーシュマニアという種類があり、内臓リーシュマニアは カラアザール とも呼ばれ、時に命に関わります。その他のリーシュマニアは、皮膚や粘膜に症状が出ますが、命に別状はありません。 皮膚リーシュマニアは最もよく見られるリーシュマニアで、パキスタンの風土病です。[msf.or.jp] *** 皮膚リーシュマニアについて: 皮膚リーシュマニア (CL) は死に至る病気ではありませんが、蔓延する地域において甚大な影響をもたらしています。罹患で生じる醜い瘢痕は偏見や差別を生み、社会からの排除や教育の中断、経済的な損失をも引き起こし、更なる貧困を導きます。[dndijapan.org] リーシュマニアには大きく分けて内臓型と皮膚型がある。皮膚型にはさらに散在性のものや粘膜へ拡大するものが知られている。 内臓リーシュマニアは、感染後数か月から数年たってから、発熱、肝臓や脾臓の腫大と貧血といった症状が出て、放置すれば死に至る。脾臓の肥大は極めて特徴的であり、肝臓よりも大きくなる場合がある。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚リーシュマニア症

    近年,日本企業やNGOの海外での活躍あるいは国際協力による政府関係者の渡航増加に伴って,リーシュマニア侵淫地である赴任国の僻地で罹患する症例が多くなってきた。わが国では1980年以降少なくとも22例の皮膚リーシュマニアが報告されている。多くがこのような企業戦士が感染した輸入症例である。[idsc.niid.go.jp] 内臓リーシュマニア、粘膜リーシュマニア、播種性皮膚リーシュマニア、そして皮膚リーシュマニアという種類があり、内臓リーシュマニアは カラアザール とも呼ばれ、時に命に関わります。その他のリーシュマニアは、皮膚や粘膜に症状が出ますが、命に別状はありません。 皮膚リーシュマニアは最もよく見られるリーシュマニアで、パキスタンの風土病です。[msf.or.jp] *** 皮膚リーシュマニアについて: 皮膚リーシュマニア (CL) は死に至る病気ではありませんが、蔓延する地域において甚大な影響をもたらしています。罹患で生じる醜い瘢痕は偏見や差別を生み、社会からの排除や教育の中断、経済的な損失をも引き起こし、更なる貧困を導きます。[dndijapan.org]

  • サシチョウバエ熱

    粘膜皮膚リーシュマニア 特定のタイプの原虫(主にビアーニア亜属のリーシュマニア)感染により発症した皮膚リーシュマニアから感染マクロファージが、鼻や口腔内、咽頭に転移することで発症します。皮膚リーシュマニアを放置し、治療が不十分な場合には、何年も経ってから粘膜皮膚リーシュマニアを発症します。[atm.eisai.co.jp] 国境なき医師団(MSF)は パキスタン のペシャワール市で、皮膚リーシュマニアの患者を治療している。 数少ない皮膚リーシュマニアの治療センター ペシャワールの治療センターには多くの患者が訪れている  Laurie Bonnaud/MSF 皮膚リーシュマニアは顧みられない熱帯病の1つで、パキスタンで流行を繰り返している風土病だ。[msf.or.jp] 原虫の種によって症状にかなりの差があり、ヒトでは主に 内臓リーシュマニア (カラアザール・黒熱病・ダムダム熱)と 皮膚リーシュマニア (東洋瘤腫・エスプンディア・チクレロ潰瘍)とに分類される。[ja.wikipedia.org]

  • 旅行者下痢

    リーシュマニア スナバエ(サシチョウバエ)に刺されることによって媒介する病気。媒介される原虫により、内蔵リーシュマニア(Leishmania donovani原虫)、皮膚リーシュマニア(Leishmania tropica原虫)、皮膚粘膜リーシュマニア(Leishmania braziliensis他3種原虫)と多彩な病状になる。[in.emb-japan.go.jp] Rajasthan地方には皮膚リーシュマニアの報告があります。これは感染後潜伏期1 数ヶ月を経て皮膚に丘疹・結節、痛みの無い潰瘍(無痛性潰瘍)ができて、その周囲リンパ節が腫れてきます。約一年で瘢痕を残して治癒します。 6. ペスト インドでは1994年9月から10月にかけて、事の真偽はともかく「ペスト」騒ぎで大パニックになりました。[in.emb-japan.go.jp]

  • 微胞子虫症

    NBRCの取り組み ネグレリア 、 アカントアメーバ 、 アメーバ赤痢 、 マラリア 、 アフリカ睡眠病 、 シャガス病 、 カラザール 、 皮膚リーシュマニア 、 ジアルジア症 、 クリプトスポリジウム症 、 トキソプラズマ症 、 トリコモナス症 、 イソスポーラ症 、 サイクロスポーラ症 、 肉胞子虫症 、 バランチジウム症 、[tm.nagasaki-u.ac.jp]

  • 結核性ゴム腫

    感染 寄生虫 : 住血吸虫 、内臓および皮膚 リーシュマニア 、 アメーバ赤痢 、 内臓幼虫移行症 、 回虫症 細菌 : 腸チフス 、 ブルセラ症 、 野兎病 、 リステリア症 、 エルシニア症 、 アクチノマイセス症 、 猫ひっかき病 、 心内膜炎 、 ウィップル病 、 ノカルジア症 、腹部 膿瘍 マイコバクテリウム属 : 結核 、[ja.wikipedia.org] B55.0 - 内臓リーシュマニア B55.1 - 皮膚リーシュマニア B55.2 - 皮膚粘膜リーシュマニア B55.9 - リーシュマニア症,詳細不明 B56 - アフリカ トリパノソーマ症 B56.0 - ガンビア トリパノソーマ症 B56.1 - ローデシア トリパノソーマ症 B56.9 - アフリカ トリパノソーマ症,詳細不明[medicalware.org] マラリア,その他の合併症を伴うもの B52.9 - 四日熱マラリア,合併症を伴わないもの B53 - その他の寄生虫学的に確認されたマラリア B53.0 - 卵形マラリア B53.1 - サルマラリア原虫によるマラリア B53.8 - その他の寄生虫学的に確認されたマラリア,他に分類されないもの B54 - 詳細不明のマラリア B55 - リーシュマニア[medicalware.org]

  • 連圏状ひ糠疹

    カンジダ 癜風 マラセチア毛包炎 スポロトリコーシス クロモミコーシス 疥癬 ツツガムシ病 ライム病 毛じらみ症 頭じらみ症 リーシュマニア症 表皮母斑 脂腺母斑 色素性母斑(ほくろ) 青色母斑 蒙古斑 血管腫(ポートワイン母斑・苺状血管腫) 貧血母斑 リンパ管腫 胼胝(たこ) 鶏眼(うおのめ) 色素性母斑(ほくろ) 汗管腫 尋常性白斑([ja.wikipedia.org] 帯状疱疹 単純ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染性単核球症(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染性軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚[ja.wikipedia.org]

  • 鼻中隔潰瘍

    English version is not available 皮膚・粘膜リーシュマニアの症状と診断 皮膚リーシュマニア 旧世界の皮膚リーシュマニア(ICD 085.1. 085.2.) L.tropica, L.major, L.infantum, L.aethiopica の4種のリーシュマニアが明らかになっている。[amda.or.jp] 皮膚型、皮膚粘膜型リーシュマニアの診断 鑑別診断 皮膚リーシュマニアの多様な病変は幾多の皮膚病と類似している。せつ、異物反応性肉芽、エキツィーマ、真菌性細菌性潰瘍、Hansen氏病、サルコイドーシス、狼そう、真菌症、皮膚の良性と悪性の腫瘍がそれらである。[amda.or.jp] L.braziliensis に因る一次性皮膚病変 :その重症度から他種で惹起される皮膚リーシュマニアとは区別される。リンパ系に広がり、粘膜に病変を作り、慢性化して、晩期には二次病変が現われる。 びまん性皮膚リーシュマニア( ICD 0.85.4.)[amda.or.jp]

  • 肺形質細胞肉芽腫

    感染 寄生虫 : 住血吸虫 、内臓および皮膚 リーシュマニア 、 アメーバ赤痢 、 内臓幼虫移行症 、 回虫症 細菌 : 腸チフス 、 ブルセラ症 、 野兎病 、 リステリア症 、 エルシニア症 、 アクチノマイセス症 、 猫ひっかき病 、 心内膜炎 、 ウィップル病 、 ノカルジア症 、腹部 膿瘍 マイコバクテリウム属 : 結核 、[ja.wikipedia.org]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    B551 皮膚リーシュマニア B552 皮膚粘膜リーシュマニア B559 リーシュマニア症,詳細不明 B560 ガンビア トリパノソーマ症 B561 ローデシア トリパノソーマ症 B569 アフリカ トリパノソーマ症,詳細不明 B570 急性シャガス〈Chagas〉病,心障害を伴うもの B571 急性シャガス〈Chagas〉病,心障害[e-stat.go.jp] B520 四日熱マラリア,腎症〈ネフロパシー〉を伴うもの B528 四日熱マラリア,その他の合併症を伴うもの B529 四日熱マラリア,合併症を伴わないもの B530 卵形マラリア B531 サルマラリア原虫によるマラリア B538 その他の寄生虫学的に確認されたマラリア,他に分類されないもの B54 詳細不明のマラリア B550 内臓リーシュマニア[e-stat.go.jp]

さらなる症状