Create issue ticket

考えれる25県の原因 皮膚の兆候

  • クロンカイト・カナダ症候群

    クロンカイト・カナダ症候群(-しょうこうぐん、英: Cronkhite–Canada syndrome)とは主に胃、大腸、小腸に100個以上のポリープ(ポリポーシス)が発生する疾患のこと。非遺伝性疾患である。1955年に疾患として独立した。 アメリカの内科医Leonard・Cronkhite・Jrと放射線科医Wilma・Jeanne・Canadaにより報告された。非遺伝性で中年以降に発症、男性に多い。 ストレスや内服といった外因による発症が多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • ガードナー症候群
  • 皮膚白血球破砕性血管炎
  • 結節性多発動脈炎

    結節性多発動脈炎 (けっせつせいたはつどうみゃくえん、 Polyarteritis nodosa ; PN または PAN )は全身性の炎症性疾患である。 血管炎 の一つであるが、中でも最も古くから知られており代表的な疾患である。 概念 [ 編集 ] 原因は不明だが、血管に炎症がおこる慢性疾患である。血管は人体の全身に分布しているので、必然的に全身疾患となる。 血管炎 というものはいずれも特定のサイズの血管のみを傷害することが知られているが、本症は中小動脈を特異的におかす疾患である。 歴史 [ 編集 ] 本症の発見の歴史は有名である。19世紀、西洋医学界は死亡例の 剖検[…][ja.wikipedia.org]

  • 骨髄性プロトポルフィリン症
  • 有毛細胞白血病

    有毛細胞白血病(ゆうもうさいぼうはっけつびょう、英: Hairy cell leukemia)とは、B細胞由来の白血病で、周囲に毛様の突起を出す白血細胞を特徴とする疾患である。 全身倦怠感、発熱、食欲不振、脾腫(80 90%)、肝腫大(30 40%)、皮下出血、点状出血を認め、慢性に経過し、汎血球減少を呈し、骨髄はdry tapとなる。 高齢者(平均60代)、男性(男女比1 1.5:1)に多く、欧米に対し日本人では稀な疾患である。 CD11c、CD19、CD20、CD25陽性。骨髄ではびまん性のhairy cellの浸潤、特徴的な蜂巣様組織像、繊維化が見られる。 クラリビン(代謝拮抗薬)が有効。 白血病[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚血管炎
  • 後天性表皮水疱症
  • 強皮症

    爪上皮の点状出血は皮膚筋炎でもみられる兆候である。皮膚硬化病変は、手の指の先端からはじまり次第に体の中心に向かってゆき、皮膚の硬化が体幹にまで至らないのが限局型である。最初は皮膚は浮腫状にはれあがり「ソーセージ状の指」などと呼ばれ、次第にやわらかさが消え、硬くなり、逆に萎縮がみられてゆく。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状