Create issue ticket

考えれる323県の原因 皮下腫瘤

  • 癤腫症

    粉瘤 : 皮膚の新陳代謝でできた老廃物がうまく排出されないで、化したものです。比較的硬い表面平滑な球形の皮下に触れるのが特徴で、悪性疾患でないか?と思われて来院する方も少なくありません。感以外の症状もない場合は経過をみることもありますが、増大して来たり、また感染が生じて痛んだりすると、局所麻酔下で摘出とします。[ikegami-lc.com]

  • 滑液包炎

    症状:関節付近に炎症を引き起こし、そこに液体が溜まり皮膚を押し上げて膨隆してきます。 多く見られるのは外反母趾などで見られる足の指の付け根に発症する滑液包炎です。 外反母趾以外には、肘後方の肘頭膝蓋骨の前面、くるぶし付近などもあります。 肩関節の滑液包は石灰沈着を起こし、石灰化滑液包炎(せっかいかかつえきほうえん)とよばれとても激しい痛みで方を上げるのが困難になるほどです。 ベーカーのう腫は変形性関節症や関節リウマチに併発することがあります。 ベーカーのう腫は膝関節の後方、膝窩部(しっかぶ)のことろが大きく膨隆することをいいます。 ガングリオンは手関節や背側に多く発生します。[…][sukoyaka-chiryouin.jp]

  • 皮下膿瘍
  • 皮膚癌

    皮膚・皮下良性腫瘍 黒子(ほくろ) 粉(アテローム) 脂漏性角化症 黄色 脂肪腫 ガングリオン 皮膚悪性腫瘍 皮膚・皮下良性腫瘍 黒子(ほくろ) 褐色から黒褐色をしていて、形はたいらなものから、膨隆したものまであります。治療は切り取ってしまうのがベストです。 粉瘤(アテローム) 皮膚の一部が陥凹して袋状になったものです。[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    所属リンパ節に転移しやすく、受診時既に硬い皮下を触れることがあります。 3_悪性黒色腫 成人以後になって気付かれる色素性病変であることが多く、当初は隆起しない斑状皮疹で変化も目立たないことが多いのですが、後には拡大、隆起し結節状病変を生じてきます。さらに進行するとびらん、潰瘍化してきます。[uwajima-mh.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 処方理由 この薬に関連した記事 (日経メディカル Online内) もっと見る 添付文書 効果・効能 (添付文書全文) 盲腸部に急性の痛み又は盲腸部に慢性の痛みがあるもの、あるいは月経痛のあるもの。 用法・用量 (添付文書全文) 1日6.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。 副作用 (添付文書全文) 簡潔に見る 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。 消化器:(頻度不明)胃部不快感、下痢等。 使用上の注意 (添付文書全文) 簡潔に見る (重要な基本的注意)[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 脂肪腫

    神経鞘は表面平滑な腫瘍で、被膜を切開して神経線維を残し、腫瘍部分のみを摘出(核出術)します。 6) 皮下にできる 皮下にできるで、可動性がみられても硬い腫瘤は注意が必要で、3cm以上のものは局所麻酔で針生検をする必要があります。ただし、針生検の後は20分間ほどの安静が必要です。[joa.or.jp] まあ、まだ書いていきますが、皮下腫瘍には本当に沢山の種類があるのですね。 今日は日常の外来でよく出会う皮下であるガングリオンについて書いておきたいと思います。 ガングリオンは良性の腫瘍です。[higashiyama-clinic.jp] 2) 類表皮嚢胞 類表皮嚢胞は新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が皮膚や皮下に溜まる嚢胞性病変です。感染すると傷はなかなか閉鎖しません。 MRI: 右大腿外側の皮下で、類表皮嚢胞です。[joa.or.jp]

  • 腱鞘巨細胞腫瘍

    症状 [ 編集 ] 手指の無痛性皮下として発症する。緩徐な発育を示し医師の診察を受けるまでに数年を経ていることが一般的である。年余に渡り大きさに変化がない例もある。外傷との既往を訴える患者もいるが、発生部位が手指周辺であるので受傷との因果関係は偶然のことが多い。[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

さらなる症状