Create issue ticket

考えれる10県の原因 皮下脂肪数増加

  • 毛様体扁平部炎

    、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎 その他 発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子及びその運動性の増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化 注1)症状があらわれた場合には投与を中止すること。[kegg.jp] 腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、腸管嚢胞様気腫症 呼吸器 縦隔気腫 精神神経系 多幸症、不眠、頭痛、めまい、易刺激性 筋・骨格 筋肉痛、関節痛 脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝 体液・電解質 浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス 眼 網膜障害、眼球突出 血液 白血球増多 皮膚 ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血[kegg.jp]

  • 中心性漿液性網脈絡膜症

    、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎 その他 発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子及びその運動性の増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化 注1)症状があらわれた場合には投与を中止すること。[kegg.jp] 腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、腸管嚢胞様気腫症 呼吸器 縦隔気腫 精神神経系 多幸症、不眠、頭痛、めまい、易刺激性 筋・骨格 筋肉痛、関節痛 脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝 体液・電解質 浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス 眼 網膜障害、眼球突出 血液 白血球増多 皮膚 ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血[kegg.jp]

  • ステロイド離脱症候群

    ,紫斑,線条,そう痒,発汗異常,顔面紅斑,脂肪織炎 その他 発熱,疲労感,ステロイド腎症,体重増加,精子及びその運動性の増減,尿路結石,創傷治癒障害,皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化 注1:症状があらわれた場合には投与を中止すること。[kegg.jp] 腹部膨満感,口渇,食欲不振,食欲亢進,腸管嚢胞様気腫症 呼吸器 縦隔気腫 精神神経系 多幸症,不眠,頭痛,めまい,易刺激性 筋・骨格 筋肉痛,関節痛 脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌,野牛肩,窒素負平衡,脂肪肝 体液・電解質 浮腫,血圧上昇,低カリウム性アルカローシス 眼 網膜障害,眼球突出 血液 白血球増多 皮膚 ざ瘡,多毛,脱毛,色素沈着,皮下溢血[kegg.jp]

  • ペグビソマント

    その他の副作用 3%以上 1%〜3%未満 1%未満 頻度不明 注) 過敏症 アナフィラキシー様反応 血液 出血傾向 白血球増加症、血小板減少、白血球減少 代謝異常 糖尿病、低血糖症、限局性皮下脂肪貯留、グリコヘモグロビン増加、血中コレステロール増加、血中トリグリセリド増加 高脂血症、血中ブドウ糖増加、肥満 精神・神経系 頭痛 振戦、浮動性[kegg.jp] その他の副作用 * 過敏症 (頻度不明 注) ) アナフィラキシー様反応 血液 (1%〜3%未満) 出血傾向 血液 (1%未満) 白血球増加症、血小板減少、白血球減少 代謝異常 (1%〜3%未満) 糖尿病、低血糖症、限局性皮下脂肪貯留、グリコヘモグロビン増加、血中コレステロール増加、血中トリグリセリド増加 代謝異常 (1%未満) 高脂血症[meds.qlifepro.com]

  • 原発性線毛機能不全-色素性網膜炎症候群

    11).皮膚:(頻度不明)ざ瘡、多毛、脱毛、皮膚色素沈着、皮下溢血、紫斑、皮膚線条、皮膚そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎。 12).その他:(頻度不明)発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子増減及び精子運動性増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・皮膚脆弱化・結合組織菲薄化・結合組織脆弱化。[medical.nikkeibp.co.jp] 、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎 その他 発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子及びその運動性の増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化 注1)症状があらわれた場合には投与を中止すること。[kegg.jp] 、 紫斑 、 皮膚線条 、 皮膚そう痒 、 発汗異常 、 顔面紅斑 、 脂肪織炎 、 発熱 、 疲労感 、 ステロイド腎症 、 体重増加 、 精子増減 、 精子運動性増減 、 尿路結石 、 創傷治癒障害 、 皮膚菲薄化 、 皮膚脆弱化 、 結合組織菲薄化 、 結合組織脆弱化 処方理由 経口ステロイド この薬をファーストチョイスする理由([medical.nikkeibp.co.jp]

  • 線状皮膚障害症候群がある小眼球症

    11).皮膚:(頻度不明)ざ瘡、多毛、脱毛、皮膚色素沈着、皮下溢血、紫斑、皮膚線条、皮膚そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎。 12).その他:(頻度不明)発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子増減及び精子運動性増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・皮膚脆弱化・結合組織菲薄化・結合組織脆弱化。[medical.nikkeibp.co.jp] 、 紫斑 、 皮膚線条 、 皮膚そう痒 、 発汗異常 、 顔面紅斑 、 脂肪織炎 、 発熱 、 疲労感 、 ステロイド腎症 、 体重増加 、 精子増減 、 精子運動性増減 、 尿路結石 、 創傷治癒障害 、 皮膚菲薄化 、 皮膚脆弱化 、 結合組織菲薄化 、 結合組織脆弱化 処方理由 経口ステロイド この薬をファーストチョイスする理由([medical.nikkeibp.co.jp] 口渇 、 食欲不振 、 食欲亢進 、 腸管嚢胞様気腫症 、 縦隔気腫 、 多幸症 、 不眠 、 頭痛 、 眩暈 、 易刺激性 、 筋肉痛 、 関節痛 、 野牛肩 、 窒素負平衡 、 脂肪肝 、 浮腫 、 血圧上昇 、 低カリウム性アルカローシス 、 網膜障害 、 眼球突出 、 白血球増多 、 ざ瘡 、 多毛 、 脱毛 、 皮膚色素沈着 、 皮下溢血[medical.nikkeibp.co.jp]

  • ホシノプリル

    過剰な脂肪蓄積は、脂肪組織細胞の増加(過形成)はもちろんサイズの増大(肥大)にも関連する。肥満とは、絶体体重、体重:身長比、皮下脂肪の配分そして社会的基準や美的基準の観点からいろいろ判断される。体脂肪の一般的基準は、肥満度指数(BMI)である。BMIは、身長(mで表示)の二乗に対する体重(kgで表示)の比で示される。[ipforce.jp]

  • 神経腸管嚢腫

    いっ血、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎等 その他 発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子及びその運動性の増減、創傷治癒障害、皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化、しゃっくり 注)症状があらわれた場合には投与を中止すること。[kegg.jp] 精神神経系 多幸症、不眠、頭痛、めまい等 投与部位 局所的刺激症状(排便感増強、熱感等) 筋・骨格 筋肉痛、関節痛等 脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝等 体液・電解質 浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス等 眼 中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害、眼球突出等 血液 白血球増多等 皮膚 ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下[kegg.jp]

  • コハク酸酸血症

    、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎 その他 発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子及びその運動性の増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚・結合組織の菲薄化・脆弱化 注1)症状があらわれた場合には投与を中止すること。[kegg.jp] 下痢、悪心・嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進 精神神経系 多幸症、不眠、頭痛、めまい、易刺激性 筋・骨格 筋肉痛、関節痛 脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝 体液・電解質 浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス 眼 網膜障害、眼球突出 血液 白血球増多 皮膚 ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血[kegg.jp]

  • 新生児湿疹と腸疾患

    10).皮膚:(頻度不明)ざ瘡、多毛、脱毛、皮膚色素沈着、皮下溢血、紫斑、皮膚線条、皮膚そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎。 11).その他:(頻度不明)発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子増減及び精子運動性増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚菲薄化・皮膚脆弱化・結合組織菲薄化・結合組織脆弱化。[medical.nikkeibp.co.jp] 、 紫斑 、 皮膚線条 、 皮膚そう痒 、 発汗異常 、 顔面紅斑 、 脂肪織炎 、 発熱 、 疲労感 、 ステロイド腎症 、 体重増加 、 精子増減 、 精子運動性増減 、 尿路結石 、 創傷治癒障害 、 皮膚菲薄化 、 皮膚脆弱化 、 結合組織菲薄化 、 結合組織脆弱化 処方理由 この薬に関連した記事 (日経メディカル Online[medical.nikkeibp.co.jp] 胸やけ 、 腹部膨満感 、 口渇 、 食欲不振 、 食欲亢進 、 多幸症 、 不眠 、 頭痛 、 眩暈 、 易刺激性 、 筋肉痛 、 関節痛 、 満月様顔貌 、 野牛肩 、 窒素負平衡 、 脂肪肝 、 血圧上昇 、 低カリウム性アルカローシス 、 網膜障害 、 眼球突出 、 白血球増多 、 ざ瘡 、 多毛 、 脱毛 、 皮膚色素沈着 、 皮下溢血[medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状