Create issue ticket

考えれる33県の原因 皮下注射

  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12製剤の皮下注射、経口投与。 ビタミンB12 メルクマニュアル Pacholok, Sally M.; Stuart, Jeffrey J. (2011). Could It Be B12?: An Epidemic of Misdiagnoses. Fresno, CA: Linden Publishing.[ja.wikipedia.org]

  • 過敏症

    をはじめとするアレルギー性鼻炎はI型アレルギーの典型的な疾患であり,生活習慣病としての慢性疾患でもある.治癒が難しいかわりに,重症化してもQOLの低下を生じるのみである.鼻アレルギー診療ガイドラインにおける治療のコントロールが目標であるが,理想的な最も治癒に近い治療方法は抗原特異的免疫療法(SCIT)である.SCITは1911年にNoonが皮下注射[web.archive.org]

  • 骨粗鬆症

    皮下注射であるためコンプライアンスでは短所があるが、骨量増加作用は上記の薬剤と比較して最も高い。商品名「フォルテオ」「テリボン」の2剤が製品化されている。フォルテオは毎日1回の在宅自己注射(皮下注射)で、テリボンは週1回の通勤での皮下注射となる。骨折や骨壊死の治癒促進効果があるが、嘔気などの消化器症状が出やすい。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    1型糖尿病においては分泌できなくなったインスリンを補う他ないため、早期から一生涯インスリン治療(各種インスリン製剤の皮下注射)を行う。 2型糖尿病に対しては様々なパターンの治療が行われる。 まずは食事療法と運動療法が行われる。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    […] s.c 皮下注射を意味する略語で、カルテに記入する際に使われる。 Subcutaneous (Injection)の略であり、scと記されることもある。 【使い方の例】ノボラピッド 20単位 s.c カルテに使われる言葉としては、他にn.p.やdoなどがある。 sc s.cとも書く。[job.nikken-mc.jp] カルテ等に使われる医療業界の略語で、皮下注射を意味する。 【使い方の例】ノボラピッド 20単位 s.c カルテに使われる言葉には他に、n/p、s/oなどがある。 sol 溶液を意味する医療現場の略語。溶液を意味する英語、Solutionに由来する。 医療現場で使われる略語には他に、s/oやIV、doなどがある。[job.nikken-mc.jp]

  • 乾癬

    アダリムマブは自己注射の薬で2週間に1回皮下へ自己注射します。この両者では、まれに重い感染症(肺炎など)が発症すること、投与するとまれにアレルギー反応を起こす人がいることが注意すべき副作用となります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] ウステキヌマブには点滴と皮下注射がありますが、乾癬性関節炎には皮下注射を使います。投与間隔は最初だけ1ヶ月の間隔で投与する以降は3ヶ月に1回ごとの注射になります。重篤な副作用としてアナフィラキシー、感染症、肝障害などが報告されています。 セクキヌマブ、イキセキズマブ、ブロダルマブはIL-17の働きを抑える薬です。[kompas.hosp.keio.ac.jp] いずれも皮下注射の薬です。投与間隔は製剤ごとに異なり、ローディング後にはセクキヌマブ、イキセキズマブは4週間隔、ブロダルマブは2週間隔で注射します。重篤な副作用としてアナフィラキシー、感染症、肝障害、好中球減少などが報告されています。 アプレミラストはPDE4を標的とした治療薬です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 肺炎レンサ球菌

    7か月齢以上12か月齢未満(接種もれ者) ・初回免疫:1回0.5mLずつを2回、27日間以上の間隔で皮下注射する。 ・追加免疫:1回0.5mLを1回、2回目の接種後60日間以上の間隔で、12か月齢以降、皮下注射する。 12か月齢以上24か月齢未満(接種もれ者) ・1回0.5mLずつを2回、60日間以上の間隔で皮下注射する。[pfizer.co.jp] 筋肉注射あるいは皮下注射で投与されます。23価ポリサッカライド-ワクチンについては、日本でも市販されています。ポリサッカライド-ワクチンは、2歳未満の乳幼児では、接種によって有効な免疫を作ることができないため、2歳未満の乳幼児は接種対象とはなりません。[city.yokohama.lg.jp] または筋肉内注射を行う。[nih.go.jp]

  • 感染した皮脂嚢胞
  • 多巣性運動ニューロパチー

    静脈注射が一般的であるが皮下注射の有効性も報告されている。一部の患者では治療により筋力が回復し、その後長期にわたり症状が安定するが多くの患者では長期の反復投与を必要とし、完全に進行を抑えるのは困難である。免疫抑制剤の併用も考慮されるが明確なエビデンスを示したものはない。[ja.wikipedia.org]

  • 脱髄疾患

    インターフェロンβ1aは週1回筋肉注射、インターフェロンβ1bは隔日皮下注射を行います。はっきりした使い分けはありません。インターフェロンβ1aの効きが悪ければ1bを使うこともありますし、逆もありえます。 インターフェロンβの投与により、長期予後の改善が見込まれます。[medley.life]

さらなる症状