Create issue ticket

考えれる16県の原因 白面

  • 日光角化症

    Solar Keratosis 解説:中川 浩一 ( 富田林病院 皮膚科部長) 日光角化症はこんな病気 日光角化症は、その名のとおり紫外線に当たりやすい顔面やうなじ、手の甲などの部位に発症しやすい皮膚がんの一つです。薄紅色、褐色をした斑状のもので、表面は「ザラザラ」しているのが特徴です。 長い間、紫外線を浴びると発症しやすいといわれており、高齢者に多くみられます。オゾン層の減少に伴い、地上に紫外線が大量に降り注ぐようになって急激に増えています。[…][saiseikai.or.jp]

  • 日焼け

    抄録 太陽紫外線の特性,それにより引き起こされるさまざまな皮膚反応,その防御技術と防御効果評価法など,紫外線と皮膚とのかかわりについての簡単な解説を試みた。 地表に到達する紫外線の波長範囲は290[…][doi.org]

  • 皮膚癌

    馬偕紀念醫院皮膚科 吳育弘醫師 在網路上偶而會看到民眾發問,自己、朋友或親人得到皮膚癌怎麼辦? 有些人的描述聽起來很嚇人,其實大家不必太過害怕,皮膚癌有預防的方法,也有自我檢查的方式,如果真的不幸得到,只要早期治療,大多數都可以有效的治癒。至於治療的方式與皮膚癌的種類有關,因此在這裡簡單為民眾介紹。首先讓我們來看看皮膚癌在國人的發生率。 皮膚癌在台灣的發生率[…][mmh.org.tw]

  • 基底細胞癌

    この項目では、重層扁平上皮から生じる 癌 の一種について説明しています。 唾液腺 などの腺組織から生じる、基底細胞に似た癌細胞からなる腫瘍については「 基底細胞腺癌 」をご覧ください。 基底細胞癌 (きていさいぼうがん basal cell carcinoma)は、重層扁平上皮(特に 皮膚 の 表皮 )から生じる病変の 組織型 のひとつである。多くの医学者はその名のとおり 悪性腫瘍 (ただし低悪性度のもの)であると考えている。 皮膚以外の 器官 の重層扁平上皮から生じる同様の腫瘍は、 類基底細胞癌 (basaloid cell carcinoma)と呼ばれることがある。 皮膚の基底細胞癌 [ 編集[…][ja.wikipedia.org]

  • 皮膚の扁平上皮癌

    Home » 健康情報 » 健康一口メモ一覧 » No.182 「皮膚がん」 No.182 「皮膚がん」 » 健康一口メモ一覧 2014年02月発信 高齢化に伴って、皮膚がんの患者さんが増加しています。皮膚がんには様々な種類がありますが、代表的なものとして、メラノーマ(悪性黒色腫、ホクロのがん)、扁平上皮がん、基底細胞がんが挙げられます。いずれも高齢者に発症しやすいのですが、メラノーマは若い人にもみられます。命にかかわる悪性度はメラノーマが一番高く、次に扁平上皮がん、基底細胞がん、の順となります。[…][kakogawa.hyogo.med.or.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 悪性黒色腫

    基礎知識 検査 治療 療養 更新・確認日:2017年07月24日 [ 履歴 ] 履歴 2017年07月24日 「5.統計」を更新しました。4タブ形式に変更しました。 2016年03月24日 タブ形式への移行と、「皮膚悪性腫瘍取扱い規約 第2版(2010年)」「科学的根拠に基づく皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン 第2版(2015年)」より、内容の更新をしました。 2006年10月01日 内容を更新しました。 1996年04月02日 掲載しました。 診療の流れ、セカンドオピニオンなど、本格的に治療を始める前に知っておいていただきたい情報については「 治療にあたって 」をご参照ください。 1.皮膚について[…][ganjoho.jp]

  • 肺結核

    肺結核の話 呼吸器科科長 座安 清 肺結核と聞いても今の若い人にとってはなじみがない病気と考えられます。高齢者にとってはかつて肺病と言われて恐れられた病気です。宮城県の結核罹患率は結核の統計2007によると全国で2番目に低く、東北全体も東京や大阪に比べてはるかに低い結核罹患率であります。しかし米国と比較するとまだ3倍も高い状態です。また高齢者の結核の割合は年々増加しており、結核に対して免疫がない若年者に感染するという事態が今後増加すると考えられます。[…][minamitohoku.jp]

  • リウマチ性心疾患

    (IASR Vol. 36 p. 160: 2015年 8月号 ) リウマチ熱は、A群溶血性レンサ球菌(GAS)による咽頭炎に続発する非感染性の免疫性疾患である。好発年齢は5 15歳の小児で、咽頭炎が適切に治療されなかった場合、2 3週後に発症する。菌体に対する抗体と心臓、神経、滑膜組織との交差反応が病因であり、心炎、関節炎、舞踏病などが主症状である。このうち特に心炎は感染性心内膜炎、脳卒中、心不全などの後遺症の原因となる。リウマチ熱はペニシリンで予防できることが示されており、咽頭炎の発症から遅くとも9日以内の開始が推奨されている。リウマチ熱は米国本土では20世紀後半にかけて0.04[…][niid.go.jp]

  • 高フェニルアラニン血症

さらなる症状