Create issue ticket

考えれる27県の原因 白質拡散 異常

  • 脱髄疾患

    拡散能低下病変群 変性症の代表的病態である脱髄 (demyelination)、大脳白質形成不全 (hypomyelination) いずれにおいても拡散を制限する髄鞘が減少し、細胞外水分が相対的に増加するためT2高信号、みかけの拡散係数(Apparent Diffusion Coefficient, ADC)高値を呈する。[plaza.umin.ac.jp] ADEM)、多発性硬化症(MS)、視神経脊髄炎(NMO)、vasculopathyとして遺伝性脳小血管病(CADASIL)、アテローム硬化症、アミロイド血管症、COL4A1関連脳小血管病、Fabry病、Susac症候群など、遺伝性疾患としてミトコンドリア症、L-2-hydroxyglutaric aciduria、ムコ多糖症(MPS)、染色体異常[plaza.umin.ac.jp]

  • てんかん

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は過誤腫である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • てんかん重積状態

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 大発作てんかん

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 全身性慢性または強直間代発作

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 進行性ミオクローヌス性てんかん 3型

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 良性家族性新生児てんかん

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • てんかん前兆

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 複雑部分発作

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 焦点運動発作

    その他に病側の嗅索、脳幹、小脳の腫大、血管の拡張や患側あるいは両側の小脳foliaの異常などが知られている。拡散テンソルトラクトグラフィでは両側側脳室前角間の異常の線維束が認められる。 皮質結節 その本態は 過誤腫 である。大脳皮質の脳回から皮質直下に位置する。髄鞘化が未発達な新生児や乳児ではいずれの画像でも高信号に認められる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状