Create issue ticket

考えれる98県の原因 白質の多発病変

  • 先天性筋ジストロフィー
  • 松果体嚢胞

    1)多発性脳梗塞 2)大脳・基底核部の多発性小病変 3)側脳室周囲の病変leuko‐araiosis 4)Binswanger病 I.特殊な原因による脳梗塞 1)全身性エリテマトーデス 2)Beh et病 3)Willis動脈輪閉塞症(モヤモヤ病) 4)ミトコンドリア脳筋症(MELAS) 5)抗リン脂質抗体症候群 6)子癇 3.くも[chugaiigaku.jp] による脳出血 1)脳動静脈奇形 2)海綿状血管腫 3)出血性梗塞 4)出血性素質に伴う脳出血 2.脳梗塞 1 A.脳梗塞の概説 1)臨床病型 2)臨床経過 B.CT所見 C.MRI所見 D.臨床病型の診断 E.閉塞脳動脈の診断 F.CT・MRI検査の役割 G.超急性期の画像所見 1)超急性期CT所見 2)MRI拡散強調画像 H.慢性の脳虚血性病変[chugaiigaku.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    (表1) 病型 血管性脳病変の種類 病変部位 血管病変 多発梗塞性認知症 (皮質性血管性認知症) 大中の完全軟化性病変 皮質と皮質下 太い脳血管の閉塞 小血管病変による認知症 a.多発ラクナ梗塞性認知症 b.Binswanger病 ラクナ梗塞と病変 ラクナ梗塞多発 大脳のび慢性脱髄小梗塞 視床、尾状核、白質連絡線維、前頭葉白質、[medicalnote.jp] その病変の広がりから、 A:広範な病変 あるいは 多発性病変 と B:局在性病変 に大別されます。 前者には 血栓性 あるいは 塞栓性 の大梗塞や多発性の皮質梗塞、多発性の皮 出血、 大脳のが主に傷害されるビンスワンガー型脳症、多発梗塞性 認知症などが含まれます。[health-net.or.jp] 脳血管性痴呆の病型 1、 広範な脳梗塞(脳血栓、脳塞栓) 2、 多発性皮質梗塞(主に脳塞栓) 3、 多発性皮質出血(おもにアミロイドアンギオパチー) 4、 進行性脳症 ビンスワンガー病 5、 多発脳硬塞性痴呆(大脳多発性小梗塞 ラクナを特徴とし、 病変がビンスワンガー病ほど広範ではないもの。)[park16.wakwak.com]

  • 前大脳動脈梗塞

    また、脳室周囲から放線冠にかけての大脳皮質下に、頭部MRIでほぼ左右対称の病変がみられます(虚血性病変)。多発性小窩状態と虚血性病変は、脳血管障害の重要な病型の一つですが、しばしば見過ごされることがあるので注意が必要です。症状は両側性であり、階段状に進行することが多いですが、緩徐進行性のこともあます。[lab.toho-u.ac.jp] Binswanger病 [ 編集 ] 病変を特徴とする脳血管性認知症として知られる。多発ラクナ梗塞性認知症とともに日本の脳血管性認知症の約半数を占める。皮質下血管性認知症に分類され、脳小血管病変を主因とする。[ja.wikipedia.org] MRIでは血管炎に船尾なって単発、または多発、灰白質の脳梗塞巣や出血巣が確認され、腫瘍状にみえることもある。また小血管炎の結果、白質病変が認められる。血管造影では小動脈の拡張、狭窄を示しビーズ状と称される。その他周辺の血管やそこからはずれた血管も不揃いで閉塞や途絶が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 動揺性高血圧

    その病変の広がりから、 A:広範な病変 あるいは 多発性病変 と B:局在性病変 に大別されます。 前者には 血栓性 あるいは 塞栓性 の大梗塞や多発性の皮質梗塞、多発性の皮 出血、 大脳のが主に傷害されるビンスワンガー型脳症、多発梗塞性 認知症などが含まれます。[health-net.or.jp] 表9 血管性認知症の分類 A:広範な病変あるいは多発性病変 B:局在性病変 (梗塞または出血) 1、大梗塞(血栓または塞栓) 2、多発性皮質梗塞(おもに脳塞栓による) 3、多発性皮質出血 (おもにアミロイドアンギオバチーによる) 4、進行性血管性脳症:ビンスワンガー型 (大脳半球の広範な虚血性病変を特徴とする) 5、多発梗塞性認知症[health-net.or.jp] (大脳、基底核などの 多発性 小梗塞を特徴とし、病変がビンスワンガ ー型 ほど広範ではない) 前頭葉、後頭葉、 側頭葉、視床、 海馬 1、血管性認知症の臨床症状の特徴 血管性認知症の臨床症状や経過には、アルツハイマー型認知症に比べていくつかの 特徴があるといわれています。[health-net.or.jp]

  • 多発性関節炎

    1868年 Morris (米)が下肢脱力で発症し運動障害、感覚障害、排尿障害などの症状が出現し、病理学的に頸髄と胸髄の灰病変多発していた症例を報告した。[shiga-med.ac.jp]

  • 眼球損傷

    しかし後者は多発性硬化症という、視神経以外の脊髄や大脳の(神経線維の集まり)にも病変が及び、しばしば軽快と悪化を繰り返すタイプの病気の一部になることもあります。[nichigan.or.jp] 一方、最近では、多発性硬化症や視神経炎の一部に自己抗体(本来は自分の組織には抗体はできないが、何らかの原因で免疫系が自分の組織なのに自己でないと判断して、自己抗体が作られることがあります。[nichigan.or.jp]

  • 脳血栓症

    Binswanger病 [ 編集 ] 病変を特徴とする脳血管性認知症として知られる。多発ラクナ梗塞性認知症とともに日本の脳血管性認知症の約半数を占める。皮質下血管性認知症に分類され、脳小血管病変を主因とする。[ja.wikipedia.org] MRIでは血管炎に船尾なって単発、または多発、灰白質の脳梗塞巣や出血巣が確認され、腫瘍状にみえることもある。また小血管炎の結果、白質病変が認められる。血管造影では小動脈の拡張、狭窄を示しビーズ状と称される。その他周辺の血管やそこからはずれた血管も不揃いで閉塞や途絶が認められる。[ja.wikipedia.org]

  • 内側性硬化症

    5 両側前頭葉 脳梁病変(Glioma) 第27回 2008年12月10日 1 在宅人工呼吸器管理を行った筋萎縮性側索硬化症 2 Fisher症候群(抗GQ1b抗体陽性) 3 多発性硬化症による脊髄半切症候群 4 Fisher症候群(抗GQ1b抗体陰性) 5 人工呼吸器管理を要した、ウイルス性脳炎 6 脳膿瘍 感染性脳動脈瘤を呈した、[numazu-hospital.shizuoka.jp] 抗AQP4抗体陽性者と比較して男性に多く若年であり、視神経炎と横断性脊髄炎を1ヶ月以内に続発することが多く、脊髄円錐部が障害されやすい、頭部MRIで病変を認めやすいといった特徴が知られている。[ja.wikipedia.org] 視神経脊髄炎再燃し、人工呼吸器管理を要した症例 第24回 2008年3月26日 1 髄腔内バクロフェン治療を施行した、弧発性痙性対麻痺 第26回 2008年10月8日 1 呼吸筋麻痺・嚥下障害で初診した、93歳重症筋無力症 2 帯状疱疹性脊髄炎 3 ステロイド・パルス療法が有効であった、脳血管炎疑い症例 4 M蛋白血症を伴う慢性炎症性脱髄性多発神経炎[numazu-hospital.shizuoka.jp]

  • 脱髄疾患

    多発病変群 2-7までの融合性病変に対し、多発性(散在性)病変を有する一群である。[plaza.umin.ac.jp] 1868年 Morris (米)が下肢脱力で発症し運動障害、感覚障害、排尿障害などの症状が出現し、病理学的に頸髄と胸髄の灰病変多発していた症例を報告した。[shiga-med.ac.jp] 脳血管性認知症は、多発性ラクナ梗塞や脳の病変で起こります。認知症以外に歩行障害(小刻み歩行)、易転倒性(転びやすい)や嚥下障害(飲み込みの障害)が見られます。高血圧・糖尿病・脂質異常症の治療や抗血栓療法を行います。[takamatsu-municipal-hospital.jp]

さらなる症状