Create issue ticket

考えれる27県の原因 白血赤芽球性貧血

つまり: 白血赤芽球性貧

  • 原発性骨髄線維症

    進行すると、造血不全、化を来す。原発骨髄線維症とほかの疾患に続発する2次性骨髄線維症に大別される。 貧血、末梢血への、骨髄芽球の出現、巨大脾腫などの所見がある場合は、骨髄線維症を鑑別疾患に挙げる。 骨髄生検を行い骨髄の広範な線維化を伴う巨核球の増殖と異形成、骨梁の増加を認めて確定する。[clinicalsup.jp] 病理組織学的所見 [ 編集 ] 末梢では貧血症と涙滴状赤血球が見られることが特徴である。貧血は正球正色素性貧血である。経過とともに貧血は強くなる。白血球は軽度の増加をしていることが多いが減少していることもある。血小板は初期には増加している事が多いが進行すると減少することが多い。血小板は機能的にも形態的にも異状が見られる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨髄線維症

    病理組織学的所見 [ 編集 ] 末梢では貧血症と涙滴状赤血球が見られることが特徴である。貧血は正球正色素性貧血である。経過とともに貧血は強くなる。白血球は軽度の増加をしていることが多いが減少していることもある。血小板は初期には増加している事が多いが進行すると減少することが多い。血小板は機能的にも形態的にも異状が見られる。[ja.wikipedia.org] 進行すると、造血不全、化を来す。原発骨髄線維症とほかの疾患に続発する2次性骨髄線維症に大別される。 貧血、末梢血への、骨髄芽球の出現、巨大脾腫などの所見がある場合は、骨髄線維症を鑑別疾患に挙げる。 骨髄生検を行い骨髄の広範な線維化を伴う巨核球の増殖と異形成、骨梁の増加を認めて確定する。[clinicalsup.jp]

  • 二次骨髄線維症

    病理組織学的所見 [ 編集 ] 末梢では貧血症と涙滴状赤血球が見られることが特徴である。貧血は正球正色素性貧血である。経過とともに貧血は強くなる。白血球は軽度の増加をしていることが多いが減少していることもある。血小板は初期には増加している事が多いが進行すると減少することが多い。血小板は機能的にも形態的にも異状が見られる。[ja.wikipedia.org] 進行すると、造血不全、化を来す。原発骨髄線維症とほかの疾患に続発する2次性骨髄線維症に大別される。 貧血、末梢血への、骨髄芽球の出現、巨大脾腫などの所見がある場合は、骨髄線維症を鑑別疾患に挙げる。 骨髄生検を行い骨髄の広範な線維化を伴う巨核球の増殖と異形成、骨梁の増加を認めて確定する。[clinicalsup.jp]

  • 先天性クロール下痢症

    、脱毛、腎型TMA、腸TMA、膵炎、菌症、血液有害事象、貧血癆、進行多巣性質脳症、難治性出血性...[selimic.imic.or.jp] 《続きを見る》 98 fludarabine 33 下痢、下血、不随意運動、乾性咳、低身長、低酸素血症、免疫不全症、免疫抑制、反復性CMV再活性化、口内炎、口腔粘膜炎、嘔吐、嘔気、多臓器不全、帯状疱疹、心臓合併症、感染症、死亡、液性免疫不全、無γグロブリン血症、白内障、真菌性肺炎、粘膜障害、細胞免疫低下、肝不全、肝機能障害、肺結核、胸水貯留[selimic.imic.or.jp] 《続きを見る》 99 allopurinol 32 下、中枢神経障害、中毒性表皮壊死症、便潜血反応陽性、倦怠感、全身紅斑、再生不良性貧血、劇症型1型糖尿病、呼吸器障害、多剤感作性薬疹、好酸球増多、急性腎不全、急性膵炎、悪心、扁平苔癬様皮疹、掻痒、横紋筋融解症、水疱、汎血球減少、環状紅斑、異型リンパ球出現、発熱、白血球増多、皮疹、紅斑、紅斑丘疹型中毒疹[selimic.imic.or.jp]

  • 乳房の腺癌
  • 前立腺腺癌

    前立腺癌取扱い規約第版 2001年4月 病期A A1 A2 偶発癌 限局性、高分化 中 低分化あるいは複数の前立腺内病巣 病期B B0 B1 B2 前立腺に限局した腺癌 直腸指診陰性、PSA高値にて発見 片葉内単発 片葉全体または両葉 病期C C1 C2 前立腺周囲にとどまり、前立腺被膜を超えるか精嚢浸潤 臨床的に被膜外浸潤 膀胱頚部浸潤あるいは尿管閉塞 病期D D0 D1 D2 D3 転移を有する 転位所見を認めないACPの持続的上昇 所属リンパ節転移 所属リンパ節以外のリンパ節転移、骨その他臓器転移 D2に対するホルモン療法後再燃[uro.med.tohoku.ac.jp]

  • 皮膚癌

    内容紹介 皮膚癌のなかで最も頻度の高いものが基底細胞癌と有棘細胞癌であり,欧米では非黒色腫皮膚癌(non-melanoma skin[…][amazon.co.jp]

  • 小細胞肺癌

    内容一覧 1. 非小細胞肺癌とは? ・非小細胞肺癌とは、小細胞肺癌ではない肺癌の事です。 ・非小細胞肺癌は更に、扁平上皮癌と非扁平上皮癌に分かれます。 ・非扁平上皮癌とは、扁平上皮癌でない非小細胞肺癌を指します。 ・非扁平上皮癌の多くは、腺癌です。 ・難しい用語がたくさん出てきますが、この頁内に解説を入れてありますので、良く見てもらえば理解し易いと思います。 この難しい用語にはPS、抗がん剤の名称などがあります。 ・肺癌の病期に関しては別のページを参照して下さい。 ( ) 2. 臨床病期1期から3A期の非小細胞肺癌の治療[…][jikei.ac.jp]

  • 気管支原性癌
  • 気管支腺癌

さらなる症状