Create issue ticket

考えれる1,007県の原因 白血病, 血小板減少

  • 血小板減少症

    血小板減少症とは、血液中に流れる、ケガなどをした際に血を固めて出血を止める作用を持つ血小板が異常に減少してしまう病気です。 犬の血小板減少症にかかりやすい犬種 アメリカン・フォックスハウンド 犬の血小板減少症の原因 血小板減少症の原因には様々なものがあります。[pshoken.co.jp] 白血病とは? 白血病は血液の癌と言われていて、正確には血液を構成する血球の癌です。 19世紀後半に病理学者がこの病気を初めて見つけました。 この時代には治療法もなく白血病細胞がどんどん増え続けて血液が白くなったために、白い血の病気すなわち白血病と命名されました。 白血病の原因は?[bigwood-onlineshop.com] 原因には、白血病など産生不足によるもの、ゴーシェ病など脾臓に閉じ込められるもの、大量輸血など濃度が薄まるもの、各紫斑病など過剰に消費・破壊されるものなどがあります。 反対に、血小板が多くなり過ぎると、凝固や出血の異常を来します。[saishin-igaku.co.jp]

  • 骨髄異形成

    貧血を示さず孤立性好中球減少症あるいは孤立性血小板減少症を示し、単一の血球系に限定された異形成変化を示すMDSの偶発症例。不応性好中球減少症および不応性血小板減少症という用語がこれらの症例を説明するために使われることがある。貧血を伴わない好中球減少症あるいは血小板減少症の患者におけるMDSの診断は慎重に行われなければならない。[ja.wikipedia.org] 白血病の症状 白血病には大きくわけて「急性骨髄性白血病」「急性リンパ性白血病」「慢性骨髄性白血病」「慢性リンパ性白血病」があります。 その中でも今回は「急性骨髄性白血病」と「急性リンパ性白血病」が当てはまる「急性白血病」について解説していきます。 症状には大きくわけて「造血障害」と「白血病細胞の臓器浸潤」の二つがあります。[tyojyu.or.jp] 白血病になる危険性が低い患者さんでは、主に血球減少に対する治療を行います。血球減少に伴う症状がなければ経過を観察するのみですが、貧血症状が強くなれば赤血球輸血を、血小板減少のため出血傾向が見られる場合には血小板輸血を行います。頻回の輸血が必要となった患者さんには同種造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)も検討されます。[web.archive.org]

  • 本態性血小板血症

    目次 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 63 / 血液7 血小板減少症・増多症 (池田 康夫 編集) 血小板減少すると小さな傷からでも出血を起し、さらに減少すると傷がなくても出血するようになります。[saishin-igaku.co.jp] 本態性血小板血症は長期的自然経過で一部は真性多血症、骨髄線維症、急性骨髄 性白血病に移行します。[med.osaka-cu.ac.jp] アナグレリドは当初、血小板凝集阻害薬として開発されていたが、反復投与された健康成人被験者に血小板減少が多く認められたことから、その後は血小板減少を目的として開発された薬剤である。血小板減少の主な作用機序としては、血小板の前駆物質である巨核球に選択的に作用することで、血小板産生を抑制すると考えられている。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 血小板血症

    目次 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 63 / 血液7 血小板減少症・増多症 (池田 康夫 編集) 血小板減少すると小さな傷からでも出血を起し、さらに減少すると傷がなくても出血するようになります。[saishin-igaku.co.jp] 本態性血小板血症は長期的自然経過で一部は真性多血症、骨髄線維症、急性骨髄 性白血病に移行します。[med.osaka-cu.ac.jp] アナグレリドは当初、血小板凝集阻害薬として開発されていたが、反復投与された健康成人被験者に血小板減少が多く認められたことから、その後は血小板減少を目的として開発された薬剤である。血小板減少の主な作用機序としては、血小板の前駆物質である巨核球に選択的に作用することで、血小板産生を抑制すると考えられている。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 血液腫瘍

    主な対象疾患 造血器腫瘍:急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、成人T細胞白血病/リンパ腫、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍、悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫)、多発性骨髄腫 その他の血液疾患:再生不良性貧血、溶血性貧血、血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病、血液凝固異常症 など[hachioji-hosp.tokai.ac.jp] 年 成人T細胞白血病/リンパ腫 33人/年 疾患別入院患者数 新規入院患者数 277人/年 新規入院患者数(延べ) 468人/年 急性骨髄性白血病 48人/年 急性リンパ性白血病 47人/年 骨髄異形成症候群 19人/年 悪性リンパ腫 202人/年 非ホジキンリンパ腫 182人/年 ホジキンリンパ腫 10人/年 成人T細胞白血病/リンパ腫[kmu.ac.jp] 対象 血液疾患(再生不良性貧血、血小板減少症 等) 血液腫瘍(白血病、リンパ腫 等) 固型腫瘍(神経芽細胞腫、肝芽腫、腎芽腫、脳腫瘍 等) 内容 ① 腫瘍疾患に関しては、小児科・小児外科・放射線科・病理診断科と腫瘍カンファレンス(pediatric tumor board)を随時行い、連携を持ちながら診断・治療方針を検討し、治療を行っています[kanazawa-med.ac.jp]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    腫大領域2ヶ所以内 12年 B 病期A 腫大領域が3ヵ所以上 7年 C 貧血 (Hg10g/dl以下)または血小板減少 (血小板数10万/μl以下) 2-4年 経過・予後 [ 編集 ] CLLでは進行の早い群と進行がゆっくりで治療しなくとも長い生存期間が期待できる2群に分けられるが、 免疫グロブリン H鎖遺伝子(IgVH)の突然変異の有無で[ja.wikipedia.org] 急性白血病が慢性化したものが慢性白血病という訳ではなく、白血病細胞が幼若な形態のまま増加していく白血病を「急性白血病」、白血病細胞が成熟傾向を持ち一見正常な血液細胞になる白血病を「慢性白血病」という。[ja.wikipedia.org] 造血機能が低下して正常な血液細胞を作れなくなると、貧血による息切れや血小板減少による出血傾向が顕著になり、まれではありますが、自己免疫性溶血性貧血や自己免疫性血小板減少をきたすこともあります。 この記事に利益相反はありません。[oncolo.jp]

  • 慢性リンパ性白血病

    腫大領域2ヶ所以内 12年 B 病期A 腫大領域が3ヵ所以上 7年 C 貧血 (Hg10g/dl以下)または血小板減少 (血小板数10万/μl以下) 2-4年 経過・予後 [ 編集 ] CLLでは進行の早い群と進行がゆっくりで治療しなくとも長い生存期間が期待できる2群に分けられるが、 免疫グロブリン H鎖遺伝子(IgVH)の突然変異の有無で[ja.wikipedia.org] CLLの病態は様々で、無症状のため健康診断で偶然発見されるような早期症例から、貧血や感染症、血小板減少による易出血性、リンパ節の腫大に伴う圧迫症状や巨大な脾腫に伴う腹部の圧迫症状などを示すような進行期症例があります。[medical.radionikkei.jp] 慢性リンパ性白血病の勉強は疾患数が少ないだけにあまりないのですが、レビュー出来て勉強になりました。 カテゴリ: 江里ブログ, 江里ブログ2017年1月 6月[sk-blood.com]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    免疫介在性溶血性貧血(IHA)と免疫介在性血小板減少症(ITP)はともに成熟赤血球や成熟血小板に抗体や補体が感作して血管内や血管外で破壊される病態であり、免疫学的破壊の標的が赤血球か血小板かの違いだけです。したがって治療はどちらの疾患もほぼ同じ治療法です。 症状 突発的に起こることが多く、貧血のために動物は元気がなくなりぐったりします。[www2.you-amc.jp] 白血病や再生不良性貧血などの病気では、血液が作れなくなって貧血になります。今回は赤血球を作っているにも関わらず貧血になっていますので、 消費が亢進 していることになります。 すなわち、 体の中で壊されているか、出血しているか です。[blog.goo.ne.jp] (非免疫性溶血が疑われます) さらに血小板減少がある場合は、TTPが疑われますので、ADAMTS13活性測定などをご検討ください。 *血小板減少があり、クームス陰性Evans症候群を疑った場合は、破砕赤血球がなくともTTPの可能性はあります。[aiha.a.la9.jp]

  • グランツマン血小板無力症

    この血餅が形成されたのちは、血小板内の収縮タンパク質によって収縮される血餅収縮と呼ばれる現象を起こす。 血小板減少症では、遺伝子の異常によって、血小板表面のGPⅡb/Ⅲa(αⅡbβ3インテグリン)が量的に減少あるいは機能異常を起こしている。[ja.wikipedia.org] 大球性貧血 巨赤芽球性貧血 ビタミンB12欠乏性貧血 葉酸欠乏性貧血 赤血球増殖性疾患など 真性多血症(PV) 移植片対宿主病 急性白血病 骨髄増殖性疾患 白血球増殖性疾患 急性骨髄性白血病 (AML) 慢性骨髄性白血病 (CML) リンパ系増殖性疾患 急性リンパ性白血病 (ALL) 慢性リンパ性白血病 (CLL) 骨髄異形成症候群 環状鉄芽球[ja.wikipedia.org] 血小板無力症では、これらの遺伝子産物であるαⅡbと、β3のサブユニットは両方とも顕著に減少している。[ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    貧血によるだるさ、動悸・息切れ、抵抗力の低下による発熱などの感染症症状、血小板減少などによる出血症状(皮膚のあざ、鼻血、口の中の出血など)があります。多くの方はこの自覚症状のため医療機関を受診し血液検査が行われることで診断につながります。 急性骨髄性白血病の検査には以下のような検査があります。[med.oita-u.ac.jp] この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[ja.wikipedia.org] 骨髄において白血病細胞が異常に増殖する結果、正常な造血機能が阻害され、白血球減少、貧血、血小板減少に伴う様々な症状を呈する。適切な治療がなされない場合には、感染症や出血により致死的となる重篤な疾患である。[medical.nikkeibp.co.jp]

さらなる症状