Create issue ticket

考えれる110県の原因 白血病リスク増加

  • 松果体嚢胞

    エトポシド の使用に関連して急性骨髄性白血病(AML)のリスク増加が認識されているにもかかわらず、遺伝性網膜芽細胞腫患児においてこのSNの発生リスクの増加は認められない。 [ 45 ] [ 46 ] [ 47 ] 略式の調査方法で実施された初期の報告では、15人の患者が化学療法後にAMLを発症したことが記述された。[cancerinfo.tri-kobe.org] 化学療法を受ける患者のほとんどは エトポシド に曝露し、 エトポシド は遺伝性網膜芽細胞腫におけるEBRTに伴うリスクと比較した場合の割合は小さいものの、がんに素因のない患者における二次性白血病と関連している。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    (単位:被ばく線量当たりの増加数の絶対値) AR/0.01 Gy(%)   0.01グレイ当たりの寄与リスク (単位:%) また、白血病については、ERR/Svは3.9、EAR/104PYSvは2.7、AR/0.01 Gy(%)は50%であると報告されている。[mhlw.go.jp] 小児白血病と非ホジキンリンパ腫とも近郊地域でのリスク(O/E)の増加を示すものはなかった。しかしながらセラフィールド(p 0.00002)とBurghfield(p 0.031)ではlinear risk score testでは有意であった。一方対照地域でも一か所はp 0.020と有意であった。[mhlw.go.jp] 0.03) ・ERR/Sv : 0.62 ・EAR/10 4 PYSv : 0.56 ・AR/0.01 Gy: 14 % 注)linear……直線 quadratic……二次曲線 ERR/Sv   1シーベルト当たりの過剰相対リスク (単位:被ばく線量当たりのリスク増加率) EAR/104PYSv   10 4 人年シーベルト当たりの過剰絶対リスク[mhlw.go.jp]

  • 血管運動の不安定性

    運動失調症 - 血管拡張性失調症(A-T)は、1〜4歳で始まる進行性小脳性運動失調、眼球運動失調、頻繁な感染症、コレオアテトーシス、結膜の毛細血管拡張症、免疫不全、特に白血病およびリンパ腫のリスク増加を特徴とする.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 家族性前立腺癌

    父系における前立腺がんの家族歴は、膀胱がん、骨髄腫、および扁平上皮皮膚がんのリスク増加と関連していた。前立腺がん 発端者 のうち、大腸がん、膀胱がん、または慢性リンパ性白血病の 家族歴 を有する患者は、二次原発がんとしてそのような特定のがんのリスクが高かった。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    運動失調症 - 血管拡張性失調症(A-T)は、1〜4歳で始まる進行性小脳性運動失調、眼球運動失調、頻繁な感染症、コレオアテトーシス、結膜の毛細血管拡張症、免疫不全、特に白血病およびリンパ腫のリスク増加を特徴とする.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 進行性ミオクローヌス性てんかん 3型

    運動失調症 - 血管拡張性失調症(A-T)は、1〜4歳で始まる進行性小脳性運動失調、眼球運動失調、頻繁な感染症、コレオアテトーシス、結膜の毛細血管拡張症、免疫不全、特に白血病およびリンパ腫のリスク増加を特徴とする.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

  • 新生児黄疸

    カイザー試験では、光線療法を受けた乳児は1995年の3パーセントから2011年には16パーセントに増加している。 両試験とも、相関はダウン症児で強くみられて、統計学的に有意であった。ダウン症児は白血病リスクが高いことが既に知られている。 このような結果は確定的ではないとしても懸念されており、光線療法はリスクがないとみなすべきではない。[cancerit.jp]

  • 新生児高ビリルビン血症

    カイザー試験では、光線療法を受けた乳児は1995年の3パーセントから2011年には16パーセントに増加している。 両試験とも、相関はダウン症児で強くみられて、統計学的に有意であった。ダウン症児は白血病リスクが高いことが既に知られている。 このような結果は確定的ではないとしても懸念されており、光線療法はリスクがないとみなすべきではない。[cancerit.jp]

  • B細胞慢性リンパ性白血病

    末梢血中の B 細胞クローンが少ないこと以外健常である人は,モノクローナル B 細胞リンパ球増加症(MBL)とされる.病院ベースの症例集積研究では,MBL から慢性リンパ性白血病(CLL)に進行するリスクが高いことが示されている.この前向きコホート研究では,MBL が常に CLL に先行して認められるという仮説を検証した.[nejm.jp]

  • リンパ腫

    (単位:被ばく線量当たりの増加数の絶対値) AR/0.01 Gy(%)   0.01グレイ当たりの寄与リスク (単位:%) また、白血病については、ERR/Svは3.9、EAR/104PYSvは2.7、AR/0.01 Gy(%)は50%であると報告されている。[mhlw.go.jp] 小児白血病と非ホジキンリンパ腫とも近郊地域でのリスク(O/E)の増加を示すものはなかった。しかしながらセラフィールド(p 0.00002)とBurghfield(p 0.031)ではlinear risk score testでは有意であった。一方対照地域でも一か所はp 0.020と有意であった。[mhlw.go.jp] 0.03) ・ERR/Sv : 0.62 ・EAR/10 4 PYSv : 0.56 ・AR/0.01 Gy: 14 % 注)linear……直線 quadratic……二次曲線 ERR/Sv   1シーベルト当たりの過剰相対リスク (単位:被ばく線量当たりのリスク増加率) EAR/104PYSv   10 4 人年シーベルト当たりの過剰絶対リスク[mhlw.go.jp]

さらなる症状