Create issue ticket

考えれる7県の原因 白血球停滞

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

  • フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病
  • 慢性骨髄性白血病

    慢性骨髄性白血病 (まんせいこつずいせいはっけつびょう Chronic myelogenous leukemia ,CML)とは、 造血幹細胞 の遺伝子が後天的に変異して、造血細胞が分化・成熟能を保ったまま自律的な増殖をし、血液において白血球や時に血小板が増加する血液腫瘍である。 発生率と疫学 [ 編集 ] 慢性骨髄性白血病は年間に100万人あたり10-15人程度発生しすべての白血病(年間10万人あたり6人程度)の約2割を占める [1][…][ja.wikipedia.org]

  • 急性リンパ芽球性白血病

    この項目では、急性白血病の中の急性リンパ性白血病について説明しています。 より広範な総論的な事項の説明については「 急性白血病 」をご覧ください。 一般的な内容については「 白血病 」をご覧ください。 この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年2月 ) 急性リンパ性白血病 (きゅうせいリンパせいはっけつびょう、 acute lymphoid leukemia: ALL )とは、 白血病 の一種 。 概要 [ 編集 ] リンパ球 系の細胞が 腫瘍化 し、 分化 ・ 成熟 能を失う 疾患[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性 単球白血病
  • 前骨髄球性白血病
  • 急性転化期

さらなる症状