Create issue ticket

考えれる21県の原因 白血球アルカリホスファターゼ減少

  • ビタミンD欠乏症
  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全
  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 乳房の腺癌
  • 皮膚癌

    皮膚がん(ひふがん)は、皮膚に生じた悪性新生物の総称である。主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。これはフロンガスによるオゾン層破壊が進み、太陽からの紫外線の量が増加したためと考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 気管支原性癌
  • 悪性黒色腫

    悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ(malignant melanoma ; MM))とは、皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍である。正確な発生原因は不明であるが、表皮基底層部に存在するメラノサイトの悪性化によって生じる。また、皮膚に発生する悪性黒色腫は紫外線曝露と、足底に発生するものは機械的刺激と関連性が深いと考えられている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腎細胞癌

    腎細胞癌(じんさいぼうがん、英: Renal cell carcinoma)は、腎臓に発生する悪性腫瘍のひとつであり、尿細管上皮細胞ががん化したものである。 別名グラヴィッツ腫瘍(Grawitz's tumor)。 淡明細胞型 (clear cell)最も一般的で、70%の確率で見られる。その名の通り光顕的に細胞質が明るい腫瘍細胞として見える。染色体3pの欠損、VHL遺伝子の欠損がしばしば認められる。 顆粒細胞型 (granular[…][ja.wikipedia.org]

  • 盲腸腺癌

さらなる症状