Create issue ticket

考えれる43県の原因 白血球アルカリホスファターゼ増加

  • 妊娠後期

    子育てタクシー事前登録 「子育てタクシー」とは? お子様を連れての外出やお子様だけの送迎の際に、お母様のお手伝い、あるいはお母様に代わってお子様をお世話するタクシーの事です。 子育て家庭のさまざまなご要望にお応えする事で「お母様」と「お子様」の「安心・安全」をお約束します。 事前登録とご利用の際の丁寧な打合せを行います。 料金は通常のタクシーと同じ、特別料金は一切かかりません。 (メーター料金 迎車料金300円又は時間制運賃) 全国子育てタクシー協会の研修を受けた安心ドライバーがお迎えに伺います。 こうのとりコース 陣痛119番 事前登録しておけば陣痛が来ても東條ウイメンズホスピタルへ直行[…][tojowomens.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • クラインフェルター症候群

    HOME 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) クラインフェルター症候群(KS)(平成21年度) くらいんふぇるたーしょうこうぐん(KS) 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 クラインフェルター症候群(KS)は、男性の性染色体にX染色体が一つ以上多いことで生じる疾患の総称である。性腺機能不全を主病態としている。 2. 疫学 約62,000人、男性のみ 3. 原因の解明[…][nanbyou.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    肝性脳症の主な誘因として血中アンモニアの上昇が考えられている。アンモニアは、食物や消化管出血などに由来するタンパク質が腸管内で腸内細菌(アンモニア産生菌)によって代謝される過程で産生される。腸管より吸収されたアンモニアは、肝機能が正常な場合、門脈を通じて肝臓に入り、代謝・解毒される。 しかし、肝硬変などにより肝細胞が障害を受けその代謝能が低下したり、門脈-大循環短絡路(シャント)が形成されると、アンモニアの血中濃度は上昇し、循環血を介して脳に到達し、肝性脳症を発症する。[…][aska-pharma.co.jp]

  • 敗血症

    敗血症(はいけつしょう、英: sepsis)とは、感染症に対する制御不能な生体反応に起因する生命を脅かすような臓器障害のことで、患者数は世界で年間約2700万人。そのうち、約800万人が死亡していると報告されている。 国際的な診断基準では、感染症が疑われSOFAスコアがベースラインから2点以上増加しているものを敗血症としている。細菌感染症の全身に波及したもので、非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)、多臓器不全などから死に至る。元々の体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 大結節性肝硬変

    【インタビュー】 公開日 2015 年 09 月 19 日 更新日 2017 年 12 月 01 日 肝硬変 湘南藤沢徳洲会病院 肝胆膵消化器病センター センター長 岩渕 省吾 先生 C型肝炎ウイルス・B型肝炎ウイルス・アルコールなど、さまざまなものが 肝硬変 の原因になります。肝硬変は以前、不治の病とされていました。しかし近年、肝硬変は治る病気になりつつあります。長年肝臓の診療を行い、今も第一線で日々患者さんと向き合っている湘南藤沢徳洲会病院の岩渕省吾先生に、肝硬変が治るようになってきたメカニズムについて、専門的なお話を含めてお伺いしました。 肝硬変は治る病気?[…][medicalnote.jp]

  • 胆汁うっ滞

    TOP 疾患別 進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC) 診断のポイント 新生児乳児胆汁うっ滞網羅的遺伝子解析 PFIC 乳児期早期に遷延性黄疸、新生児肝炎症候群などと診断された症例で、生後6か月以降も黄疸が持続して、しだいに 強い掻痒感をきたす ようになります。 1型と2型のPFICでは、閉塞性黄疸があるにもかかわらず γ-GTPが正常または僅かに高いといった範囲 に留まるのが特徴です。3型では、γ-GTP高値を示します。[…][jspghan.org]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • クローン病

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.クローン病(Crohn病)の理解に必要な情報 【消化管とは】 私たちは食物を消化し栄養を吸収することで生命を維持するために必要なエネルギーを得ています。食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。[…][nanbyou.or.jp]

さらなる症状