Create issue ticket

考えれる267県の原因 白板症

  • 口腔カンジダ症

    肥厚性慢性肥厚性カンジダは、急性偽膜性白板から移行したものである。白い偽膜は固くなり、明らかな白斑が認められるようになる。カンジダ性白板とも呼ばれるように、他の理由による白板との鑑別が困難となる場合がある。好発部位は、口角部近くの口唇や頬粘膜部。抗真菌薬に対する抵抗性があることが多く、また剥離性は低くなり容易に拭うことができない。[ja.wikipedia.org] ③ カンジダはPAS反応で明瞭化 :白板,義歯性口内炎 代表画像に戻る[jsop.or.jp] 慢性型肥厚性 は、急性偽膜性白板から移行したもので白い苔状が固くなり 白斑が認められるようになります。 カンジダ性白板とも呼ばれ違う病気でみられる白板と 視診が難しい場合があります。 口腔カンジダ菌 は放っておけば治る病気ではありません。[sakura-d-omfs.jp]

  • 口内炎

    厳密に言うと、前癌病変は口内炎とよく似た症状ですが、前癌病変には「白板」と「紅板」と呼ばれるものがあります。 白板の症状と特徴 白板とは、頬の内側や舌、歯茎などの一部の粘膜が白くなり、食べものや歯ブラシなどの刺激によって痛みを伴います。そのため口内炎と間違われることがありますが、白板の場合は自然に治癒することはありません。[kokuryou-dental.com] 右舌縁 右頬粘膜 【口内炎】 白板 白板は、白色の板状ないし斑状の病変であり、時にザラザラした感じになることもあります。本疾患は「前癌病変」に分類されており、白板の約1割ががんになるといわれております。治療は切除が一般的ですが、病状によっては定期的に経過観察する場合もあります。[sugishi.or.jp] 「白い病変が2週間待っても治らない」という場合は白板を疑ってください。 白板の原因 白板の直接的な原因はハッキリしていませんが、慢性的な物理刺激が白板のリスクを高めると考えられています。 「タバコ」「アルコール度数の高い酒類」など、刺激物の摂取もリスクファクターになるでしょう。[haisha-yoyaku.jp]

  • 扁平苔癬

    (口腔白板については、記事2 『口腔白板(こうくうはくばんしょう)とは-癌化の可能性もあり注意が必要』 で詳しくお伝えします) 東京医科歯科大学顎口腔外科学分野の津島文彦先生に、口腔扁平苔癬の症状や原因、検査・治療方法や口腔白板との違いについて教えていただきました。[medicalnote.jp] 口腔粘膜にできるものは希に癌化することがあり、白板との鑑別が必要である。一方、皮膚病変は癌化しない。 明らかな原因は判明していない。しかし、遺伝的素因のある人では表皮基底細胞に対するT細胞性の自己免疫反応や、薬剤が原因となるとされている。 細菌やウイルスによる感染、薬物、歯科用金属アレルギー、ストレスなどが考えられている。[ja.wikipedia.org] 診 断 鑑別診断 白板、尋常性天疱瘡、多形性紅斑との鑑別が必要です 症例ノート 症例1 症例2 症例3[chukai.ne.jp]

  • 頭頸部扁平上皮細胞癌

    発赤、潰瘍、白板、赤板、知覚異常など。 (2)口腔 ・口腔底:発赤、隆起、硬結、潰瘍、白板など。 ・舌:易刺激性、潰瘍、外耳関連痛、言語障害、嚥下障害、口臭、腫脹による変形など。 ・頬粘膜:舌でのしこり感、耳下腺腫脹、耳関連痛、開口障害など。[medical.nikkeibp.co.jp] レチノイドやβカロチンは口腔の白板を改善させるも投与中止で多くが再発しており、現状のがん化学予防薬はがんの再発の危険性を低下させるものではない。種々のがん化学予防薬で期待される報告はあるが、まだ臨床試験以外で使ってはならないレベルである。[medical.nikkeibp.co.jp] ・歯肉、硬口蓋:義歯不具合、痛み、抜け歯、下口唇知覚異常、白板、外耳 耳前部関連痛、開口障害、粘膜下腫瘍、顔面変形など。 (3)中咽頭 ・舌根部:咽頭痛、嚥下障害、開鼻声、耳痛、舌固定、口臭、リンパ節腫大など。 ・扁桃:咽頭痛、耳関連痛、義歯不具合、開口障害、側頭部頭痛、リンパ節腫大など。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 白板症

    しかし、これらの異型を伴っている場合は、 異形成 や 上皮内癌 の結果として角化亢進が起こり、臨床的に「白板」として捉えられたことになる。 良性の角化亢進は異形成や上皮内癌に必須の前駆症状という訳ではないが、良性の「白板」に隠れている異形成や上皮内癌をスクリーニングするため、臨床的には白板を「前がん病変」として扱う。[ja.wikipedia.org] 悪性化 白板は重要な前癌病変とされており、癌化率は5 10%と推定されている。逆に舌癌の約18%に白板が先行している。紅斑型、びらん型、潰瘍型、結節型、斑点型などに悪性化する傾向がある。[shinshu-u.ac.jp] 喉頭白板 喉頭白板とは声帯に白色の病変が生じている状態です。 声帯ポリープ 声の酷使、喫煙、声帯の急性炎症などによりできるといわれています。 声帯結節 声の酷使が原因とされています。 ポリープ様声帯 長年の喫煙により生じる疾患です。 女性に多いです。 急性喉頭蓋炎 喉頭蓋が腫脹しているため、呼吸ができなくなることもあります。[masaki-ent.com]

  • アフタ性口内炎

    白板や扁平苔癬など白くなる病変も多いため、鑑別診断が重要です。 気になる方は一度ご相談ください。 「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」[dc-yamaguchi.jp] [口腔の病気] 口腔粘膜の病気にはアフタ,アフタ性口内炎,口腔白板,口腔癌などがある。 アフタ は口の中の粘膜に生じる米粒大の潰瘍で,白色の薄い膜で中央部がおおわれ,周囲には発赤した部分がある。… 【口内炎】より …天疱瘡の口腔内症状として現れたり,ウイルスの感染によるヘルペスアンギーナや疱疹性口内炎としてみられる。[kotobank.jp] その初期は口内炎のような症状で、白板(はくばんしょう)という病変でした。執刀した医師は「口内炎だと思ってほうっておいたら『がん』だったという人も多い」と言います。 ※注意:口内炎から「がん」に進行するわけではありません。前がん病変、あるいはがんの初期の状態を口内炎と間違える人が多いということです。[web.archive.org]

  • 良性移動性舌炎

    前癌病変への対応 口腔癌の50%は前癌病変を経て浸潤癌へと変化することから、口腔保健衛生を生業とする歯科医にとっては、口腔癌は勿論のこと白板、紅板、乳頭腫、扁平苔癬などのいわゆる前癌病変の発見・治療は、重要な責務である。開業歯科医院から10ミリに満たない舌白板、歯肉白板が紹介され、組織学的には初期浸潤癌であった。[gh.opho.jp] […] intramucosal nevus 【嚢腺腫】cystadenoma 【嚢胞】cyst; a) cystic 顔裂性嚢胞、球状上顎嚢胞、歯肉嚢胞、側方性歯周嚢胞、脈瘤性骨嚢胞 【膿瘍】abscess 【敗血症】sepsis; septicemia 【波状エナメル質】undulatory enamel 【廃用性萎縮】disuse atrophy 【白板[medo.jp] ニコチン性口内炎 紅板白板 白色水腫 口腔紅板 頬粘膜白板 口腔白板 硬口蓋白板 口底白板 歯肉白板 軟口蓋白板 K132 舌を含む口腔上皮の白板及びその他の障害 毛状白板 K133 毛様白板 いぼ性口腔粘膜黄色腫 化膿性口腔粘膜肉芽腫 好酸球性口腔粘膜肉芽腫 K134 口腔粘膜の肉芽腫及び肉芽腫様病変 舌粘膜下線維症[kegg.jp]

  • 先天性後天性免疫不全症候群
  • 口腔底腫瘍

    右舌縁 右頬粘膜 【口内炎】 白板 白板は、白色の板状ないし斑状の病変であり、時にザラザラした感じになることもあります。本疾患は「前癌病変」に分類されており、白板の約1割ががんになるといわれております。治療は切除が一般的ですが、病状によっては定期的に経過観察する場合もあります。[sugishi.or.jp] 前がん病変 舌白板 歯肉(歯ぐき)の白板 舌の紅板白板 白い部分と赤い部分があります。 口蓋の紅板症(上あごの紅板症) 真っ赤な色をしています。[city.nagoya.jp] 口腔白板や紅斑がこれにふくまれます。 口腔白板は、口腔粘膜に生じた、白い板状の病気です。これはこすっても除去できないのが特徴です。白板の癌化率は4.4 17.5%と報告されています。さらに重要なことは、白板として診断した症例の中に、初期癌が含まれていることです。 紅斑症は鮮紅色でビロード状の斑状病変です。[w3.hal.kagoshima-u.ac.jp]

  • 下歯肉の癌腫

    口腔白板の診断には生検組織の採取(実際の病変部分の一部を切り取る)による顕微鏡組織検査が必要です。口腔白板の病理組織像は多彩で、種々な程度の角化の亢進、有棘層(ゆうきょくそう)の肥厚、上皮下への炎症性細胞浸潤、上皮の種々の程度の異形成などが認められます。[hda.or.jp] 右舌縁 右頬粘膜 【口内炎】 白板 白板は、白色の板状ないし斑状の病変であり、時にザラザラした感じになることもあります。本疾患は「前癌病変」に分類されており、白板の約1割ががんになるといわれております。治療は切除が一般的ですが、病状によっては定期的に経過観察する場合もあります。[sugishi.or.jp] 白板がいつ悪性化(がん化)するかを予測するのはとても大変です。そのような ことをテーマに研究をしているグループもあるくらいです。また、一見白板に見え ても実はもう一部でがん化している所がある場合もあります。実際に臨床的に白板 と思って組織をとって顕微鏡で見てみると、「扁平上皮癌」だったという報告があり ます。[hoku-iryo-u.ac.jp]

さらなる症状

類似した症状