Create issue ticket

考えれる23県の原因 白斑, 肝臓

  • ヒ素中毒

    同時にニンニク抽出物を与えたラットでは、対照区と比較して血液と肝臓のヒ素が40%減少しており、尿への排泄が45%増加していた。ここから、ニンニクに含まれる硫黄化合物が組織や血液からのヒ素排出を促したと考察している。[ja.wikipedia.org] また、これらに加え、事件後3か月までに、爪甲横溝、爪横白線、爪白斑、爪異栄養症、爪周囲への色素沈着、炎症後色素沈着、ざ瘡様発疹、炎症後色素脱失、口唇の色素過剰が観察された。 ヒ素中毒の疑いがあるときは、直ちに病院を受診することが大切である。ヒ素中毒の検査法のひとつは、毛の検査である。[ja.wikipedia.org] 症状として皮膚の色素沈着(点状またはびまん性)、白斑(点状または雨だれ状)、盛り上がった硬化(keratosis,角化症)、ボーエン病、皮膚癌(基底細胞癌、有棘細胞癌)、肺癌、腎臓癌、膀胱癌、壊疽などが発生する。皮膚の変化の部位は露出部もあるが、特に衣服に覆われている部分に出現する場合も多い。症状が複数みられたり、多発することもある。[ja.wikipedia.org]

  • 扁平苔癬

    口腔内の病変に関しては、C型肝炎ウイルス(HCV)感染による肝臓外病変の一形態であるとする報告がある一方、C型肝炎治療に使用されるインターフェロンの投与との関連性を指摘する報告もある。 原因となることがある薬剤は、β-ブロッカー、NSAID、ACE阻害薬、スルホニルウレア、金製剤、抗マラリア薬、ペニシラミン、チアジド。[ja.wikipedia.org] 抄録 C型肝炎ウイルス(HCV)は,慢性肝障害や肝細胞癌の発生要因として極めて重要であると共に,最近では肝臓以外の臓器や組織にも障害を引きおこすことが知られるようになり,これらを総称して肝外病変と呼んでいる.HCVが関係する肝外病変は多彩であるが,その主な病態として,クリオグロブリン血症,膜性増殖性糸球体腎炎,晩発性皮膚ポルフィリン症,Sjögren[jstage.jst.go.jp] 口腔粘膜ではレース状や網目状の白斑として現れ,定型的なものは両側頬粘膜にみられる。慢性に経過し、症状の軽快と増悪を繰り返す。口腔粘膜にできるものは希に癌化することがあり、白板症との鑑別が必要である。一方、皮膚病変は癌化しない。 明らかな原因は判明していない。[ja.wikipedia.org]

  • 結節性硬化症

    甲状腺、骨、消化管、肝臓、血管など他の臓器にもさまざまな病変ができることがあります。 7. この病気にはどのような治療法がありますか それぞれの症状に対する対症療法がほとんどです。たとえば、てんかんがある人に対しては、てんかんの治療が必要になってきます。 結節性硬化症のてんかんとそれ以外のてんかんとで、特に治療にちがいはありません。[nanbyou.or.jp] 皮膚病変 顔面の血管線維腫、皮膚の白斑、結合組織母斑、爪囲線維腫 内臓病変 てんかん、網膜腫瘍、心臓の横紋筋腫、腎臓の血管筋脂肪腫、肺リンパ脈管筋腫症(LAM) 頭部CT・MRI 脳室壁・大脳に異常信号が認められる。 根本的な治療法は存在しない。主な症状への対症療法、開発中の薬剤等に関する情報は下記参照。[ja.wikipedia.org] 生まれた直後から、ほとんどのひとに皮膚に白いあざ(白斑)があります。赤ちゃんの時は色が白く、目立ちませんが、日焼けをするとこの部分が日焼けせず、目立つようになります。木の葉状の形をしているのが特徴ですが、細かい紙吹雪のような小白斑が多発しているなど、いろんな形をしていることがあります。[nanbyou.or.jp]

  • 自己免疫疾患

    唾液により感染し、発熱、のどの痛みおよびリンパ節、脾臓、肝臓の腫れを発症する。 ※2 自己免疫疾患 細菌やウイルスなどの感染や異物の侵入時にこれらを排除する作用がある免疫系は、自己には作用しないような仕組みを持っている。しかし、免疫系の過剰活性化などが起こると自分自身の正常な細胞や組織に対してまで反応し攻撃を加えてしまうことがある。[resou.osaka-u.ac.jp] この仮説は「ペンダーの仮説(Pender's hypothesis)」と呼ばれており、様々な自己免疫疾患とEBウイルスとの関わりが指摘されていることから、多発性硬化症、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、全身性強皮症、皮膚筋炎、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、乾癬、尋常性白斑、水疱性類天疱瘡[ja.wikipedia.org]

  • デ・バージー・モーンス・ディエルク症候群

    フルクトキナーゼ欠損症、肝臓ホスホリラーゼキナーゼ欠損、肝ポルフィリン症、肝ポルフィリン症、肝臓静脈-閉塞性疾患、肝腎症候群、肝レンズ核変性症、肝ホスホリラーゼ欠損、肝腎糖原病、肝腎症候群、肝腎チロシン血症、遺伝性肢端疼痛症、遺伝性アルカプトン尿症、遺伝性アミロイド症、遺伝性血管浮腫、遺伝性反射消失随意運動不能、多発神経炎型遺伝性失調症、遺伝性運動失調[ekouhou.net] 、CBGD、CBPS、CCA、CCD、CCHS、CCM症候群、CCMS、CCO、CD、CDG1a、CDG1A、CDGSタイプIa、CDGS、CDI、CdLS、小児脂肪便症、脂肪便症、脂肪便症-皮膚炎、プリンヌクレオシドホスホリラーゼ阻害剤欠損を伴う細胞性免疫不全、ケルスス白斑、中枢性無呼吸、中枢性コア病、中枢性尿崩症、中枢性形態神経線維腫症[ekouhou.net] 、コンラーディ病、コンラーディ・ハナーマン(Conradi Hunermann)症候群、体質的な再生不良性貧血、体質的な赤血球低形成、体質的な湿疹、体質的な肝機能不全、体質的な血小板障害、先天性収縮性バンド、小人症を伴う収縮性心膜炎、持続性筋線維活性症候群、拘縮性クモ指症、足筋萎縮および動眼失行症の拘縮、痙攣、クーリー貧血症、銅輸送疾患、肝臓[ekouhou.net]

  • 葉酸

    その後、門脈を経由して肝臓へ輸送されます (8) 。肝臓には、全身の約50%の葉酸が蓄積されます (8) 。また、蓄積された葉酸は、再び変換されて胆汁へ移行し、これが消化管から再吸収され、組織に供給されます (腸肝循環) (5) 。葉酸の代謝は以下の通りです (3) (5) (8) (9) (18) 。 E.[hfnet.nibiohn.go.jp] 白斑の治療に有効性が示唆されている (94) 。 ・欠乏で巨赤芽球性貧血を起こす (1) (3) (13) (55) 。[hfnet.nibiohn.go.jp] ヒトの肝臓中のジヒドロ葉酸レダクターゼは他の動物に比べて活性が低く、ジヒドロ葉酸から活性型の葉酸に転換するのが低いことは、細胞増殖で働くE2F-1のような転写調節因子によりこの酵素がコントロールされているためであると考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • カロテノイド

    人体の脂肪組織に蓄えられ、肝臓や小腸の粘膜の中で、必要な時にβ-カロテンが2分子に分かれビタミンAになるため、プロビタミンAとも呼ばれる。[ja.wikipedia.org] 白斑 (板) 症患者の症状の寛解に対して、有効性が示唆されている (94) 。β-カロテン摂取をやめた場合、12ヶ月以上では、病状の進行リスクが上昇する (94) 。[hfnet.nibiohn.go.jp] 消化系・肝臓 調べた文献の中に見当たらない。 糖尿病・ 内分泌 一般情報 ・食事からのリコピンの多量摂取は、II型糖尿病のリスク低減に効果がないことが示唆されている (94) 。 生殖・泌尿器 調べた文献の中に見当たらない。[hfnet.nibiohn.go.jp]

  • ノイハウザーアイヒナーオピッツ症候群

    慢性B型肝炎は、上昇したレベルの血清中アラニンアミノトランスフェラーゼと、肝臓の炎症とによって示され得る。この肝臓の炎症は組織診によって明かされる。[ekouhou.net] 皮膚の色素が消失し斑点が生じるという白斑などの少数の自己免疫疾患は、単に気に障る程度のものである。しかし、他の大部分の自己免疫疾患は、衰弱性であり、多くの場合、時間とともに進行し、最終的に死に至らしめる。例えば、全身性エリテマトーデス(SLE)は、診断から10年以内に10 15%の患者が死亡する慢性疾患である。[ekouhou.net] 慢性的に感染した個人は、肝臓の損傷のマーカーである血清中アラニンアミノトランスフェラーゼ、およびHBVのDNAレベルが持続的に上昇しており、治療の候補者である。[ekouhou.net]

  • ノイハウザー - ダリー - マグネリ症候群

    肝臓にて形成され、胆嚢から分泌される胆汁の塩によって、脂肪酸のミセルが形成されるようになる。これにより、複雑化した脂質およびミセル内にある脂溶性ビタミンが小腸によって吸収されるようになる。ミセルはおおよそ球状の形状をしている。[ekouhou.net] 皮膚の色素が消失し斑点が生じるという白斑などの少数の自己免疫疾患は、単に気に障る程度のものである。しかし、他の大部分の自己免疫疾患は、衰弱性であり、多くの場合、時間とともに進行し、最終的に死に至らしめる。例えば、全身性エリテマトーデス(SLE)は、診断から10年以内に10 15%の患者が死亡する慢性疾患である。[ekouhou.net] 【0075】 〔線維性疾患〕 線維症または線維症と関連する疾患は、肝臓、表皮、内皮、筋肉、腱、軟骨、心臓、膵臓、肺、子宮、神経系、精巣、卵巣、副腎、動脈、静脈、結腸、小腸、胆管または胃に影響を与える。さらなる実施形態において、線維症または線維症と関連する疾患は、間質性肺線維症である。[ekouhou.net]

  • Β-カロテン

    消化系・肝臓 メタ分析 ・2011年1月までを対象に、6つのデータベースで検索できた無作為化比較試験20報について検討したメタ分析において、肝臓病患者によるβ-カロテン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、セレンなどの抗酸化物質の摂取は、全死亡率や肝臓疾患による死亡率に影響を与えなかった (PMID:21412909) 。[hfnet.nibiohn.go.jp] 白斑 (板) 症患者の症状の寛解に対して、有効性が示唆されている (94) 。β-カロテン摂取をやめた場合、12ヶ月以上では、病状の進行リスクが上昇する (94) 。[hfnet.nibiohn.go.jp]

さらなる症状