Create issue ticket

考えれる1,010県の原因 発達遅滞

  • 松果体嚢胞

    抄録 症例は11歳,女児.間欠的頭痛にて発症し,MRIで松果体部の嚢胞性病変,閉塞性水頭症を指摘された.神経内視鏡による嚢胞開放術を施行し,間欠的頭痛は消失した.また,術後MRIでは嚢胞は縮小し,閉塞性水頭症も改善していた.症候性の松果体嚢胞に対する外科的治療としては,従来の開頭手術,定位的吸引術に代替する新たな治療手段として,近年では神経内視鏡手術の有用性が提唱されている.今回われわれは,神経内視鏡による嚢胞開放術を行い良好な結果を得たので,文献的考察を加え報告する.[jstage.jst.go.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    発達障害は合併するか CQ11-2 子育て,教育上で配慮すべきことは何か CQ11-3 DMDではどのような補助制度・サービスが利用できるか 検索式 このページの先頭へ 書誌情報[minds.jcqhc.or.jp] 発達障害は合併するか CQ11-2 子育て、教育上で配慮すべきことは何か CQ11-3 DMDではどのような補助制度・サービスが利用できるか 検索式 筋ジストロフィーの医療の歴史は、「治らない・治せない病気」にどのように取り組むかという課題に常に向き合ってきた歴史である。[nankodo.co.jp] 嚥下機能評価はいつからどのように行うか CQ10-5 食物形態の工夫はいつからどのように行うか CQ10-6 経管栄養管理上の注意点はあるか CQ10-7 胃瘻造設の適切な時期や注意点はあるか CQ10-8 便秘の治療はどのように行うか CQ10-9 上腸間膜動脈症候群・急性胃拡張・イレウスの予防法はあるか 11.心理社会的ケア CQ11-1 精神遅滞[minds.jcqhc.or.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    また、精神運動発達遅滞については、75 99%で認められ、そのうち44 50%が重度の精神運動発達遅滞を合併します。 一方で、確率は低いですが、発作が抑制されることもあり、将来的に仕事に就くことができるケースもあります。 発作が抑制されることで、知的発達が望めることもありますので、根気よく治療を行うことはとても重要です。[epilepsy-support.net] 若年ミオクロニーてんかんは一般的には,精神運動発達遅滞や神経学的異常を伴うことはありません. しかし,中には,前頭葉機能障害と関連がある,特徴的な人格障害やライフスタイルを伴う場合があることも報告されています. 薬剤に対する反応は良好で,大概の場合,薬物療法で発作をコントロールすることが出来ます.[smzhepi.sakura.ne.jp] 遅滞がみられ,脳波ではヒプスアリスミアを呈する.原因疾患は多岐にわたる.ACTH療法が発作軽減に有効であるが,精神発達の予後は不良のことが多い. b)Lennox-Gastaut症候群:1 6歳に発症するてんかん症候群である.発作型は多彩で,短い強直発作,ミオクロニー発作,脱力発作などを呈する.脱力発作は本症候群に特徴的な発作であり,頻回[kotobank.jp]

  • ムコ多糖症

    重度の精神発達遅滞、アルツハイマーの様な知能・記憶障害、特徴的な容貌主が主症状であり、骨・関節異常や肝脾腫といった症状は軽度である。4 5歳頃から睡眠障害や精神運動発達遅滞が現れ、多くの場合、多動かつ攻撃的である。症状が進行するにつれ興奮性が強くなり、けいれん発作を合併することも多い。[ja.wikipedia.org] ガルゴイ様顔貌、骨変形、関節拘縮、巨舌、肝腫、ヘルニア、角膜混濁、重度の精神運動発達 遅滞など、難しい文字が目に飛び込んできます。 その中のいくつか耀に当てはまる症状があります。 従弟によると教科書にも載っている昔からある病気とのこと。 妹はパソコンで調べてくれているものの、詳しく教えてくれないのです。[huffingtonpost.jp] 重度の精神発達遅滞、アルツハイマーの様な知能・記憶障害、特徴的な容貌主が主症状であり、骨・関節異常や 肝脾腫 といった症状は軽度である。4 5歳頃から 睡眠障害 や精神運動発達遅滞が現れ、多くの場合、多動かつ攻撃的である。症状が進行するにつれ興奮性が強くなり、 けいれん 発作を合併することも多い。[ja.wikipedia.org]

  • ドラべ症候群

    合併症として ・運動失調 ・発達遅滞 ・知的障害 ・多動に自閉症 などがあります。 早くからのリハビリや 療育で進行を遅らせることもできますが 個人差です。 ドラベ症候群は 一才未満はだいたい 発達が正常のほうが多いですが 一才以降からでてくる ミオクロニーから 発達が退行したり 発達遅滞になります。[dclog.jp] (2)精神運動発達遅滞:1歳まではほぼ正常発達を示すことが多いですが、1歳以後に発達が伸び悩み、学童期には重度から境界域まで様々な知的障がいを有することが多いです。けいれん重積などをきっかけに脳症を起こしてしまう稀な場合を除くと、できたことができなくなってしまう退行は一般にありません。[nanbyou.or.jp] Charlotte Dravet 発達 発症まで発達は正常ですが、発症後に発達が停滞傾向となります。 精神運動発達遅滞は2歳までに現れます。 大部分の患者が中等度以上の遅れが見られますが、 程度は様々です。 視知覚、目と手の協調、表出言語、遂行機能(論理的に考え、計画し、問題を解決し、推察し、行動するといったこと。[dravetsyndromejp.org]

  • ムコ多糖症II型

    進行性のため、低身長、骨変形、精神発達遅滞、心肥大などの症状から機能障害を引き起こし、10015歳の若さで死亡する患者も少なくない。しかし、日本ではムコ多糖症II型の進行を抑える有効な治療法はなく、対症療法にとどまっていたのが現状で、重篤な疾患だけに新しい治療薬の登場が待たれていた。[yakuji.co.jp] 全身に進行的な機能障害が現れ、重症の場合、中枢神経障害による精神発達遅滞を伴い死に至る。今回、ムコ多糖症II型のモデル動物としてIDS遺伝子ノックアウト(IDS KO)マウスを作製し、その表現型解析を実施した。[jcrpharm.co.jp] 予後 重症では発育障害、精神発達遅滞、中枢神経変性を伴い、急速に進行し10 15年で死亡します。 主な死因は閉塞性呼吸障害、心臓弁障害、心筋肥大、肺高血圧症、冠動脈狭小化による心不全などです。 軽症例では精神発達遅滞もなく、60歳くらいまで生存することもあります。 文献 59[senoopc.jp]

  • 成長ホルモン分泌不全

    ホーム 研究 研究内容 先端巨大症・成人成長ホルモン分泌不全症(AGHD)における糖代謝異常の検討[…][www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 精神遅滞

    デジタル大辞泉 の解説 せいしんはったつ‐ちたい【精神発達遅滞】 精神遅滞 出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例 百科事典マイペディア の解説 精神発達遅滞【せいしんはったつちたい】 精神遅滞とも。[kotobank.jp] MR(精神発達遅滞) MLPA法 MR(精神発達遅滞)とは 全般的な知能の発達に遅れがみられ、社会生活にうまく適応できない状態です。生まれたときからほぼ18歳くらいまで(発達期)に低い知能がみられる場合をいいます。脳になんらかの原因があって、精神遅滞をきたす場合、障害の程度の重いことが多くみられ、原因となる病気はさまざまです。[ngrl.co.jp] これに対し,情意発達の遅れないし不均衡が人格異常であり,性的精神発達の遅れないし不均衡が 性倒錯 である。 知能 がいったん発達したのち低下するものは 痴呆 で,精神遅滞とは区別される。また,難聴によって言語の習得と知覚発達に遅れがあるものは,本来の知能は保たれているので, 仮性 の精神遅滞という。[kotobank.jp]

  • 結節性硬化症

    難治性てんかんでは精神発達遅滞を伴う頻度が高いことが知られていますが、精神発達遅滞はてんかんや、自閉症などの行動異常と複雑に関係しており単純ではありません。さらに、半数以上の患者さんが発達遅滞を認めない方々です。 また、脳に腫瘍ができることがあります。[dermatol.or.jp] 小児早期よりてんかん発作をおこし、精神発達遅滞、知能障害をきたすことが多いです。時に脳腫瘍の発生をみとめます。 後腹膜の血管筋脂肪腫(学童から中年)や心臓横紋筋腫(小児早期の不整脈など)もあります。 検査と診断 大脳皮質や側脳室の硬化巣やダリア結節はCTやMRIで、眼底の過誤腫や色素異常は眼底検査で確認できます。[senoopc.jp] 常染色体優性遺伝をする遺伝性疾患であり、顔面血管線維腫、てんかん、精神発達遅滞の3つの症状が特徴(3主徴)である。日本では、難治性疾患克服研究事業の対象となっている。[ja.wikipedia.org]

  • ムコ脂質症

    尿中代謝物: なし 臨床的特徴: 顔貌粗造;角膜混濁なし,黄斑部のcherry-red spot,歯肉増殖,臓器腫大,多発性異骨症,多毛症,びまん性体部被角血管腫,脳変性;乳児期死亡 治療: 支持療法 II型(若年型;230600) II型の発症: 生後6 12カ月 尿中代謝物: なし 臨床的特徴: 歩行障害,痙性,ジストニア,精神運動発達遅滞[msdmanuals.com] 一部は非進行性の運動・精神発達遅滞とごく軽度の眼異常を呈する。 渦巻き状の角膜混濁による進行性の視覚障害、網膜症、正常な精神運動発達、行動異常を認めた1人の女性は、20代に歩行が不安定となった。 他の2人の患者は神経症状を示さず眼所見で診断された。[grj.umin.jp] 免疫不全、顔貌や骨格の異常、難聴、精神発達遅滞などがみられる。肝腫大を伴い早期に死亡する重症乳児型(1型)と難聴や精神発達遅滞を伴う軽症の若年型(2型)がある。[kegg.jp]

さらなる症状

類似した症状