Create issue ticket

考えれる48県の原因 発語障害と失語症

  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳血栓症

    言語障害 言語了解や障害失語症 )や不明瞭な言語( 構音障害 )。喉頭・咽頭・ 舌 の運動にも麻痺や感覚障害が及ぶことで嚥下や発声機能にも障害が出現する。構音障害は後述する失語とは違い、脳の 言語 処理機能は保たれながらも発声段階での障害のためにコミュニケーションが不十分となっているものである。[ja.wikipedia.org]

  • アルツハイマー病

    アルツハイマー病(アルツハイマーびょう、Alzheimer's disease、AD)とは、脳が萎縮していく病気である。アルツハイマー型認知症(アルツハイマーがたにんちしょう、Major Neurocognitive Disorder Due to Alzheimer's Disease)はその症状であり、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種であり、認知症の60-70%を占める。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並んで最も多いタイプである。「認知症」の部分は訳語において変化はないが、原語がDSM-IVでは Dementia であり、DSM-5では Major[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 片頭痛

    先日の飲み会で、隣の人がタバコを吸い始めたとたん、こめかみがズキズキしてきちゃった。片頭痛じゃないの?って源木さんに言われたんだけど、片頭痛って男性もなるの? タバコに反応して起こるんじゃ、困るなあ[…][…]。 生活に支障が起きやすい片頭痛[…][sawai.co.jp]

  • 一過性脳虚血発作

    一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ、Transient ischemic attacks:TIA) (以下TIAと略す) とは、脳血管疾患の一つであり、脳の循環障害により起こる一過性の神経症状を指す。 24時間以内に一旦完全に消失する特徴を持ち、また繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがあるので、脳梗塞の危険信号と考えられている。脳卒中治療ガイドライン2009によれば、TIA発症後90日以内に脳梗塞を起こす可能性は15ないし20パーセント、そのうち48時間以内の発症は約半数である (48時間以内の脳梗塞への移行は5%程度、数ヶ月以内の移行は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • 脳塞栓症

    言語障害 言語了解や障害失語症 )や不明瞭な言語( 構音障害 )。喉頭・咽頭・ 舌 の運動にも麻痺や感覚障害が及ぶことで嚥下や発声機能にも障害が出現する。構音障害は後述する失語とは違い、脳の 言語 処理機能は保たれながらも発声段階での障害のためにコミュニケーションが不十分となっているものである。[ja.wikipedia.org]

  • 片頭痛性脳卒中

    月に何度か仕事や学校を休まなくてはいけないようなつらい頭痛発作に襲われる 片頭痛 。命に関わることはないものの、生活の質を落とし、日々の生活に大きな支障を生じる病気です。片頭痛発作時には頭痛だけでなく、閃輝暗点と呼ばれるキラキラした視野の障害や、吐気、めまい、光や音や臭いに対する過敏性など自律神経系の多彩な症状が出現しますので、数ある頭痛の中でも最も不快な頭痛のひとつと言えるでしょう。 最近、この 片頭痛をくり返していると脳梗塞になりやすい? という研究結果がメディアで紹介されたため、そのような心配で受診される方も時々見受けられます。[…][matsudaclinic.jp]

  • クモ膜下出血

    クモ膜下出血(クモまくかしゅっけつ、蜘蛛膜下出血、英: Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊髄液中に血液が混入した状態をいう。脳血管障害の8%を占め、突然死の6.6%がこれに該当するといわれる。50歳から60歳で好発し、男性より女性が2倍多いとされる。 多くは脳動脈瘤の破裂(約80%)によるもので、その他に脳動静脈奇形、もやもや病、頭部外傷、脳腫瘍や脳動脈解離の破裂によるものなどがある。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状