Create issue ticket

考えれる13県の原因 発症時の平均年齢 32歳

  • 再発性虫垂炎

    [ 3 ] [ 5 ] [ 31 ] 発症年齢は大きくばらついている(範囲、19 90平均年齢、53歳)。 [ 15 ] [ 32 ] 最も一般的な十二指腸カルチノイドはガストリン産生G細胞腫瘍( 2/3)であり、続いて、まれにソマトスタチン過剰による全身症状を引き起こすソマトスタチン産生D細胞腫瘍( 1/5)がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    顔面神経麻痺患者における水痘帯状疱疹ウイルス特異的細胞性免疫能 櫟原 崇宏, 萩森 伸一, 森 京子, 金沢 敦子, 河田 了 Facial Nerve Research 33 78-80 Dec 2013 平成23年1月〜平成25年4月に受診した顔面神経麻痺78例(男性46名、女性32名、発症平均年齢56.4)を対象として、varicella[researchmap.jp]

  • G細胞洞過形成

    [ 3 ] [ 5 ] [ 31 ] 発症年齢は大きくばらついている(範囲、19 90平均年齢、53歳)。 [ 15 ] [ 32 ] 最も一般的な十二指腸カルチノイドはガストリン産生G細胞腫瘍( 2/3)であり、続いて、まれにソマトスタチン過剰による全身症状を引き起こすソマトスタチン産生D細胞腫瘍( 1/5)がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • カルチノイド腫瘍

    [ 3 ] [ 5 ] [ 31 ] 発症年齢は大きくばらついている(範囲、19 90平均年齢、53歳)。 [ 15 ] [ 32 ] 最も一般的な十二指腸カルチノイドはガストリン産生G細胞腫瘍( 2/3)であり、続いて、まれにソマトスタチン過剰による全身症状を引き起こすソマトスタチン産生D細胞腫瘍( 1/5)がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • ファーター膨大部の癌腫

    [ 3 ] [ 5 ] [ 31 ] 発症年齢は大きくばらついている(範囲、19 90平均年齢、53歳)。 [ 15 ] [ 32 ] 最も一般的な十二指腸カルチノイドはガストリン産生G細胞腫瘍( 2/3)であり、続いて、まれにソマトスタチン過剰による全身症状を引き起こすソマトスタチン産生D細胞腫瘍( 1/5)がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 中程度に区別された胸腺神経内分泌癌

    [ 3 ] [ 5 ] [ 31 ] 発症年齢は大きくばらついている(範囲、19 90平均年齢、53歳)。 [ 15 ] [ 32 ] 最も一般的な十二指腸カルチノイドはガストリン産生G細胞腫瘍( 2/3)であり、続いて、まれにソマトスタチン過剰による全身症状を引き起こすソマトスタチン産生D細胞腫瘍( 1/5)がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 十二指腸カルチノイド症候群

    [ 3 ] [ 5 ] [ 31 ] 発症年齢は大きくばらついている(範囲、19 90平均年齢、53歳)。 [ 15 ] [ 32 ] 最も一般的な十二指腸カルチノイドはガストリン産生G細胞腫瘍( 2/3)であり、続いて、まれにソマトスタチン過剰による全身症状を引き起こすソマトスタチン産生D細胞腫瘍( 1/5)がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 悪性カルチノイド症候群

    [ 3 ] [ 5 ] [ 31 ] 発症年齢は大きくばらついている(範囲、19 90平均年齢、53歳)。 [ 15 ] [ 32 ] 最も一般的な十二指腸カルチノイドはガストリン産生G細胞腫瘍( 2/3)であり、続いて、まれにソマトスタチン過剰による全身症状を引き起こすソマトスタチン産生D細胞腫瘍( 1/5)がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 再発性咽頭神経麻痺

    顔面神経麻痺患者における水痘帯状疱疹ウイルス特異的細胞性免疫能 櫟原 崇宏, 萩森 伸一, 森 京子, 金沢 敦子, 河田 了 Facial Nerve Research 33 78-80 Dec 2013 平成23年1月〜平成25年4月に受診した顔面神経麻痺78例(男性46名、女性32名、発症平均年齢56.4)を対象として、varicella[researchmap.jp]

  • 常染色体劣性若年性パーキンソン病

    ( SD)発症年齢が,突然変異が検出されなかった患者よりも低く(32 11 対 42 11 歳, p 0.001),発症に両側性の症状およびジストニアが現れている傾向,および発症時またはそれ以降に反射亢進が現れる傾向が高く,レボドパ療法に良好な反応を示す可能性が高く,治療中にレボドパ誘発性のジスキネジアが発現しやすいようであった.19[nejm.jp] された.これらの患者の発症年齢は 7 58 歳であった.孤発型のパーキンソン病の患者については,この突然変異は,発症年齢が 20 歳以下であった 13 例の患者では 10 例(77%)に検出されたのに対して,発症年齢が 30 歳以上の 64 例の患者では 2 例(3%)にしか検出されなかった. parkin 突然変異が検出された患者では,平均[nejm.jp]

さらなる症状