Create issue ticket

考えれる1県の原因 発症時の平均年齢 10.6歳

  • 二次性肺間質性線維症

    IPFは喫煙者の男性に多く認められ、発症平均年齢は65、平均生存期間は3 5年の難治性疾患で、国の指定難病の一つです。 合併する肺癌や急性増悪、肺高血圧は重要な合併症であり、基本的な治療法の確立と共に、この様な合併症に対する治療法の確立が喫緊の課題であります。[omori.med.toho-u.ac.jp] 慢性線維化型間質性肺炎の中でも最も頻度が高い特発性肺線維症 (idiopathic pulmonary fibrosis; IPF)の発症率に関して、北海道のコホート研究調査によると、年間発症率は10万人あたり2.23人で、諸外国との比較においては、欧米では年間発症率が10万人あたり4.6 8.8人とされています。[omori.med.toho-u.ac.jp]

さらなる症状