Create issue ticket

考えれる32県の原因 発症年齢3~51歳

  • アルコール性認知症

    発症する年齢は、平均51( 9・8歳)で、6対4の割合で男性に多くみられます。 主な原因は表の通りで、全国調査(2008年)では、血管性認知症39・8%、アルツハイマー病25・4%、頭部外傷後遺症7・7%、前頭側頭葉変性症 3・7%、アルコール性認知症3・5%、レビー小体型認知症3・0%でした。[min-iren.gr.jp] 【目次】 若年性認知症の状況 厚生労働省が平成18年度から平成20年度に実施した調査によると、若年性認知症の患者数は全国で3.78万人と推計され、男性がより多く、女性の約1.6倍とされています。 発症した年齢は平均して51.3と推定されています。[kaigo.homes.co.jp]

  • 家族性心室頻拍

    【方法】運動および興奮時に失神を来し、運動負荷試験を施行した51例を対象として、臨床所見、カテコラミン負荷試験、遺伝子検査について検討した。【結果】発症年齢は9.6 3.6[confit.atlas.jp] 遺伝子検査施行後の最終診断は、CPVT 26例(51%)、Andersen-Tawil syndrome(ATS)1例(2%)、LQTS 23例(45%)[ KCNQ1 に変異あり 17例(全体の33%、LQTSの74%)]、原因不明1例であった。[confit.atlas.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    :成人発症 平均51(16 72歳) ()頻度:5000人、1/2,000,000人(日本) 2.臨床症状 無セルロプラスミン血症(Aceruloplasminemia)は鉄が脳と内臓に蓄積する疾患である。[nanbyou.or.jp] Hereditary ceruloplasmin deficiency):NBIA4) 1.診断指針 (1)遺伝様式:常染色体劣性(遺伝子座3q23-q24、原因遺伝子CP、 遺伝子産物 セルロプラスミン(ceruloplasmin) 変異はホモ接合体とヘテロ接合体があり、ほとんどが複合ヘテロ接合体 MIM ID #604290) (2)発症年齢[nanbyou.or.jp]

  • シュニッツラー症候群

    51 .[hospitalist-gim.blogspot.com] SchSの治療 ・他の自己炎症性疾患と同様抗IL-1β抗体を使用する 他はステロイドやコルヒチンが一部で効果的 SchS 281 例の Literature review ( Clinical and Translational Allergy 2014, 4:41 ) ・ 2014 年 8 月までに発表された症例報告を Reivew ・ 発症年齢[hospitalist-gim.blogspot.com] 蕁麻疹は発熱の 3 年 [1-14] 前から生じている. ・ 症状は慢性蕁麻疹, 間欠性発熱, 関節痛 ( 関節炎は少ない ) 骨痛, 体重減少, 血管浮腫など 血液検査 ・M 蛋白は IgMκ が多い.[hospitalist-gim.blogspot.com]

  • 肺空洞結核

    肺結核発症時, 結核菌排菌停止時, アスペルギローマ発症時, 死亡時 (8例) の平均年齢はそれぞれ43.0, 51.3歳, 55.3歳, 69.0歳であった. 75% (8例中6例) がアスペルギルスに対する過敏反応を示した. 発症時に84% (19例中16例) が抗結核剤を投与されていた.[jstage.jst.go.jp]

  • 無虚症

    このうち,男性5,343症例,女性3,603症例で,平均年齢は38.51,治療期間は1 300カ月である。また,エイズ発症患者は4,716症例,無症状のHIV感染患者は3,714症例で,急性感染期は26症例,未記載者は490症例であった。 患者の治療前の中医証型の分布状況は以下の通り。 エイズ発症期 : 虚証36%。[chuui.co.jp]

  • 夜間ミオクローヌス症候群

    :成人発症 平均51(16 72歳) ()頻度:5000人、1/2,000,000人(日本) 2.臨床症状 無セルロプラスミン血症(Aceruloplasminemia)は鉄が脳と内臓に蓄積する疾患である。[nanbyou.or.jp] Hereditary ceruloplasmin deficiency):NBIA4) 1.診断指針 (1)遺伝様式:常染色体劣性(遺伝子座3q23-q24、原因遺伝子CP、 遺伝子産物 セルロプラスミン(ceruloplasmin) 変異はホモ接合体とヘテロ接合体があり、ほとんどが複合ヘテロ接合体 MIM ID #604290) (2)発症年齢[nanbyou.or.jp]

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    :成人発症 平均51(16 72歳) ()頻度:5000人、1/2,000,000人(日本) 2.臨床症状 無セルロプラスミン血症(Aceruloplasminemia)は鉄が脳と内臓に蓄積する疾患である。[nanbyou.or.jp] Hereditary ceruloplasmin deficiency):NBIA4) 1.診断指針 (1)遺伝様式:常染色体劣性(遺伝子座3q23-q24、原因遺伝子CP、 遺伝子産物 セルロプラスミン(ceruloplasmin) 変異はホモ接合体とヘテロ接合体があり、ほとんどが複合ヘテロ接合体 MIM ID #604290) (2)発症年齢[nanbyou.or.jp]

  • 破裂性ベーカー嚢胞

    ,平均年齢66.4(51 80歳)で,発症数日前に膝関節痛を自覚したものが2例,残り3例は以前から変形性膝関節症を指摘されていた.浮腫を2例,腓腹部把握痛を2例に認め,1例で足関節部の皮下出血を認めた.診断は,全例超音波検査で行った.静脈血栓症の合併は認めなかった.治療は,全例消炎鎮痛剤投与による保存的治療により症状は改善した.下肢深部静脈血栓症[jstage.jst.go.jp] において,実際にベーカー嚢腫の破裂に遭遇する機会は稀である.今回,当科におけるベーカー嚢腫破裂症例を検討したので報告する.過去5年間に,下肢腫脹を主訴に当科を受診された症例は424例で,深部静脈血栓症163例(38.1%),リンパ浮腫26例(6.1%),ベーカー嚢腫破裂5例(1.2%),その他230例であった.ベーカー嚢腫破裂は,男性2例,女性3[jstage.jst.go.jp]

  • 一過性新生児膿疱性メラニン沈着症

    :成人発症 平均51(16 72歳) ()頻度:5000人、1/2,000,000人(日本) 2.臨床症状 無セルロプラスミン血症(Aceruloplasminemia)は鉄が脳と内臓に蓄積する疾患である。[nanbyou.or.jp] Hereditary ceruloplasmin deficiency):NBIA4) 1.診断指針 (1)遺伝様式:常染色体劣性(遺伝子座3q23-q24、原因遺伝子CP、 遺伝子産物 セルロプラスミン(ceruloplasmin) 変異はホモ接合体とヘテロ接合体があり、ほとんどが複合ヘテロ接合体 MIM ID #604290) (2)発症年齢[nanbyou.or.jp]

さらなる症状