Create issue ticket

考えれる34県の原因 発症年齢 8~55歳

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp]

  • 二次パーキンソン症

    表2 家族歴を持たない早発性パーキンソン症候群患者における発症年齢別 PARK2 変異検出率 発症年齢 PARK2 遺伝子変異保持者数 合計 1 変異検出頻度 95%信頼区間 20未満 10 15 67% 38-88 20 24歳 4 15 27% 855 25 29歳 9 38 24% 11-40 30 34歳 4 53 8% 2-18[grj.umin.jp]

  • 肺空洞結核

    肺結核発症時, 結核菌排菌停止時, アスペルギローマ発症時, 死亡時 (8例) の平均年齢はそれぞれ43.0, 51.3歳, 55.3歳, 69.0歳であった. 75% (8例中6例) がアスペルギルスに対する過敏反応を示した. 発症時に84% (19例中16例) が抗結核剤を投与されていた.[jstage.jst.go.jp]

  • 夜間ミオクローヌス症候群

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp]

  • 運動失調を伴う幼少期の良性発作性強直性眼球上転

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 48型

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp] . • MSA-P 20例,MSA-C 2例. 23. 40 45 50 55 60 65 70 75 80 0 2 4 6 8 10 自験例 probable MSA 138例の年齢分布 人数 発症年齢() 最若年者は 42歳 Hatakeyama et al. J Neurol Sci. 2018;388:128-132.[slideshare.net]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 55型

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp] . • MSA-P 20例,MSA-C 2例. 23. 40 45 50 55 60 65 70 75 80 0 2 4 6 8 10 自験例 probable MSA 138例の年齢分布 人数 発症年齢() 最若年者は 42歳 Hatakeyama et al. J Neurol Sci. 2018;388:128-132.[slideshare.net]

  • 一過性新生児膿疱性メラニン沈着症

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 32型

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp] . • MSA-P 20例,MSA-C 2例. 23. 40 45 50 55 60 65 70 75 80 0 2 4 6 8 10 自験例 probable MSA 138例の年齢分布 人数 発症年齢() 最若年者は 42歳 Hatakeyama et al. J Neurol Sci. 2018;388:128-132.[slideshare.net]

  • 常染色体劣性痙性対麻痺 27型

    発症年齢から55歳で10代20代に多い。平均22歳。急激な発症前には手と腕の軽いジストニアを見ることもある。発症は常に急激で、2 3分から30日で完成し、肉体的なあるいは心理的なストレスの後に起こることが多い。多くは進行も回復もしないが、2回目の増悪を経験することもある。球症状は特徴的で構語障害と小声になり、嚥下障害を伴う。[nanbyou.or.jp] . • MSA-P 20例,MSA-C 2例. 23. 40 45 50 55 60 65 70 75 80 0 2 4 6 8 10 自験例 probable MSA 138例の年齢分布 人数 発症年齢() 最若年者は 42歳 Hatakeyama et al. J Neurol Sci. 2018;388:128-132.[slideshare.net]

さらなる症状