Create issue ticket

考えれる1,745県の原因 発症:出生~早期小児

Showing results for: 発症:出生~早期小児
Search instead for: 発症:出生~早期小児期

  • 低血糖症

    ブタでは出生直後は糖新生系酵素が不完全であるために低血糖を引き起こしやすく、神経症状を示す。 糖尿病 ヘモグロビンA1c グリコアルブミン 糖新生 糖尿病の検査 経口ブドウ糖負荷試験[ja.wikipedia.org]

  • 妊娠

    バーズプランの必要性とは 出産は35歳がボーダーラインなのか 出生前検査や双子・多胎児について はじめての妊娠「お産ガイド」 出産する施設にもいろいろある。そしてお産の方法にも。気になる分娩室について。[babycom.gr.jp] 36週以前、または2,500g未満で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1,500g未満の場合は極低出生体重児、1,000g未満の場合は超低出生体重児と呼ばれる。 検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図がある。胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になる。[ja.wikipedia.org] 本剤服用中の女性が妊娠した場合、先天奇形を出生前に診断するため、超音波診断や羊水穿刺等の検査をルーチンに行うよう勧めるべきである。[drugsinfo.jp]

  • 黄疸

    生理的黄疸は、出生後3〜5日で増強し、2週間以内に消失する。そのため、出生後24時間以内に出現したり、2週間以上経っても消失しない場合は病的黄疸を考える。 肝外胆汁鬱滞性黄疸(閉塞性黄疸) 原因としては胆石、胆道癌、膵癌、閉塞性化膿性胆管炎、先天性奇形などである。血清生化学検査では直接ビリルビン値が高くなる。[ja.wikipedia.org] 出生後に起こるHbFの分解によるビリルビンの産出と肝臓の機能が未熟ということが重なって生理的黄疸が発生すると考えられている。新生児黄疸は新生児にみられる黄疸である。病態としては高ビリルビン血症による。[ja.wikipedia.org] 出生後2日〜2週間ほど出現する正常ヒトにも発生する黄疸。胎児ヘモグロビン(HbF)が壊されること(溶血 赤血球破壊が亢進される状態 間接ビリルビン値上昇 主に眼球結膜に 黄疸 出現)と、その結果生ずるビリルビンを処理する能力(グルクロン酸抱合能)が新生児は未熟であることによって発生する。[ja.wikipedia.org]

  • パトウ症候群

    エドワーズ症候群 - 18トリソミー ダウン症候群 - 21トリソミー 高齢出産 出生前検査 新型出生前診断[ja.wikipedia.org] 13トリソミー(パトウ症候群)の診断 出生前では超音波検査または母体血清スクリーニングの異常所見から診断が可能で、出生後では染色体検査で確定されます。 13トリソミー(パトウ症候群)の治療 治療に際しては、予後の改善は見込めず、様々な症状に対する非侵襲的な対象療法、受護的なケアが中心となります。[dear-mom.net] 13トリソミー(パトウ症候群)について 本来2本しかない第13番 染色体 が3本ある( トリソミー )ことにより先天的に異常がみられる症候群 染色体突然変異により発生し、父親・母親由来のいずれの細胞からでも起こりうる 発見者の名にちなんで パトウ症候群 と呼ばれることもある 5,000-12,000出生あたり1人程度の頻度でみられる 母体の[medley.life]

  • RSウイルス感染症

    特に、重症化しやすい低出生体重児や心臓疾患などのある乳幼児がいる場合には、手洗い、うがい、咳エチケットをしっかりと行って感染を防ぎましょう。 厚生労働省 RSウイルス感染症に関するQ&A (外部サイト) 徳島県 徳島県感染症発生動向調査流行情報 (外部サイト)[city.tokushima.tokushima.jp] 現時点では、残念ながら希望する方全員が打てる訳ではなく、①早産児(在胎28週以下で出生し、RSウイルス流行開始時に12ヵ月齢以下の赤ちゃん、あるいは29〜35週の出生で、6ヵ月齢以下の赤ちゃん)、それから、RSウイルス流行開始時に24ヵ月齢以下で、②慢性肺疾患を持つ子ども、③血行動態に異常のある先天性心疾患を持つ子どもが適応です。[kochi-ms.ac.jp] 特に、低出生体重児や、心臓や肺に基礎疾患があったり、神経や筋肉の疾患・免疫不全が存在する場合には注意が必要です。 通常、RSウイルスに感染してから2 8日、典型的には4 6日の潜伏期間を経て発熱、鼻汁などの症状が続きます。[city.yamato.lg.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    呼吸機能が未発達な低出生体重児における新生児・乳児期の感染は重症化しやすいと言われている。 乳児の場合は呼吸数に注意(通常1分間に40回程度、60回近くなると要注意)。 喘息や先天性心疾患を持つ小さい子どもは重症化しやすい。[bdj.co.jp] また、低出生体重児や心肺系に基礎疾患や免疫不全が存在する場合は重症化のリスクは高く、臨床上、公衆衛生上のインパクトは大きいです。 重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。[kosodateouendan.jp] また、低出生体重児や心肺系に基礎疾患や免疫不全が存在する場合は重症化のリスクは高く、臨床上、公衆衛生上のインパクトは大きいです。 重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。[kansensho.jp]

  • ヌーナン症候群

    出生1,000-2,500名に1人という報告がある。ダウン症候群と同等の発生頻度を持ち、先天性心疾患に関連する最も頻度の高い遺伝子疾患の一つである。しかし症状の範囲や重症度はNS患者それぞれによって大きく異なるため、本症候群は必ずしも若年期に診断されるとは限らない。[ja.wikipedia.org]

  • 上気道感染症

    また、低出生体重児や心肺系に基礎疾患や免疫不全が存在する場合は重症化のリスクは高く、臨床上、公衆衛生上のインパクトは大きいです。 重篤な合併症 重篤な合併症として注意してほしいものは、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症等があります。[kansensho.jp] 免疫不全児、低出生体重児や呼吸器・循環器に基礎疾患をもつ乳幼児は重症化しやすく、特に注意が必要です。 RSウイルス感染症の治療 対症療法が主体になります。発熱に対しては冷却とともに、アセトアミノフェン(カロナール)などの解熱薬を用います。喘鳴を伴う呼吸器症状に対しては鎮咳去痰(ちんがいきょたん)薬や気管支拡張薬などを用います。[nose-kids-cl.com] 免疫不全児、低出生体重児や呼吸器・循環器に基礎疾患をもつ乳幼児は重症化しやすく、特に注意が必要です。 RSウイルス感染症の疫学 RSウイルス感染症は世界中でみられます。日本では主に乳幼児の間で冬季に流行し、通常10月から12月にかけて流行が始まり、3月から5月頃まで続きます。[pref.aichi.jp]

  • 卵管妊娠

    36週以前、または2,500g未満で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1,500g未満の場合は極低出生体重児、1,000g未満の場合は超低出生体重児と呼ばれる。 検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図がある。胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になる。[ja.wikipedia.org] 多胎妊娠は妊娠経過中に多々の合併症を生じることも多く、出生予後も単胎に比べると良くない。そのため、体外受精の時に子宮内に戻される受精卵の数は3個までと日本産科婦人科学会によって会告で通達されている。[ja.wikipedia.org]

  • 子宮外妊娠

    36週以前、または2,500g未満で生まれた場合は低出生体重児(未熟児とは言わない)、1,500g未満の場合は極低出生体重児、1,000g未満の場合は超低出生体重児と呼ばれる。 検査として、胎児の心拍数を母体の陣痛の強さと共に記録する胎児心拍数陣痛図がある。胎児の自律神経が発達してくると心拍数が細かく振れる様になる。[ja.wikipedia.org] 多胎妊娠は妊娠経過中に多々の合併症を生じることも多く、出生予後も単胎に比べると良くない。そのため、体外受精の時に子宮内に戻される受精卵の数は3個までと日本産科婦人科学会によって会告で通達されている。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状