Create issue ticket

考えれる12県の原因 発症は通常40歳以上

  • 変形性骨炎

    本疾患は無症候性のこともあれば,骨痛または変形が徐々に発症することもある。診断はX線による。治療には対症的な処置としばしば薬物(通常はビスホスホネート系薬剤)が含まれる。 米国では40以上の成人の約1%にパジェット病がみられ,3:2の比で男性患者が多い。有病率は年齢とともに増加する。しかし,全体の有病率は減少しつつあるように思われる。[msdmanuals.com]

  • 家族性大腸腺腫症

    この遺伝子に変異が起こると発症します。 通常100個以上の大腸腺腫をみとめ、10代から多発し、年齢とともにがん化率が高くなります。20歳代で約1%、40歳を超えると約50%、60歳までには90%以上で大腸がんが発生するため、的確な診断、適切な時期における外科的治療が必要です。[medical.jiji.com]

  • 二次パーキンソン症

    原文 Parkin Type of Early-Onset Parkinson Disease 要約 疾患の特徴 パーキン型早発性パーキンソン病は筋固縮,寡動,安静時振戦を特徴とする.下肢ジストニアが主徴候であることが多い.発症年齢は通常30代前半から半ばであり,たいてい20歳から40歳である.病状はゆっくりと進行し, 50年以上に及ぶ罹病[grj.umin.jp]

  • パーキンソン-痴呆症候群

    レビー小体型認知症は通常、60以上の人に発生します。 パーキンソン病 患者の約40%が、パーキンソン病認知症を発症します。通常、パーキンソン病認知症が発生するのは70以降で、パーキンソン病の診断から約10 15年後です。 認知症 とは、記憶、思考、判断、学習能力などの精神機能が、ゆっくりと進行性に低下する病気です。[msdmanuals.com]

  • バンツー血鉄症

    北欧系の人の10%がこの遺伝子を有し、通常40以上発症する。男性は女性の5 10倍の頻度で罹患する。それは、女性が月経による失血および妊娠により罹患から守られているからである。[blogs.yahoo.co.jp]

  • 家族性骨ページェット病

    本疾患は無症候性のこともあれば,骨痛または変形が徐々に発症することもある。診断はX線による。治療には対症的な処置としばしば薬物(通常はビスホスホネート系薬剤)が含まれる。 米国では40以上の成人の約1%にパジェット病がみられ,3:2の比で男性患者が多い。有病率は年齢とともに増加する。しかし,全体の有病率は減少しつつあるように思われる。[msdmanuals.com]

  • 錐体外路症候群

    中年以降(通常50 65)の発症40歳未満は若年型として区別する。 片側 の上肢あるいは下肢から発症し両側に広がる。 成因 中脳黒質の ドパミン作動性ニューロン の変性脱落 線条体でのドパミン低下 (遺伝的素因 加齢因子 環境要因による。)[www2b.biglobe.ne.jp] 明らかな原因のあるもの 症候性パーキンソン症候群 脳血管性、薬剤性、脳炎後、中毒性(Mn, CO)、脳腫瘍、 外傷、正常圧水頭症 など 他の変性疾患に伴う症状としてのもの 線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳症、 Shy-Drager症候群、進行性核上性麻、その他 有病率 人口10万人あたり50 80人、65以上では500人に1人。[www2b.biglobe.ne.jp]

  • 家族性大腸癌

    この遺伝子に変異が起こると発症します。 通常100個以上の大腸腺腫をみとめ、10代から多発し、年齢とともにがん化率が高くなります。20歳代で約1%、40歳を超えると約50%、60歳までには90%以上で大腸がんが発生するため、的確な診断、適切な時期における外科的治療が必要です。[medical.jiji.com]

  • 家族性アルツハイマー様プリオン病

    通常40以上、特に60歳前後で発症します。この病型の原因は解明されていません。 家族性CJD は、PrP C 遺伝子の変異を原因とする病気で、それにより正常なPrP C が変化し(異常な形に折りたたまれ)、病気を引き起こす異常プリオンになります。全体の5 15%を占めます。[msdmanuals.com]

  • トルカポン

    中年以降(通常50 65)の発症40歳未満は若年型として区別する。 片側 の上肢あるいは下肢から発症し両側に広がる。 成因 中脳黒質の ドパミン作動性ニューロン の変性脱落 線条体でのドパミン低下 (遺伝的素因 加齢因子 環境要因による。)[www2b.biglobe.ne.jp] 明らかな原因のあるもの 症候性パーキンソン症候群 脳血管性、薬剤性、脳炎後、中毒性(Mn, CO)、脳腫瘍、 外傷、正常圧水頭症 など 他の変性疾患に伴う症状としてのもの 線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳症、 Shy-Drager症候群、進行性核上性麻、その他 有病率 人口10万人あたり50 80人、65以上では500人に1人。[www2b.biglobe.ne.jp]

さらなる症状