Create issue ticket

考えれる2県の原因 発疹熱リケッチア

  • ノミ媒介発疹熱

    チフス(Typhus, 窒扶斯)とは、高熱や発疹を伴う細菌感染症の一種で、広義(あるいは古い定義)には下記の三種の総称。 サルモネラの一種であるチフス菌 (Salmonella enterica serovar Typhi) の感染によって発症する腸チフス パラチフス菌 (Salmonella enterica serovar Paratyphi A) の感染によって発症するパラチフス 発疹チフスリケッチア (Rickettsia prowazekii) の感染によって発症する発疹チフス狭義には、腸チフスとパラチフスの二種( チフス性疾患)を指すことが多く、あるいは腸チフスのみを指すこともある。[…][ja.wikipedia.org]

  • つつが虫病

    徳島県では1989年(平成元年)に患者が確認されたほか、昭和50年代後半にツツガムシ病と同じく高熱と発疹を伴うリケッチア感染症である日本紅斑が発見されている。[ja.wikipedia.org] 感染症 伝染病 リケッチア オリエンティア・ツツガムシ 皮膚科学 発熱と発疹を起こす病気の一覧 日本紅斑 新潟大学におけるツツガムシ病原菌の人体接種問題 重症熱性血小板減少症候群 北里柴三郎 長與又郎 宮路重嗣 緒方規雄 感染症の話-2002年第13週号 ツツガムシ病-(国立感染症研究所) つつが虫病 日本感染症学会、感染症シリーズ映画製作委員会[ja.wikipedia.org] 鹿児島県では古くから大隅熱と呼ばれる発疹を伴う熱病があったが、1980年(昭和55年)になってこの熱病がツツガムシ病であることが判明し、以降患者の発生が相次いで報告されるようになった。鹿児島県における患者数は九州地方の他県と比べて非常に多い。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状