Create issue ticket

考えれる49県の原因 発熱間欠期

  • 粘液水腫

    粘液水腫(英: myxedema)とは一般的に高度に進行した甲状腺機能低下症に続発する皮膚や組織の疾病。皮膚に水和力の高い酸性ムコ多糖類が蓄積することによって、顔面は眼瞼、鼻、頬及び口唇等が浮腫状を呈する。他に四肢の皮膚、手掌、足底等においても浮腫が出現し、体毛等も脱毛して減少する状態をいう。甲状腺機能低下症は外科的に甲状腺を除去することによって発生する萎縮性疾病である橋本病を原因とすることがあり、粘液水腫はさらに稀な疾病である。粘液水腫の一形態である前脛骨粘液水腫は、時として甲状腺機能亢進症を原因とする成人のバセドウ病や甲状腺機能低下症を伴わない橋本病で出現することがある。 クレチン病[…][ja.wikipedia.org]

  • 溺死

    日本における事故死の精密分析(事故死,窒息,溺死・溺水,誤嚥,日本,疾病動向予測システム,年齢調整死亡率,世代マップ,平均死亡率比):(東京都健康安全研究センター) 東京都健康安全研究センター年報,61巻,373-379 (2010) 日本における事故死の精密分析 ( jiko2010.pdf : 1.4MB, Acrobat形式 ) 研究要旨 東京都健康安全研究センターで開発・運用している疾病動向予測システムを用い,事故死の現状を総合的かつ精密に分析した.[…][tokyo-eiken.go.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    症状 [ 編集 ] 数日から2週間程度の 潜伏 の後、発熱間欠的な くしゃみ を伴う水様性鼻汁および眼の分泌物がみられる。急性から回復すると多くは慢性感染となり、ウイルスのキャリアーとして症状を繰り返す。[ja.wikipedia.org]

  • ウイルス性上気道感染症

    症状 [ 編集 ] 数日から2週間程度の 潜伏 の後、発熱間欠的な くしゃみ を伴う水様性鼻汁および眼の分泌物がみられる。急性から回復すると多くは慢性感染となり、ウイルスのキャリアーとして症状を繰り返す。[ja.wikipedia.org]

  • 良性移動性舌炎

    ・Padehの診断基準(2005) 1:毎月の発熱(いかなる年齢においても周期性の発熱がある) 2:滲出性扁桃炎かつ咽頭培養で陰性 3:頸部リンパ節炎 4:ときにアフタ性口内炎 5:発作間欠は完全に無症状 6:ステロイドの単回使用で速やかに改善する 目次ヘ戻る 扁桃周囲膿瘍 平成5年4月1日 平成15年3月31日の10年間に自治医大で入院治療[ueda.ne.jp]

  • 概要高IgD症候群

    メバロン酸の代謝産物であるゲラニルゲラニルピロリン酸が短期的に不足し、炎症性 サイトカイン の一種であるIL-1βが過剰に分泌され、周期性発熱が起こります。 診療科 検査 血液検査 発熱発作時に 白血球数 、 CRP は高値となります。発熱間欠にもCRPが陰性化しない症例があります。[joy-mix.com] 血液検査では、発熱発作時に白血球数、CRPは著明高値となり、発熱間欠にもCRPが陰性化しない症例も多い。病名により誤解を受けがちであるが、血清IgD値は年齢と共に上昇してくることが知られており、乳児期発症の本疾患では当初正常であることが多く、除外診断にはまったく有用でない。[emeneki.com] 検査成績 白血球は増加するが細菌感染症と異なり,核左方移動はなく,プロカルシトニンも上昇しない.CRP,血清アミロイドAの上昇を伴うことが多く,発熱発作が繰り返される場合は,間欠にこれらは陰性化する.[kotobank.jp]

  • ヘモクロマトーシス

    認められることもある.症例は1歳3か月男児.ムンプスワクチン初回接種の32日後に発熱,けいれん群発を認めた.発作間欠は意識清明であり,神経学的異常所見はなかった.髄液検査で単核球優位の細胞増多を認めた.耳下腺腫脹やアミラーゼ上昇はみられなかった.解熱後に意識障害と体幹失調が出現し2日間持続,後遺症なく軽快した.髄液の分子遺伝学的解析により[jpeds.or.jp] 慶應義塾大学医学部小児科学教室 1) ,北里生命科学研究所ウイルス感染制御 2) 佐々木 万里恵 1) 坂口 友理 1) 武内 俊樹 1) 篠原 尚美 1) 新庄 正宜 1) 中山 哲夫 2) 高橋 孝雄 1) キーワード ムンプスワクチン, 髄膜脳炎, 小脳失調, 副反応 要旨 ムンプスワクチンの副反応は接種後2 3週以内に生じることが多いが遠隔[jpeds.or.jp]

  • 内側性硬化症

    5 脊髄梗塞 第54回 2015年6月10日 1 発熱・頭痛を主訴とした第2梅毒 2 細菌性髄膜炎 3 一酸化炭素中毒間欠型 4 低カリウム性ミオパチー 5 Fisher症候群 第55回 2015年12月9日 1 人工呼吸器管理を要した破傷風 2 MELAS 3 細菌性髄膜炎(リステリア) 4 クリプトコッカス髄膜炎 AIDS 5 アルコール[numazu-hospital.shizuoka.jp] 右延髄外側梗塞 5 脊髄炎 第52回 2014年1月22日 1 脳梁膨大部病変を伴ったウイルス性脳炎 2 クリプトコッカス性髄膜炎 3 ギラン・バレー症候群 4 帯状疱疹性脊髄炎 5 Creutzfeldt-Jakob病 第53回 2015年2月25日 1 Creutzfeldt-Jakob病 2 視神経脊髄炎 3 左椎骨動脈解離 4 一酸化炭素中毒間欠[numazu-hospital.shizuoka.jp]

  • 手掌膿瘍

    本症例では、発症まで6日間、発熱間欠的で、悪寒、戦慄を伴い、急性のインフルエンザを思わせるほどの重篤感を伴った。皮疹は、手掌、足底を含む四肢の末梢優位に、大豆大の紅斑が出現した( 図2 )。紅斑は癒合傾向を示し、消退後は紫斑となった。他疾患と比べ、特異的な皮疹のため、一度経験すれば、皮疹と詳細な病歴摂取により診断可能と実感した。[idsc.niid.go.jp]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    ・Padehの診断基準(2005) 1:毎月の発熱(いかなる年齢においても周期性の発熱がある) 2:滲出性扁桃炎かつ咽頭培養で陰性 3:頸部リンパ節炎 4:ときにアフタ性口内炎 5:発作間欠は完全に無症状 6:ステロイドの単回使用で速やかに改善する 目次ヘ戻る 扁桃周囲膿瘍 平成5年4月1日 平成15年3月31日の10年間に自治医大で入院治療[ueda.ne.jp]

さらなる症状