Create issue ticket

考えれる31県の原因 発汗増加, 薬物過敏症

  • 風邪

    風邪(かぜ、common cold, nasopharyngitis, rhinopharyngitis, acute coryza, a cold)とは、原因微生物の80 90%がウイルスの上気道感染症であり、主な影響は鼻に現れる。喉、副鼻腔、喉頭も影響を受ける可能性がある。症状はたいてい感染後二日以内に発生する。症状としては、咳、咽頭痛、くしゃみ、鼻水、鼻閉、頭痛、発熱、嗄声などが現れる。患者の多くは回復まで大抵7-10日間を要し、一部の症状は3週間まで継続しうる。他に健康に問題がある患者は、肺炎に進行する可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    、かゆみ その他 筋力低下、脱力感、手足のふるえ(振戦) 診 断 甲状腺腫大、頻脈、眼球突出、体重減少、手指振戦、発汗増加等の症状からバセドウ病が疑われる場合、血中の甲状腺ホルモン濃度を測定することにより容易に診断できます。[jspe.umin.jp] 甲状腺腫大、眼球突出、頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見などからバセドウ病が疑われる場合、血中の甲状腺ホルモン測定などにより判断する。 甲状腺ホルモン:freeT4、freeT3の高値、TSHの異常低値。ただしeuthyroid Graves' diseaseの場合はホルモン正常であるので注意。[ja.wikipedia.org] バセドウ病の診断ガイドライン 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 無痛性甲状腺炎の診断ガイドライン 慢性甲状腺炎(橋本病)の診断ガイドライン 亜急性甲状腺炎(急性期)の診断ガイドライン バセドウ病の診断ガイドライン a) 臨床所見 1.頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見 2.びまん性甲状腺腫大 3.眼球突出または特有の眼症状[japanthyroid.jp]

  • 血管炎

    血管炎症候群(けっかんえんしょうこうぐん、英: Vasculitis Syndrome )は、自己免疫疾患の一群で、主として血管に炎症の主座がある症候群。血管のみが冒されるわけではなく、他の臓器にも病変がみられることもある。 多くは慢性疾患である。血管は全身に分布している為、全身性疾患である事が多い。膠原病の一種に分類されるが、全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)、シェーグレン症候群などに随伴する二次性血管炎以外は抗核抗体は診断に影響しない。 日本では、特定疾患(難病)として、国や都道府県による医療費支援制度の対象となっている疾患もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    多発血管炎性肉芽腫症 ( 英語 : Granulomatosis with polyangiitis; GPA )は全身性の 血管炎 で、中〜小型 動脈 を傷害する疾患。 1939年 ドイツ の病理学者 Wegenerにより報告された。 鼻 やのどの傷害からはじまるので最初は風邪のようでもあるが、急速に 間質性肺炎 、 急速進行性糸球体腎炎 をきたす。したがって症状は、咳、呼吸困難、浮腫などである。軽度の発熱もおこる。鼻に関しても内部構造が破壊され、つぶれて 鞍鼻 を呈することがある。 眼球突出 、 ぶどう膜炎[…][ja.wikipedia.org]

  • B型肝炎ウイルス

    学術コーナー (医局(医療安全)勉強会 2014.06) 消化器内科 寺田 光宏[…][kouseiren-ta.or.jp]

  • 家族性寒冷蕁麻疹

    私は「クリオピリン関連周期熱症候群(CAPS)」という、遺伝性の家族性寒冷蕁麻疹の病気を持っています。難病指定されている病気で、医者に行った時は、治療が難しいと言われたため、現在は放置し[…][detail.chiebukuro.yahoo.co.jp]

  • 特発性好酸球増加症

    慢性好酸球性白血病/特発性好酸球増加症候群(英名: Chronic eosinophilic leukemia / Hyper eosinophilic syndrome )とは慢性骨髄増殖性疾患の一つであり、原因不明の好酸球増加を特徴とする血液疾患である。 慢性好酸球性白血病はCELと略称され、慢性好酸球増多性白血病などと呼ばれることもある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性HIV感染症
  • 急性アンフェタミン中毒

    本剤の成分又はアドレナリン作動薬に対し過敏の患者〔過敏が発現するおそれがある。〕 不眠症、激越状態にある患者〔症状が悪化するおそれがある。〕 薬物乱用の既往歴のある患者〔反復投与により薬物依存を生じるので、乱用のおそれがある。〕[kegg.jp]

さらなる症状