Create issue ticket

考えれる93県の原因 発汗問題

  • 脳内血腫

    家庭医学館 の解説 のうないけっしゅ【脳内血腫 Intracerebral Hematoma】 [どんな病気か] 脳の中にできる 血腫 (けっしゅ)で、頭部に直接加わった外力により 脳挫傷 (のうざしょう)(「 脳挫傷 」)をおこした結果、あるいは脳をゆがませるなんらかの力が加わり、脳組織が損傷して出血すると考えられます。 [治療] 脳挫傷(のうざしょう)に準じて治療しますが、血腫が大きければ手術をして血腫を取り除きます。 血腫が大きいほど、また、血腫に圧迫される脳の面積が広いほど、予後がよくありません。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 Yahoo!辞書[…][kotobank.jp]

  • 過敏症

    (厚生労働省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー研究班「化学物質過敏症 思いのほか身近な環境問題」パンフレットより) 症状 化学物質過敏症の症状は、頭痛・全身倦怠感・不眠・のどや目の痛み・吐き気・不安・動悸・発汗・手足の冷え等。 このほかにも様々な症状を訴える人がいるようです。[city.nankoku.lg.jp]

  • 卵巣嚢胞

    特に子どもを望む女性にとっては卵巣を残すか、残さないかはたいへん重要な問題です。 両側の卵巣を閉経以前に摘出すると、肩こり、のぼせ、発汗などの卵巣機能欠落症状や骨粗鬆症を起こすことがあります。この場合には女性ホルモンや、ビタミンD、カルシウムの服用や骨量を増やす注射などが行われます。[women.benesse.ne.jp]

  • 本態性高血圧症

    拡張期血圧はむしろ低下している場合が多い(参照問題A)。主訴、理学所見、検査所見のキーワードを列挙した。 a. 甲状腺機能亢進症: 主訴:動悸、振戦、発汗、体重減少、易疲労感 理学所見:頻脈、眼球突出、甲状腺腫大 検査所見:TSH 、FT4 b.[e-resident.jp] 大動脈弁閉鎖不全症 (参照問題A・参照問題B): 主訴:労作時息切れ・動悸、夜間呼吸困難、乾性咳(主訴のみでは他の心疾患、呼吸器疾患と鑑別するのは困難) 理学所見:大脈・速脈、拡張期心雑音 心臓超音波検査:カラードップラーにて大動脈弁逆流の証明 2. 次に、拡張期高血圧の鑑別診断を行う。[e-resident.jp]

  • パニック発作

    1980年にDSM-IIIが登場すると、パニック障害は強烈な心配が突然始まり、発汗や失神のような特徴を持つ独自のものに変わった [62] 。 ベンゾジアゼピン系 の抗不安薬は乱用が問題となったことから販売数が低下していた [62] 。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性アルコール依存症

    飲酒を制御することが困難となり、問題が生じても飲酒を続けます 8 。飲酒をやめたときに、悪心、発汗、振戦などの離脱症状を生じることがあります 9 。 疫学と負担 多量飲酒は世界中の多くの国で頻繁にみられ、とくにヨーロッパで多く認められています 3 。ヨーロッパにおいてアルコール依存症はもっとも多くみられる精神疾患のひとつです 10 。[lundbeck.com]

  • 神経症性障害

    そのような場面では、紅潮、発汗、動悸、震え、どもり、吃音、消化器系症状などの身体的な症状も出現してきます。 外傷的な出来事や、解決しがたく耐えがたい問題など、耐えがたいストレス状態があるときに、一時的に身体の不調をひき起こします。 健忘・失神・運動機能の麻痺・視覚や聴覚の異常などが出現します。[city.tokorozawa.saitama.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    日本の気候は温暖であるため、ほとんど問題にはなっていませんが、熱帯地では発汗に伴い悪化する可能性が十分にあります。イミダゾール系外用抗真菌剤で治療します。 深在性皮膚真菌症 深在性皮膚真菌症は比較的まれな病気で、日本では、スポロトリコーシス、クロモミコーシスが代表的なものです。[jomf.or.jp]

  • 不安障害

    人間の反応の中で、感情(不安、緊張、恐怖など)や身体(動悸、発汗、赤面、ふるえなど)の反応は、症状の中心ではありますが、意識的にコントロールすることが困難です。[cocoro-support.com] 認知行動療法は、環境刺激であるストレスとその反応である感情・認知(思考)・身体(自律神経)・行動の変化との相互作用を検討して、精神障害、ストレス反応において生じている悪循環を断つことにより、症状の改善や問題の解決を図ろうとする治療法です。[cocoro-support.com]

  • アルコール離脱

    そのため周囲から、「お酒を控えなさい」と言われても、“ついつい”とか“たまたま”と言って飲み過ぎてしまい、同じことを繰り返して飲酒問題がさらに悪化してしまうのです。 ② アルコール離脱症状とは? 不眠、不安・焦燥感といった症状に始まり、発汗、発熱、頻脈、血圧上昇、手の振るえといった症状を認めるようになります。[www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp]

さらなる症状