Create issue ticket

考えれる370県の原因 発作活動

  • 側頭葉てんかん

    これらの発作は左右の大脳半球を連絡する脳梁と呼ばれる神経繊維束を介して、発作活動が両側同期することで起こるとされています。脳梁離断術は脳梁前半部2/3を切断することによって発作を抑制するものです。[showa-u.ac.jp] これらの症状( 前兆、動作停止、一点凝視、口部自動症、四肢自動症、意識減衰 )は内側側頭葉てんかんの 複雑部分発作 の特徴です。海馬、及び大脳辺縁系にてんかん活動が及んでいる際の症状であり、一見精神的な疾患を疑うような症状であるから、精神運動発作とも呼ばれています。また焦点反対側の強直の存在を認めます。[med-nagoya-neurosurgery.jp] てんかん発作の場合にはニューロンの正常活動が混乱し、異常な知覚や感情と行動、時には全身けいれんや筋肉の攣縮、そして意識消失の原因となります。てんかん発作時には正常活動の時よりはるかに高い頻度、つまり秒間に500回という刺激発射をニューロンは行います。こうした発作を稀にしか起こさない人もいれば、一日に数百回起こす人もいます。[tomida-ikiiki.com]

  • てんかん

    これらの発作は左右の大脳半球を連絡する脳梁と呼ばれる神経繊維束を介して、発作活動が両側同期することで起こるとされています。脳梁離断術は脳梁前半部2/3を切断することによって発作を抑制するものです。[showa-u.ac.jp] 「てんかん」とは、 大脳の神経細胞(ニューロン)の過剰な活動によって引き起こされる反復性の発作 が生じる疾患の総称で、脳波検査ではそのような過剰活動が検出されるものをいいます。[igakuken.or.jp] てんかんとは 私たちの体をつくっている細胞にはすべて電気的流れがありますが、大脳の神経細胞(ニューロン)も、規則正しいリズムでお互いの調和を保ちながら電気的に活動しています。てんかん発作はこの穏やかなリズムを持った活動が突然壊れて、激しい電気的な乱れ(ニューロンの過剰な放電)が生じることによっておきます。[jea-net.jp]

  • 鉤状回発作

    大脳皮質での異常な電気活動 突発波 新皮質てんかん 大脳辺縁系てんかん 時空間解像度の応用法 発作の検出 脳虚血による異常大脳活動 側頭葉・後頭葉病変のSPECT・PET 松田博史 脳血管障害 脳腫瘍 18F-fluorodeoxyglucose(FDG) 11C-methionine(MET) 18F-fluorothymidine,11C-choline[medicalview.co.jp] 側頭葉 側頭葉の脳回 海馬 髄質線維 後頭葉 後頭葉の脳回 髄質線維 側頭葉・後頭葉てんかんの脳波 松本理器,池田昭夫 側頭葉てんかんの脳波 内側側頭葉てんかん 外側側頭葉てんかん てんかん焦点の側方性の決定 後頭葉てんかん 側頭葉・後頭葉疾患と脳磁図 中里信和 脳磁図の原理 聴覚誘発磁界 視覚誘発磁界 言語関連磁界 てんかんにおける異常大脳活動[medicalview.co.jp]

  • てんかん重積状態

    転倒や痙攣はみられず,突如活動を停止した後,突如それまでと変わらず活動を再開し,発作後症状はなく,発作が起きたことも認識しない。欠神発作は遺伝性で,ほとんどが小児で発生する。無治療の場合,このような発作が1日に何回も起こる可能性が高い。[msdmanuals.com] SUDEP のメカニズムは未だ解析できていませんが、不整脈や低換気・低酸素やてんかん性発作活動との関連が示唆されています。[dravetsyndromejp.org] これらの痙攣は第一選択および第二選択の治療に反応しないことがあり、持続的痙攣または痙攣発作を罹患している患者の31%までに不応性が観察される。持続的痙攣活動は抗てんかん薬に対し不応性となることがある。チオペンタールナトリウムやプロポフォールなどの麻酔薬は、そのような場合に痙攣を制御するために投与されることが多い。[cochranelibrary.com]

  • アルコール離脱発作

    Carbamazepine 1980 年代以降, carbamazepine による誘発発作の報告が増加している.大多数の症例は,心身の合併症を有する症候性全般てんかんの患児であり,脳波で両側同期性の遅い棘徐波活動を示し,多彩な類型の全般発作が誘発されている.[kms.ac.jp] [アルコール離脱の症状]: 自律神経系の過活動(発汗、頻脈など)、 手指のふるえ、 不眠、嘔吐または嘔吐、 一過性の幻覚 (幻聴、幻視、幻触)、錯覚、 精神運動興奮、 不安、 けいれん大発作。 [経過]:典型的には、断酒または飲酒量減少後4-12時間後(時に数日後)に出現、断酒後2日目に最も症状が強く、4-5日目に改善する。[www2.wind.ne.jp] 特徴 アルコール依存症の離脱症状を発症する人のうち、振戦せん妄や重度の自律神経系過活動など劇的な症状が表れる割合は10%以下です。また、意識を失い、全身が硬直したりガクガクとけいれんしたりする「強直間代発作」を起こす人は3%以下です。[e-heartclinic.com]

  • 大発作てんかん

    分類 1)てんかん発作型分類(seizure classification)(表15-7-1): てんかんの分類には,てんかん発作型とてんかん症候群の分類がある.発作型は臨床発作症状と脳波をもとに診断する.脳の限局した領域から発作活動が起始するものが部分発作(焦点発作)であり,発作の最初から両側半球が同時に発作活動をきたすのが全般発作である[kotobank.jp] てんかんとは、脳にある神経の電気的な活動が増えすぎて、「てんかん発作」がくり返し起きる病気のことをいいます。この病気には多くの種類があり、症状や治りかたがずいぶん違いますので、詳しい診断を知っておくことが大切です。[www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp] けいれん(痙攣(けいれん))発作 脳腫瘍が刺激となり脳のある部分に無秩序な電気活動が生じて起こる発作を、けいれん発作(またはてんかん発作、ひきつけ発作、など)といいます。刺激される脳の部位によって片方の手または足が自分の意思に反して震えたり、言葉が喋れなくなったり様々な症状がでます。[osaka-med.ac.jp]

  • 欠神発作

    てんかんの定義は反復する発作活動少なくとも反復する発作活動の危険性を意味する 誘発刺激 抗てんかん薬の不規則服薬 断眠 外傷 アルコール離脱 バルビツール剤離脱 アンファタミン乱用 閃光刺激 発作閾値 脳の障害が値を低く(発作を起こしやすく)する。[asahi-net.or.jp] 発作時の様子を収めたビデオが診断の決め手になることも少なくありません。 (2)脳波 脳の神経細胞の電気活動を、頭皮上に貼り付けた電極で検出します。 てんかん発作の最中には脳波に異常な"波形"が出ます。一方、発作が起きていない時には、てんかんの患者さんであっても、必ずしも異常な波形がみつかるとは限りません。[kompas.hosp.keio.ac.jp] てんかん発作の場合にはニューロンの正常活動が混乱し、異常な知覚や感情と行動、時には全身けいれんや筋肉の攣縮、そして意識消失の原因となります。てんかん発作時には正常活動の時よりはるかに高い頻度、つまり秒間に500回という刺激発射をニューロンは行います。こうした発作を稀にしか起こさない人もいれば、一日に数百回起こす人もいます。[tomida-ikiiki.com]

  • 複雑部分発作

    分類 1)てんかん発作型分類(seizure classification)(表15-7-1): てんかんの分類には,てんかん発作型とてんかん症候群の分類がある.発作型は臨床発作症状と脳波をもとに診断する.脳の限局した領域から発作活動が起始するものが部分発作(焦点発作)であり,発作の最初から両側半球が同時に発作活動をきたすのが全般発作である[kotobank.jp] SUDEP のメカニズムは未だ解析できていませんが、不整脈や低換気・低酸素やてんかん性発作活動との関連が示唆されています。[dravetsyndromejp.org] 「てんかん」とは、 大脳の神経細胞(ニューロン)の過剰な活動によって引き起こされる反復性の発作 が生じる疾患の総称で、脳波検査ではそのような過剰活動が検出されるものをいいます。[igakuken.or.jp]

  • 偏向発作

    SUDEP のメカニズムは未だ解析できていませんが、不整脈や低換気・低酸素やてんかん性発作活動との関連が示唆されています。[dravetsyndromejp.org] この異常神経細胞回路網の活動は、脳波上、棘波、棘徐波として発作のない時でもみられますし、また発作時にはさらに典型的には棘波、棘徐波の群発としてみられます。 てんかん発作を来してくる異常神経細胞回路網の形成は、発作が起こった時に形成されるのでなく、それよりずーと以前に原因があって徐々に出来上がってきます。[epilepsy-info.jp] 意識が減損する部分発作を「複雑部分発作」と呼ぶ。 意識が減損する機序は、大脳皮質から出現したてんかん性活動が皮質下構造に伝播して、意識水準を調節する脳幹網様体賦活系に影響したためと理解される。[kawamuranaika.jp]

  • 焦点運動発作

    分類 1)てんかん発作型分類(seizure classification)(表15-7-1): てんかんの分類には,てんかん発作型とてんかん症候群の分類がある.発作型は臨床発作症状と脳波をもとに診断する.脳の限局した領域から発作活動が起始するものが部分発作(焦点発作)であり,発作の最初から両側半球が同時に発作活動をきたすのが全般発作である[kotobank.jp] これらの症状( 前兆、動作停止、一点凝視、口部自動症、四肢自動症、意識減衰 )は内側側頭葉てんかんの 複雑部分発作 の特徴です。海馬、及び大脳辺縁系にてんかん活動が及んでいる際の症状であり、一見精神的な疾患を疑うような症状であるから、精神運動発作とも呼ばれています。また焦点反対側の強直の存在を認めます。[med-nagoya-neurosurgery.jp] SUDEP のメカニズムは未だ解析できていませんが、不整脈や低換気・低酸素やてんかん性発作活動との関連が示唆されています。[dravetsyndromejp.org]

さらなる症状